Dales Mivisのラーメン、一人飲みなど

飲食関係者ではなく、メディア業界とも関係ありません。完全に趣味で個人行動してます。よろしくお願いいたします。 http://tabelog.com/rvwr/00008128/

カテゴリ:ラーメン お店別 > こうや系

FullSizeRender
三軒茶屋の人気店「ラーメン茂木」。
FullSizeRender
暖簾にあるとおり四谷の「支那そば屋 こうや」で修行されたお店です。
FullSizeRender
場所は三軒茶屋駅北口から徒歩2,3分の大通り沿い。
IMG_8952
1994年創業の老舗です。
FullSizeRender
メニューは「こうや」系らしく

「らーめん」650円
「雲呑 わんたん」800円
「雲呑麺 わんたんめん」900円
「長葱麺 ねぎそば」800円
「叉焼麺 ちゃしゅうめん」900円
「高菜麺 たかなそば」900円

など。
FullSizeRender
IMG_8928
夜は餃子や青菜炒、角煮料理などもあって飲めそうです。
注文は「雲呑麺 わんたんめん」900円。
ほとんどの方が注文する看板メニューです。
IMG_8925
お店はカウンター6席にテーブル11席と広めですが、開店して10分ちょっとで満席。
調理は全て茂木店主が一人で行っており、注文やお会計、配膳を女性スタッフ1名が行っています。
FullSizeRender
大鍋で麺を茹で、平ザルで湯切りし一度に5人前を調理。
大きな丼にところせましとワンタン、チャーシュー、メンマ、青ネギが詰め込まれています。
FullSizeRender
スープはほぼ白湯で、サラリとするも動物系のコクのある出汁。
IMG_8944
タレが強くなく、まろやかな味わいです。
FullSizeRender
麺は細麺でモチモチとした食感。
ただし火の入りが速く、後半は柔らかめになります。
IMG_8940
ワンタンは巨大なものが5ヶ。
しっかりとした味付けの餡が本格的で、皮は厚めでボリュームあります。
IMG_8939
バラロールチャーシューは薄めでもジューシー。
IMG_8938
ザクザクとしたメンマも含めとにかく具だくさん。
IMG_8937
「こうや」系は店によって味が結構違いますが、こちらは味付けがマイルド。
しかしワンタンは文句なしに旨いです。

IMG_9539
飯田橋の人気店「中華そば 髙はし」。
四ッ谷の「支那そば こうや」出身で、1991年創業の老舗です。
場所はJR飯田橋駅東口からすぐ。
IMG_9540
カウンター9席のみで隣との間隔は狭く、女将さんが他のお客さんを詰めさせて席を作ってくれます。
サラリーマンが多く狭いので、食べ始めるとたまに隣と腕が当たるのはご愛敬。
BGMがカントリーなのもユニークで、このおかげで殺伐感はありません。
FullSizeRender
メニューは中華そば、雲呑麺、高菜麺、つけ麺など。
口頭で「雲呑麺」980円を注文しました。
すると寡黙な大将が大鍋で6人分の麺を茹で始め、続いてワンタンも同じ鍋へ。
茹で上がると平ざるを使い、器用に丼の中へ入れていきます。
この際、菜箸は使わず、平ざるを持った片手だけで麺を入れるので見もの。
なかなか華麗です。
FullSizeRender
そして完成した雲呑麺にはワンタン、たっぷりの小ネギ、チャーシュー、海苔、メンマ。
まさしく「こうや」な見栄えで、具がたっぷりで麺が見えません。
FullSizeRender
スープを飲んでみると、アッサリと厚みある豚骨清湯の旨味。
味付けは強くなく、それでいてコクと深みがあります。
鶏や魚介も下支えになっていそう。
FullSizeRender
麺は低加水の細麺でホクホクとした食感。
FullSizeRender
チャーシューはほど良く脂が抜けたバラロールで柔らかく美味しいです。
IMG_9554
ワンタンは巨大なものが5ケ。
濃すぎない味の餡にモチモチの厚い皮で食べごたえあります。
IMG_9546
クセの無いメンマも美味しく、ただレトロなだけでは無い一杯。
特にスープはクセになる旨さで、ほぼ飲みきってしまいました。
FullSizeRender
「こうや系」では「こうや」「徒歩徒歩亭」「こうや麺房」などに行きましたが、どこも違う味わいです。
パンチではなくあと引く感じで、13時過ぎでも外待ちが出来ることがありました。

2017-10-23-12-03-02
本郷通り近くの大通り沿いにある「こうや麺房」。
四谷の有名店「こうや」出身の方のお店です。
2017-10-23-12-03-58
場所は本郷三丁目駅とお茶の水の間くらい。
どことなく素朴な感じで、店内もちょっと暗めです。
2017-10-23-12-03-36
メニューは支那麺、ワンタンメン、チャーシューメン、タカナメンなど。
オススメという「ワンタンメン」880円にしました。
2017-10-23-12-04-43
1番出るメニューだからか、厨房への声がけは「ラーメン」。
注文から3分ほどで提供。
2017-10-23-12-07-15
大きな丼に餡の大きなワンタン、青ネギが乗り、見た目は「こうや」系。
スープはわりとしっかりめの鶏。
2017-10-23-12-07-53
味付けは優しい感じで、最初は「ちょっと薄いのかな」とも。
しかし、後半はこの薄味がよりハマっていく感じ。
クセになって飲み続けてしまいます。
2017-10-23-12-08-14
麺は硬めに茹でられた細麺。
2017-10-23-12-07-29
チャーシューはかなり薄めのものが2枚です。
2017-10-23-12-07-02
そして主役のワンタン。
餡も皮も大きめのものが5個入ります。
2017-10-23-12-08-59
こちらはしっかり味でボリュームも抜群。
ワンタンメンとそれ以外ではお腹の満足度が違いそうなほどです。
2017-10-23-12-06-58
ラーメンとしては脂も少なめでヘルシー。
若い女性のお客さんもいらっしゃいました。

2015-06-15-12-19-21
四ツ谷と四谷三丁目の間あたりの路地にある「徒歩徒歩亭」。
四ツ谷にある「こうや」の姉妹店だそうです。
2015-06-15-12-05-04
食堂っぽい感じの「こうや」に比べ、こちらは内装がオシャレ。
静かにジャズが流れてダウンライトで、女性の一人客もチラホラです。
2015-06-15-12-18-13
ランチメニューはお粥、麺に麻婆豆腐など。
「雲呑麺(わんたんめん)」1000円を注文しました。
醤油か塩か選択出来るようなので、醤油で。
2015-06-15-12-08-22
丼にはなみなみとスープが注がれており、熱々。
飲んでみると、鶏のお出汁が濃厚です。
2015-06-15-12-08-36
醤油ダレはコクがあり、かなり力強いスープ。
中華系のワンタンメンはアッサリの印象があるのですが、こちらはしっかりなお味です。
2015-06-15-12-10-03
麺は細麺で、硬めに茹でられてボソッとした食感。
小麦の香りも感じられる美味しい麺です。
数年前に「こうや」で食べたときは、麺がヤワヤワ過ぎて拍子抜けでした。
こちらだけこのような麺なのか、「こうや」も今はこういう麺なのか、どうなんでしょう。
2015-06-15-12-08-30
ワンタンは餡も皮も巨大。
熱々なので最初は食べるのに苦労します。
しっかりとした味付けの餡にピロピロな皮は間違い無し。
2015-06-15-12-09-32
2015-06-15-12-08-33
バラロールチャーシューにザクザクメンマ、青ネギと具は豊富。
1000円は安くないですが、満足度は高いです。
「こうや」系に抱いていたマイナスイメージが払拭されました。
2015-06-15-12-18-16
夜のメニューも魅力的ですが、複数で来た方が良さそうです。

↑このページのトップヘ