Dales Mivisのラーメン、一人飲みなど

飲食関係者ではなく、メディア業界とも関係ありません。完全に趣味で個人行動してます。よろしくお願いいたします。 http://tabelog.com/rvwr/00008128/

カテゴリ:ラーメン お店別 > ムタヒロ系列

FullSizeRender
国分寺に2018年オープンした「おでん ムタヒロ」。
IMG_5146
国分寺を中心に展開する人気ラーメン店「ムタヒロ」系列の飲み屋さんです。
IMG_5148
場所はJR国分寺駅南口から徒歩1分の路地。
「ムタヒロ1号店」の隣に「串揚げ ムタヒロ」があり、「おでん ムタヒロ」はその2階です。
IMG_5144
1号店をはじめムタヒロ系列が3店舗立ち並び、まるで「ムタヒロ城」な佇まい。
IMG_5152
IMG_5155
店内はカウンター9席にテーブル1卓ですが広々としてます。
IMG_5156
FullSizeRender
FullSizeRender
メニューは「おでん」だけでなく一品料理も多数。
IMG_5159
FullSizeRender
FullSizeRender
1Fの「串揚げ ムタヒロ」メニューも頼むことが出来ます。
FullSizeRender
まずは「名物とろとろ豚なんこつ煮込み」450円。
IMG_5167
ゴロっとした豚軟骨がたっぷり入ってます。
IMG_5168
軟骨と言っても赤身が多く、ほのかにショウガ風味でホロホロ。
FullSizeRender
軟骨はソーキの様に良く煮込まれてネットリプルプル絶品です。
FullSizeRender
おでんは「大根」200円と「本日の貝」200円をチョイス。
この日の貝は牡蠣でした。
IMG_5179
大きな大根は味が染み染み。
ベースはムタヒロの煮干しスープとのことで、おでんにしても旨いです。
FullSizeRender
牡蠣は恐らく注文が入ってから火を通してミディアムレア。
良い意味で牡蠣のワイルドな旨味があります。
FullSizeRender
ドリンクは「ホッピーセット」400円にナカを3杯。
FullSizeRender
サクッと飲んで2000円ほどなので、1人で飲むにも最適です。
FullSizeRender
そして、「ムタヒロ」ならではの、スタッフの温かい接客も最高。
おしぼり手渡しから帰りのお見送りまで、素晴らしいホスピタリティに癒されます。

2017-09-29-12-05-06
全てのラーメン・つけ麺がワンコインで食べられる「大つけ麺博大感謝祭」。
第1陣2日目の最後は「中華そば ムタヒロ」です。
2017-09-29-12-04-53
こちらで提供するのは「アハハ煮干つけ麺」500円。
2017-09-29-12-04-43
2017-09-29-12-04-46
有料トッピングメニューは味玉、チャーシュー、メンマが刺さったラーメン串など。
2017-09-29-12-06-33
極太麺を使用しているらしく、茹で時間は8分。
2つの鍋で交互に茹でられているので、それほど待ち時間はありません。
2017-09-29-12-12-35
昨年よりやや小さめの容器に麺、つけ汁、太麺、刻み玉ねぎなど。
2017-09-29-12-14-01
麺は黄色っぽい色で、しっかりコシのある太麺。
「食べ比べサイズ」でもわりと量があります。
2017-09-29-12-12-42
つけ汁は背脂の浮いた煮干し醤油清湯。
麺との絡みがそこそこなので、そのまま口を付けてみるとかなりの塩っぱさと煮干し。
パンチあります。
2017-09-29-12-12-46
具は麺の上に乗ったチャーシューと穂先メンマ。
チャーシューは薄くて印象薄いですが、穂先メンマは味が付いていてアクセントに。
なお、スープ割りは無いようです。
2017-09-29-12-13-01
麺のボリュームにサービス精神を感じました。

2017-07-24-11-31-31
国分寺を中心に展開し、大阪や韓国にまで支店がある「中華そば ムタヒロ」。
2017-07-24-11-31-10
その1号店が7月10日より、毎週月曜を「むたひろ食堂」として特別営業を始めました。
お店は玄関が閉められて中の様子も見えません。
2017-07-24-11-31-27
「営業中」と書かれた札には「勇気を出して扉を開けよう」とあります。
2017-07-24-11-32-28
メニューは中華そば、特中華そば、つけ麺、煮干飯のみ。
注文は「中華そば」800円です。
2017-07-24-11-33-17
スタッフは社長のムタ(牟田)さんとヒロさん、それにスタッフ1名。
店名「ムタヒロ」の由来となった2人が厨房で調理しています。
2017-07-24-11-34-23
メインで調理をされるのはムタさん。
「スープ入ります!」
など調理のたびに大声で賑やか。
他の方の接客ももちろん超丁寧で、紙エプロンの有無も聞かれます。
2017-07-24-11-43-43
提供された中華そばは小ぶりの丼ですが、スープがなみなみ。
刻みネギが一面に広がり、バラロール2枚、穂先メンマ、青菜が乗ります。
2017-07-24-11-43-29
スープを飲んでみると、油も少なくアッサリな醤油味。
2017-07-24-11-44-16
鶏と豚がメインで、煮干しは上品な旨味です。
麺は強くちぢれた細麺。
加水高めで柔らかく、細麺ながらピロピロとした食感が心地よいです。
2017-07-24-11-43-46
油が落ちたバラロールはしっかりと肉の食感で、穂先メンマ食べやすくカットされたもの。
的にアッサリでかなり好み。
ローカルなラーメンっぽい雰囲気もあります。
ムタさんが常連さんに、
「年を取ってくるとこういうのが食べたくなるんですよ」
と言ってました。
パンチよりもじんわり美味しいアダルトなラーメン。
美味しかったです。

2016-11-29-14-29-04
佐野さんの足跡を辿る「新小麦麺スタンプラリー」。
今回は「中華そば ムタヒロ」です。
いまや大阪や韓国にまで支店が広がり9店舗。
新小麦麺は国分寺駅南口すぐの1号店で実施しています。
2016-11-29-14-45-49
スタンプラリーはあまり前面に出していてないようで、店頭に大きく貼ってもいません。
券売機を見ても見つけられず、結局現金で購入しました。
2016-11-29-14-31-30
こちらは「キタノ支那そば~佐野さんへの想い~」1000円。
紙エプロン手渡しなど、接客はさすがのムタヒロクオリティです。
2016-11-29-14-38-29
2016-11-29-14-38-19
キレイな丼で提供された一杯は、ネオクラシックな見栄え。
2016-11-29-14-39-12
スープは鶏主体のアッサリ優しいお出汁で、甘さも感じます。
2016-11-29-14-39-33
麺はハリがあってプリプリの細麺。
鶏清湯の名店に勝るとも劣らない旨さです。
2016-11-29-14-38-43
豚チャーシューはジューシーで、鶏胸肉はしっとりシコシコ。
炙られた鮭も柔らかく、具も申し分なし。
2016-11-29-14-38-41
ネギの上には鮭節も。
2016-11-29-14-38-37
煮干しが売りのムタヒロですが、今回は鶏でオシャレな清湯。
ユニークさよりも正統派な一杯で、「こんなのも作れるんだ」と思ってしまいます。
旨かったです。

image
7月30日、国立にオープンした「肉中華そば ムタヒロ」。
国立駅から歩いて3,4分の好立地です。
当初は国分寺を中心にじっくりお店を増やした「ムタヒロ」も、今や9店目。
うち2店は大阪、1店は韓国のソウルです。
東京では6店目となりますが、国分寺4店、西国分寺1店と場所を集中しての展開。
国立店は、都内で初めて国分寺市以外のお店となります。
2016-08-27-11-35-33
土曜の開店直後に伺うとほぼ満席。
国立は有名なラーメン店も無いようなので、良い場所を選んだと思います。
2016-08-27-11-36-29
テーブルで相席になると、スタッフがコップやお水を移動して向かい席の間に壁を作りました。
こういった丁寧な対応はさすがムタヒロ。
2016-08-27-11-58-18
メニューは「中華そば」と「こくにぼ中華そば」で、青森の煮干しラーメンインスパのようです。
2016-08-27-11-34-56
券売機には「にぼつけそば」「ニボシアブラソバ」がComing Soon。
注文は看板メニューの「肉中華そば」850円。
普通の中華そばは750円です。
2016-08-27-11-58-15
なお、「中華そば」は煮干し中心のアッサリ。
「こくにぼ中華そば」は豚骨も使用したコッテリとのこと。
2016-08-27-11-50-37
丼一面に薄切りのバラチャーシュー。
スープは清湯で、まず煮干しの旨さ。
2016-08-27-11-51-17
エグミなどは無く、アッサリながら動物系の厚みもあります。
後半は煮干しよりもそちらもが主張する感じ。
2016-08-27-11-51-41
麺はモチモチとしたストレート太麺。
この麺がかなり美味しく、麺だけをグモグと食べ進めてしまいます。
2016-08-27-11-50-44
バラチャーシューは余計な脂が落とされ、プルンとした皮も良い食感。
味はやや薄めです。
2016-08-27-11-50-48
メンマは食べやすくカットされた穂先メンマ。
こちらにブラックペッパーが和えてあり、後半スープが味変します。
ムタヒロだけあって、外さず美味しいラーメン。
煮干しを中心に展開していますが、どの店も個性あると思います。
また、接客はホントに見事です。

2015-08-31-18-30-47
国分寺を中心に展開する「ムタヒロ」。
その六店舗目「味噌中華そば ムタヒロ」が8月30日オープンしました。

ムタヒロは国分寺に

中華そば ムタヒロ
鶏そば ムタヒロ
まぜまぜ ムタヒロ
串揚げ ムタヒロ

の4店をオープン。

5店目は大阪で、6店目が初の西国分寺。
2015-08-31-18-31-06
JR西国分寺駅北口を出てすぐ左、数十メートルの場所にあります。

2015-08-31-18-03-39
2015-08-31-18-03-52
メニューは味噌と煮干しの中華そば、つけ麺。
現在は味噌中華そばのみです。

2015-08-31-18-04-56
注文は「ミソソ味噌中華そば」780円と「瓶ルービー」500円。
ルービーはもちろんビールのことで赤星。
2015-08-31-18-07-51
穂先メンマのおつまみ付き。

2015-08-31-18-04-16
店内はカウンター10席で、明るくて清潔感があります。
現在は3人体制で、ムタヒロならではの気持ちよい接客。

提供直前には紙エプロンを使うか聞いてくれます。
2015-08-31-18-22-54
味噌と言っても炒め野菜などは乗らず、中華そばなルックス。

2015-08-31-18-23-29
スープは煮干オイルにより、最初はかなりニボ。
ムタヒロならではのパンチある煮干しです。

2015-08-31-18-23-54
ベースのスープは鶏と豚の清湯とのこと。
麦味噌中心という味噌はまろやかで甘みがあり、濃厚な旨味です。

2015-08-31-18-04-39
カウンターに
「濃さの調整 遠慮無くお声がけください」
とあるのはそのためでしょう。

2015-08-31-18-24-13
麺は凪製のストレート細麺。
硬めに茹でられており、ムチっとした食感です。

2015-08-31-18-23-19
チャーシューはホロホロで味しっかり目。
2015-08-31-18-23-23
穂先メンマに鶏ひき肉も乗り、デフォでもなかなか具だくさん。

油による重さはなく、濃厚な味噌で満足感高いです。
2015-08-31-18-29-53
ムタヒロなので外さないとは思ってましたが、手抜きもありません。

2015-08-31-18-03-03
特に接客は都内全体の中でもトップレベル。
西国分寺駅近くにはラーメン店が少ないので、一人勝ちするんじゃないでしょうか。

2014-10-29-20-49-22
国分寺界隈に支店を増やす凪出身のムタヒロ。
2014-10-29-19-40-34
4号店はなんと串揚げ店で、1号店のすぐ近くです。

隣のラーメン屋さんと間違えて入ってくるお客さんも居ました。
店員さんによると、よくあることらしいです(笑)
2014-10-29-19-43-25
2014-10-29-19-43-33
2014-10-29-19-43-39
店員さんはムタヒロ特有のオーバーオールに麦わら帽。
ヒロさんを始め、とても丁寧で暖かい接客に癒されます。
2014-10-29-19-42-44
飲み物は「ホッピーセット」380円。
ちなみに「ナカ」200円です。
ナカは少なめですが、値段を考えるとこんなもんでしょう。
2014-10-29-19-42-31
まずは串揚げ。
2014-10-29-19-41-50
「アニキにおまかせ5本セット」600円にしました。
2014-10-29-19-50-09
ソースはヤカンに入っており、中濃甘めな感じです。
2014-10-29-19-49-572014-10-29-19-54-48
串揚げはイカ、チーズ、玉ねぎ、豚バラ、エリンギでした。
どれも揚げたて、衣薄めでサクサクです。
イカも切れ目が入って食べやすいですね。
ピリ辛なウスターソースがあると嬉しい気もしました。
2014-10-29-20-27-16
続いて「鶏煮込み」400円。
これもこちらの看板メニューな感じ。
2014-10-29-20-27-37
小さいカットのものを想像していましたが、大きなものがゴロリ。
箸で切れる柔らかさで絶品です。

2014-10-29-19-42-01
〆に「夜鳴き煮干中華そば」750円を注文。
なお、このメニューは夜23時(日曜は21時)からの提供で、それまでの時間は1号店からの出前があります。
2014-10-29-20-38-54
見るからにノスタルジックなルックスで登場。
飲んだ後の〆ラーメンということで、味濃いめに作っているとのこと。
2014-10-29-20-39-34
言われる通り、煮干はアッサリでタレ濃いめな感じ。
しかし、飲んだ後には間違いなく美味いですね。
2014-10-29-20-39-57
麺は凪の中細麺で、硬めに茹でられています。
2014-10-29-20-38-59
2014-10-29-20-39-03
具はバラチャーシューと穂先メンマで、しっとりなチャーシューが良いですね。

ムタヒロだからラーメンが美味しいのは当たり前なのでしょうが、飲みメインのお店でもしっかりしてます。
単体で食べると物足りないかもしれませんが、飲んだ後には十分なボリューム。
2014-10-29-19-57-38
ラーメンまで食べてお会計は2500円くらい。
お会計をすると、黒ひげ危機一髪が一回出来ます。
もちろん外れました(笑)

退店するときは見送りまでしてくれます。
味も良いですが、接客の良さがこの店の一番の魅力だろうな~と思いました。

↑このページのトップヘ