Dales Mivisのラーメン、一人飲みなど

飲食関係者ではなく、メディア業界とも関係ありません。完全に趣味で個人行動してます。よろしくお願いいたします。 http://tabelog.com/rvwr/00008128/

カテゴリ:ラーメン 東京 > ラーメン 国分寺周辺

IMG_2610
国分寺駅北口から徒歩2分ほどの「宝華らぁめん 国分寺店」。
東小金井「宝華」の暖簾分け店です。
FullSizeRender
先日、立川の「宝華らぁめん」に伺って美味しかったので、国分寺店にも訪問。
「宝華らぁめん」は立川店と国分寺店の2店です。
IMG_2654
お店の場所は地下になりますが、地下スペースが大きく開けていてすぐ看板が見えます。
IMG_2613
店内はカウンターにテーブルとかなり席数多め。
FullSizeRender
メニューは一見同じに見えますが、つまみやドリンクが少し違います。
FullSizeRender
また、学生街だからか、学割サービスや○得ランチセットなども。
FullSizeRender
まずは「瓶ビール」570円。
立川は大瓶で620円でしたが、こちらは中瓶。
FullSizeRender
キムチのお通しが付くのは同じです。
FullSizeRender
そしてつまみには「焼きワンタン」300円。
焼きワンタン、焼きナルトが国分寺オリジナルメニュー。
IMG_2624
「焼きワンタン」は茹でたワンタンがくっついて焼かれ、大きく一枚になってます。
FullSizeRender
裏にはネギもあり、タレがかかってまるでチヂミのよう。
肉餡よりはモチモチの皮を楽しむおつまみ。
ニンニクも効いていると思います。
FullSizeRender
そして看板メニュー「油そば」660円。
FullSizeRender
麺の上にたっぷり乗ったカイワレと大きなナルトが美しいです。
FullSizeRender
麺は中太で、丼の底にはタレがたっぷり。
FullSizeRender
よく混ぜていただくと、シンプルでコクのあるタレがモチモチ麺に絡み旨いです。
油はラードだけでは無いのか、比較的サッパリ。
FullSizeRender
カイワレやネギもシャキシャキで良く合います。
FullSizeRender
そして大きなチャーシューはふんわり柔らか。
IMG_2638
メンマもたっぷり入ってます。
FullSizeRender
口直しのスープは鶏ガラに煮干しと思われる懐かしい味。
麺と交互に食べると最高で、あっという間に麺が無くなってしまいます。
IMG_2615
正直、「油そば」は安易に作れるためあまり良いイメージを持っていません。
FullSizeRender
しかし、ここの油そばは汁多めで具も多くハマります。
FullSizeRender
デフォでも具だくさんなビジュアルも、寂しくなりがちな油そばと違って良い感じ。
隣の「油そば+ライスセット」のご飯が多めだったので、若ければ僕もご飯を残ったタレに投入していたと思います。
通し営業なのも使い勝手良いです。

FullSizeRender
東小金井の超人気店「くじら食堂」。
創業から5年以上を経て、9月21日から新店舗「くじら食堂 nonowa東小金井店」に移転しました。
FullSizeRender
と言っても最寄駅は同じくJR東小金井駅。
駅に直結した「nonowa」という商業スペースに移転です。
FullSizeRender
なお、nonowaは高架下の大きい施設。
「nonowa口」という改札がありますが、そこから出ると「くじら食堂」とは逆方向。
FullSizeRender
「移転先はnonowa」という言葉だけ覚えていると間違えやすく、ややこしいです。
FullSizeRender
また、nonowa建物内に店名が印字されては居ますが、入り口は外。
IMG_4611
今のところ外に看板は無いものの、大量の祝い花と行列ですぐ分かります。
IMG_4574
スタッフに誘導されたら入り口右手の券売機で食券を買って店内待ち席へ。
IMG_4579
待ち席は7席あり、順番が来ると席に案内してくれます。
FullSizeRender
メニューは
「国産豚ジャンボ焼売」
「醤油」
「塩」
「油そば」
「生姜」
「煮干」
「つけ麺」
と多数。
また、×になっていますが、「ブラック」も。
新店舗でも落ち着いたら限定をやっていくようです。
IMG_4586
席はL時型の広いカウンター13席に6人テーブルひとつ。
スタッフ4名でテキパキ回しています。
注文は「醤油」750円。
麺量が並150g、大盛200g、特盛250gと同料金で、並でお願いしました。
FullSizeRender
下村店主によって自家製麺が念入りに手揉みされ、完成です。
FullSizeRender
濃い色のスープに2種のチャーシュー、細メンマ、ネギ。
スープは思ったよりもスッキリしています。
IMG_4604
出汁をブワッと効かすのではなく、軽やかな醤油をメインに感じるスープ。
香ばしい香味油に「あえてのレトロっぽさ」も感じます。
FullSizeRender
そして主役の麺。
しっかり手もみされた麺は薄くピロピロした部分とモチモチの部分。
やはりここの麺は美味しい。
「油そば」の注文が多かったですが、この麺の「油そば」も中毒性高いです。
FullSizeRender
チャーシューはモモとバラで、このバラがとろける旨さ。
IMG_4596
麺だけでなく、バラチャーシューも絶品です。
名店「七彩」出身ですが、もうオリジナルに近い完成度。
FullSizeRender
普通のラーメンを食べるのはオープン時以来で、当たり前ですが相当旨くなってます。
次は夜訪問し、オススメの「国産豚ジャンボ焼売」とビール行きたいと思います。

2017-09-29-12-05-06
全てのラーメン・つけ麺がワンコインで食べられる「大つけ麺博大感謝祭」。
第1陣2日目の最後は「中華そば ムタヒロ」です。
2017-09-29-12-04-53
こちらで提供するのは「アハハ煮干つけ麺」500円。
2017-09-29-12-04-43
2017-09-29-12-04-46
有料トッピングメニューは味玉、チャーシュー、メンマが刺さったラーメン串など。
2017-09-29-12-06-33
極太麺を使用しているらしく、茹で時間は8分。
2つの鍋で交互に茹でられているので、それほど待ち時間はありません。
2017-09-29-12-12-35
昨年よりやや小さめの容器に麺、つけ汁、太麺、刻み玉ねぎなど。
2017-09-29-12-14-01
麺は黄色っぽい色で、しっかりコシのある太麺。
「食べ比べサイズ」でもわりと量があります。
2017-09-29-12-12-42
つけ汁は背脂の浮いた煮干し醤油清湯。
麺との絡みがそこそこなので、そのまま口を付けてみるとかなりの塩っぱさと煮干し。
パンチあります。
2017-09-29-12-12-46
具は麺の上に乗ったチャーシューと穂先メンマ。
チャーシューは薄くて印象薄いですが、穂先メンマは味が付いていてアクセントに。
なお、スープ割りは無いようです。
2017-09-29-12-13-01
麺のボリュームにサービス精神を感じました。

2017-07-24-11-31-31
国分寺を中心に展開し、大阪や韓国にまで支店がある「中華そば ムタヒロ」。
2017-07-24-11-31-10
その1号店が7月10日より、毎週月曜を「むたひろ食堂」として特別営業を始めました。
お店は玄関が閉められて中の様子も見えません。
2017-07-24-11-31-27
「営業中」と書かれた札には「勇気を出して扉を開けよう」とあります。
2017-07-24-11-32-28
メニューは中華そば、特中華そば、つけ麺、煮干飯のみ。
注文は「中華そば」800円です。
2017-07-24-11-33-17
スタッフは社長のムタ(牟田)さんとヒロさん、それにスタッフ1名。
店名「ムタヒロ」の由来となった2人が厨房で調理しています。
2017-07-24-11-34-23
メインで調理をされるのはムタさん。
「スープ入ります!」
など調理のたびに大声で賑やか。
他の方の接客ももちろん超丁寧で、紙エプロンの有無も聞かれます。
2017-07-24-11-43-43
提供された中華そばは小ぶりの丼ですが、スープがなみなみ。
刻みネギが一面に広がり、バラロール2枚、穂先メンマ、青菜が乗ります。
2017-07-24-11-43-29
スープを飲んでみると、油も少なくアッサリな醤油味。
2017-07-24-11-44-16
鶏と豚がメインで、煮干しは上品な旨味です。
麺は強くちぢれた細麺。
加水高めで柔らかく、細麺ながらピロピロとした食感が心地よいです。
2017-07-24-11-43-46
油が落ちたバラロールはしっかりと肉の食感で、穂先メンマ食べやすくカットされたもの。
的にアッサリでかなり好み。
ローカルなラーメンっぽい雰囲気もあります。
ムタさんが常連さんに、
「年を取ってくるとこういうのが食べたくなるんですよ」
と言ってました。
パンチよりもじんわり美味しいアダルトなラーメン。
美味しかったです。

2017-05-21-11-41-11
東小金井の人気店「一平ソバ」。
駅からは距離があり、大通りを徒歩で北上して15分弱。
2017-05-21-11-41-21
法政大学小金井キャンパスの近くにあります。
テラスにも席があり、外観は一見カフェ風。
2017-05-21-11-26-15
店内は食堂といった雰囲気で、家族連れなど多数。
伺ったのは休日の昼前でしたが、この時間で店内待ち。
平日は学生で混雑するのだと思います。
2017-05-21-11-21-15
ここの人気メニューは「一平ソバ」という油そば。
「しょうゆラーメン」「塩ラーメン」「みそラーメン」などその他の麺類も多彩です。
「野菜定食」や餃子など、街の中華屋さんに近いメニューも。
「チャーハン」が結構出ていました。
2017-05-21-11-33-04
注文は「一平ソバ 並」570円+「トッピング卵(生)」60円。
2017-05-21-11-33-08
平べったいお皿に麺が盛られ、チャーシュー2枚にメンマやネギ。
油そばにしてはデフォでも比較的具だくさんです。
2017-05-21-11-33-48
麺はあらかじめタレやラードと和えられており、丼の底はスープっぽい感じ。
2017-05-21-11-32-54
モチモチでコクのある味も旨く、「珍々亭」の様な王道の武蔵野油そば。
無我夢中でズバズバと啜ってしまう一杯で、「中盛にすれば良かった」と後悔しました。
2017-05-21-11-33-11
チャーシューもしっとり柔らかく美味しいです。
卓上にはラー油やタレ、お酢など味変アイテムも。
2017-05-21-11-34-28
紅生姜がなかなか面白い感じでした。
女将さんは70歳を超えているそうですが、キビキビ動いてます。
食堂的な雰囲気も良く、壁には法政大学卒業生の感謝の写真が貼ってありました。
2017-05-21-21-18-54
なお、お土産も売っていますので「お持ち帰り一平ソバ(2食)」580円を購入。
生麺とタレ、ラードのセットです。
2017-05-22-03-18-31
作り方は簡単で、ラードとタレが入った袋をお湯で温め、麺は茹で時間5分。
2017-05-23-21-13-06
丼にラードとタレを入れ、そこに湯切りした麺を投入。
2017-05-23-21-17-28
丼の中でしっかり混ぜればほぼ完成。
2017-05-23-21-19-39
あとは自分で作ったチャーシューや生玉子、ネギなどを乗せ完成です。
しっかりコクがあり、お店を再現する旨さ。
太麺が良い感じで、「珍々亭」の袋麺などかないません。
通販もやっているようです。


東小金井駅すぐ近くの人気店「くじら食堂」。

平日は夜のみの営業でしたが、51日から昼営業も開始しました。

くじら食堂としての営業では無く、屋号は「まるえ食堂」。


提供メニューも全く別で、現在のところ「貝そば(白)」と「替え玉」のみです。

注文は「貝そば(白)」800円。

70食売り切り終了で、開店時に20名弱な感じでした。


厨房には下村店主と、かつてここで「磯部水産」もやっていた磯部さん。


丁寧に作られ、シンプルな一杯の登場です。


スープはアッサリ清湯で、一口目からグッと貝の旨味。

動物系が下支えになっていると思いますが、滋味深い貝がじんわりで無く厚みもあります。


数種の貝を使っているそうで、奥行きある旨さ。

香味油の香ばしさもありますが、出しゃばり過ぎません。


麺は自家製では無く、三河屋製麺の細麺。

しなやかムッチリで、スープの持ち上げも良いです。


チャーシューは2枚で、しっとり柔らかいもの。

タンドリーっぽい味付けで、こちらも美味。


当初はもっと早くから昼営業の予定でしたが、相当味を練ったのだと思います。


オンリーワンな味わいで、間違いなく贅沢なスープ。

さすがでした。

2017-03-31-20-17-03
東小金井駅近くの名店「くじら食堂」。

2017-03-31-20-41-33
開店から
4年目を迎えた「七彩」出身のお店です。

2017-03-31-20-20-19
平日は夜のみの営業ですが、昼の部の営業を開始予定。

店主さんは昼のラーメンを研究しており、この日は不在。

しかし、スタッフ2名もスキルが高く、提供等問題ありません。

2017-03-31-20-19-55
醤油と塩のラーメンにつけ麺、それに限定の煮干し、生姜醤油、坦々麺などかなりメニュー豊富。

油そばも人気メニューの一つです。

2017-03-31-20-19-58
注文は「油そば(生卵付き)」
750円。

普通の「油そば」は700円です。

2017-03-31-20-20-16
量は普通の
200gと大盛300gが無料。

夜なので200gにしておきました。

2017-03-31-20-26-14
ラーメンが出来るまでは「瓶ビール」
500円。

小売販売されない赤星(サッポロラガー)で、お通しにメンマ。

2017-03-31-20-26-20
「お疲れさまです」

と一言添えられて提供されます。

2017-03-31-20-31-53
提供された油そばは麺が見えないほど具沢山。

低温調理のチャーシューにメンマ、刻みタマネギ、ネギ、水菜。

2017-03-31-20-33-11
生卵は別皿です。

2017-03-31-20-33-27
手揉みされた自家製麺麺の底には多めの焦がしネギオイルとタレ。

2017-03-31-20-34-31
よく混ぜて食べてみれば、モチモチの麺にタレとオイルが絡みつき、有無を言わせず絶品。

シンプルに麺の旨さを堪能できます。

2017-03-31-20-32-14
正直麺とタレ、オイルだけでも旨いのに、たっぷりの薬味。

2017-03-31-20-32-07
最初多いと感じた麺もスルスル無くなり、すぐに
300gにしなかったことを後悔しました。

2017-03-31-20-26-24
卓上には自家製と思われるラー油など色々あるので、大盛でもスルッといけると思います。

武蔵野は油そば文化なので始めたのかもしれませんが、これは間違いなく最高。

自家製麺を思う存分堪能することができ、ジャンクすぎないのに中毒性あります。


お客さんは近所の学生や家族連れ、カップルなど。

BGMはテレビでアットホームですが、提供されるメニューは一流だと思います。

2016-11-29-14-29-04
佐野さんの足跡を辿る「新小麦麺スタンプラリー」。
今回は「中華そば ムタヒロ」です。
いまや大阪や韓国にまで支店が広がり9店舗。
新小麦麺は国分寺駅南口すぐの1号店で実施しています。
2016-11-29-14-45-49
スタンプラリーはあまり前面に出していてないようで、店頭に大きく貼ってもいません。
券売機を見ても見つけられず、結局現金で購入しました。
2016-11-29-14-31-30
こちらは「キタノ支那そば~佐野さんへの想い~」1000円。
紙エプロン手渡しなど、接客はさすがのムタヒロクオリティです。
2016-11-29-14-38-29
2016-11-29-14-38-19
キレイな丼で提供された一杯は、ネオクラシックな見栄え。
2016-11-29-14-39-12
スープは鶏主体のアッサリ優しいお出汁で、甘さも感じます。
2016-11-29-14-39-33
麺はハリがあってプリプリの細麺。
鶏清湯の名店に勝るとも劣らない旨さです。
2016-11-29-14-38-43
豚チャーシューはジューシーで、鶏胸肉はしっとりシコシコ。
炙られた鮭も柔らかく、具も申し分なし。
2016-11-29-14-38-41
ネギの上には鮭節も。
2016-11-29-14-38-37
煮干しが売りのムタヒロですが、今回は鶏でオシャレな清湯。
ユニークさよりも正統派な一杯で、「こんなのも作れるんだ」と思ってしまいます。
旨かったです。

image
7月30日、国立にオープンした「肉中華そば ムタヒロ」。
国立駅から歩いて3,4分の好立地です。
当初は国分寺を中心にじっくりお店を増やした「ムタヒロ」も、今や9店目。
うち2店は大阪、1店は韓国のソウルです。
東京では6店目となりますが、国分寺4店、西国分寺1店と場所を集中しての展開。
国立店は、都内で初めて国分寺市以外のお店となります。
2016-08-27-11-35-33
土曜の開店直後に伺うとほぼ満席。
国立は有名なラーメン店も無いようなので、良い場所を選んだと思います。
2016-08-27-11-36-29
テーブルで相席になると、スタッフがコップやお水を移動して向かい席の間に壁を作りました。
こういった丁寧な対応はさすがムタヒロ。
2016-08-27-11-58-18
メニューは「中華そば」と「こくにぼ中華そば」で、青森の煮干しラーメンインスパのようです。
2016-08-27-11-34-56
券売機には「にぼつけそば」「ニボシアブラソバ」がComing Soon。
注文は看板メニューの「肉中華そば」850円。
普通の中華そばは750円です。
2016-08-27-11-58-15
なお、「中華そば」は煮干し中心のアッサリ。
「こくにぼ中華そば」は豚骨も使用したコッテリとのこと。
2016-08-27-11-50-37
丼一面に薄切りのバラチャーシュー。
スープは清湯で、まず煮干しの旨さ。
2016-08-27-11-51-17
エグミなどは無く、アッサリながら動物系の厚みもあります。
後半は煮干しよりもそちらもが主張する感じ。
2016-08-27-11-51-41
麺はモチモチとしたストレート太麺。
この麺がかなり美味しく、麺だけをグモグと食べ進めてしまいます。
2016-08-27-11-50-44
バラチャーシューは余計な脂が落とされ、プルンとした皮も良い食感。
味はやや薄めです。
2016-08-27-11-50-48
メンマは食べやすくカットされた穂先メンマ。
こちらにブラックペッパーが和えてあり、後半スープが味変します。
ムタヒロだけあって、外さず美味しいラーメン。
煮干しを中心に展開していますが、どの店も個性あると思います。
また、接客はホントに見事です。

2016-07-02-11-05-54
JR東小金井駅すぐ近くにある人気店「くじら食堂」。
このお店で7月2日「かぼくじ水産with青木健」のイベントがありました。
「かぼくじ水産」とは、「KABOちゃん」「くじら食堂」「磯部水産」から取ったもの。
限定ラーメンの内容はTwitterで少しずつ明かされていきます。
2016-07-02-15-24-52
生牡蠣150個、渡り蟹3キロ、鰤&鮪の鮮魚ローストなど、材料は何十種類。
2016-07-02-15-24-58
通常の4倍ほどの食材で作ったラーメンは「東小金井の小悪魔」1200円。
はっきりとは書いていませんが「一条流がんこラーメン総本家」オマージュです。
2016-07-02-11-09-28
なのでメニュー横に書いてある
「本当にラーメンが大好きな方 どーぞお買い求めください」
も総本家入り口扉のオマージュ。
2016-07-02-11-06-30
また、今回は家元にそっくりな青木健さんが家元コスプレ。
青木さんは「Japanese Soba Noodles 蔦」や「ムタヒロ」を手掛けたラーメン界の有名なデザイナー。
総本家のTシャツデザインも青木さんです。
2016-07-02-11-15-14
提供された一杯は麺が見えないほど具だくさん。
2016-07-02-11-15-26
カニカマやちくわに総本家への愛を感じます。
2016-07-02-11-15-53
スープは清湯で、具材の贅沢な旨味が凝縮。
「がんこ」と言えばしょっぱいのが有名で、これも普通のラーメンよりは少ししょっぱいです。
2016-07-02-11-15-18
しかし総本家ほどやりすぎてはおらず、あちらのファンでなくても美味しいと思えるバランス。
カニや貝類の磯風味に強いオマージュを感じます。
2016-07-02-11-16-16
麺も同様に黄色いコシのある細麺。
麺箱に手書きで「サッポロ○○フーズ」とあるので、サッポロめんフーズそのものでは無いかもしれません。
2016-07-02-11-15-22
各店店主が揃い、青木さんのコスプレもあってお祭りの様な楽しさ。
それでもラーメンはしっかり美味しかったです。
くじら食堂店主と磯部さんは最近の総本家を食べていないそうですが、まとめ方はさすがでした。
この面子でのコラボ、次回も楽しみです。

↑このページのトップヘ