人生を失敗した理由

実家暮らしの低学歴ニート(高卒)。 なぜこうなったのかを考え綴る・・・。 その他思いついたら好き勝手に喋ります。

図書館に本を返しに行ったついでに、ちょっと本を読んでいこうと思った。
ちょうどいい具合にめずらしく一人掛けのテーブル席が空いていたので座る。
だいたい、俺様は勉強をしているのだからな、とばかりにテーブルにノート類を
広げたままどっかに行って帰ってこない輩が姿なきままで占領し続けてるのが
常であるので今回みたいに座れる、机に物を置かない状態であるのは
非常にまれである。
ちいさい感動を得て本を読み始めると、後ろの席から咳が聞こえる。
ゴハッ!と遠慮も何もない、おじさんの声であった。
それくらいならめずらしくないが十秒ほどのインターバルをはさみ
何度も尽きることなく咳がとんでくる。まったく本に集中できない。
六回めの咳が飛んできたくらいで、胸の内側からつき上げるような黒い何かが
せりあがってくるのをを感じた。わきたつような怒りの感情であった。
もう終わってくれと思いつつも、静かになると自分からカウントダウンを
してしまうのはなぜだろう。
10 9 8 7 6・・・やめよう、気にしてどうする・・・ 「ゴハッ!!」
おまえこのやろう。
さいわいそれ以上咳は続かず、怒りで気が変になりそうな状態からは脱せた。
暑いから脱いで椅子の背にかけていたジャケットには
微量の唾やなんかがかかっているのであろう。やだなあもう。

微妙に半端な時刻なので横断歩道を渡ってスーパーに行く。
スーパーというのだろうか?中に服屋がありメガネ屋があり、輸入コーヒー店に宝石屋がある・・・
でもデパートと言うほどには高級じゃない。それにスーパーといえば一階建て地下なしの
イメージだ。ここは地下あり屋上は駐車場だ。どっちに属するのだろう?
100円ショップに行ったら人でごったがえしていた。
ここは陳列棚との間隔が狭く、
人が一人でギリギリで数センチの猶予もない。つめすぎである。
品出しの店員や他の客が道をふさいでいたら陳列棚の切れ目まで行き、
そこから横のラインに逃れるしかない。その先にも人がいたら後ろへ戻り、
新たな切れ目からさらに隣のラインに移って目的地へ向かうのだ。
とんだ脱出ゲームである。

化粧品の棚の前に高校生がたむろしており、行くも戻るもならない状態になる。
うしろの細い通路を横切る形でレジ待ちの列があるためだ。
しょうがないのでそばにある棚の商品の説明でも読んで詰まりの解消を待っていると、
僕の横から「すいません。すいません」と声をかける人がいる。
最初は店員の人に注意されたのかと思った。
横を見ると健康的な濃い日焼け肌の男性が二人。タイとかベトナムの人と直感した。
もしかしたらフィリピンかも。インドネシアかも・・・と思ってたらキリがない。
「ここはゼンブ百円ですか」
あせってしまった。うーむ。なんでよりによって無表情で一人うつむく、
しかも声が小さく聞き取りにくい僕へ話しかけてしまったのだろう。
他にも大勢の人がいて、はーいと笑顔で親切にしてくれる女性とかいるのになあ。
嫌なわけではなく、うまいこと説明できないと相手にすごく悪い気がしてしまうのだ。
で、もちろん最近は200円やそれ以上の価格のものも100円ショップには並んでいる。
ちょうど体に触れるほど近い棚に150円の品物があったので値札に指で触れつつ、
「中にはそうでないのもあります」と言ってみたら、聴こえたのかなんとなく違うニュアンスを
感じ取ったのか通じたようであった。
「ネフダがついてないのは・・・」
とさらに聞かれたのでそれはゼンブ100円といいつつうなずいてみた。
スイマセンありがとうゴザイマスと立派な黒々した髪を7:3にした、青年風の2人は去って行った。
何いってるかわかんなかったね、とでも思われてなければいいのだが。
なんで100円ショップに行ったんだっけ?何かを探しに行ったけど買わずに帰ったので
目的のものはなかったのは確かである。市民のリサイクル文庫で読み終わったら返しても
返さなくてもどっちでもよいという制度の書棚からかいけつゾロリの本を借りて来た。
チョコレートの島がどうこうというお話を昔に一冊だけ読んだことがあるがそれ以外はないので
わりと楽しみにしている。






 


このところ、図書館で借りた本を読んでいた。
海外の精神療法士が書いた本で、患者に催眠術をかけて過去の話を聞くうちに
どんどん昔を昔をと記憶をさかのぼらせると、
ついには生まれる前の、つまりあの世にいた時の
光景を聞き出せることを発見して、何人もの患者の話を聞いて
死後の世界や生まれ変わりのしくみをまとめた一冊である。
(死後の世界が教える「人生はなんのためにあるのか」マイケル・ニュートン博士)

読んだらなんだかまず、憂鬱な気分になった。
他のスピリチュアル系の本でも同じだけど、
だいたい人がこの世に生まれてくるのは
魂を磨く修行のためだということになっていて、この本も同じ主張であった。
つらい厳しい思いをすることで魂が磨かれ進歩するとか、
それじゃ人生嫌なことばっかり起こるってことじゃないか。
作者が言うことには、死後むこうの世界に帰ると
先生みたいな人がいていちいち聞かれるそうだ。
君の人生はもっと頑張れたんじゃないかね?みたいなことを言ってくる。
もうほんとうに大きなお世話。
そんなこと言ってきたらこめかみに肘打ち炸裂である。
もう警察はないんだぞ?お互い体もないけど。
反対にこっちが人生はRPGじゃないんだよと教えてやろう。
ゲームは誰がやっても村人に話しかければ返事が返って来るけども、
現実はちゃんと村人が会話してくれるプレイヤーと、
村人が無視するプレイヤーと二種類ある現実を偏屈な彼に教えてやろう。
頭の出来だってさまざまにあるじゃないか。
勉強したら理解できる人と僕みたいなさっぱりわからない人と。

そういえばこの前図書館で初歩の小学生からのプログラムみたいな本があった。
子供のレベルからいかないと僕は絶対ムリだと思って、
とりあえず立ったまま中を見てみた。
LEDを点滅させるプログラムを作ってみようという一連が説明されていた。

LEDを点灯させる指示を出す

0.5秒間一時停止する指示を出す

消灯する指示を出す

繰り返すと完成だという。
??わからない。
そうそう数学や算数の教科書も読むとこうだった。
こうやるのだ、と書かれてもなんで?となるのが僕の初反応である。
もはや様式美だ。教科書はなんで?と思う人間など
この世に存在しない前提で、勝手に進んで自己完結していく。
大抵の人は読めばああそうだねとわかるものなんだろうか?
これは頭のいい人にはわからない苦しみだろうなあ。
飛んできたボールをキャッチする方法なんて
口で説明しようがない感じなのだろうか。
ちなみに僕は飛んできたボールなんかキャッチできない。
勉強はもちろん運動もダメである。そもそも飛んできたボールが、
あと数秒たつとどの位置に落ちてくるのかが全く見ててもわからない。
手を右上に出せばいいのか、腹の前に置いておけばいいのかも
わからないのだ。小学校の時ボールをよく見てと言われて
両手を構えて待ち、ボールの軌道が判断できるギリギリまで
全神経を集中していたが、顔に当たっただけだった。
ソフトボールとか呼んでるくせにあたると痛いじゃないか。
漫画なんかだと、勉強はダメだけど運動は出来る。
あるいは足が速いとか、そんなのが駄目な子だ。
あれが駄目ならこっちが得意、というのが当たり前らしい。
僕は勉強はからきしダメだし前述とおり運動神経も限りなくゼロである。足も遅い。
じゃあ音楽はというと、鍵盤の音聴いても何の音かなんて全くわからない。笛も吹けなかったし。
じゃあ美術はどうだ?絵を描きなさいって言われて画用紙配られて、何にも描けなかった。
粘土で湯呑を作らされたけど、何度何度も、上が広がって汚い物しか作れなかった。
いや、じゃあ・・・友達が多いんじゃない?みんなの人気者とか。
ない。たまに漫画目当てでうちに来て、うつむいてだまって漫画読んで、
帰る子が3人くらいたけど。
高校はずっと休み時間、毎日音楽プレイヤーで曲を聴いていた。
修学旅行は一人で散策。東大出てひきこもりになる人だっているご時世に、
こんな僕がニートしてても致し方なしである。
だからだろうか?自分の身の程を知ってるせいか、恵んでもらって
「俺は人の施しなんかうけねぇ!」って言う人の気持ちは理解ができない。
僕なら見知らぬ人に「かわいそうに、これで美味しいものでも食べなさい」
と3000円もらったらびっくり無表情で受け取って、
その人がいなくなってから
うわあ、やったーって気持ちになるであろう。
なので。
もしいらない漫画なんかあったら、ぜひ僕にゆずってください。
すごい昔の少女漫画とか好きです。
よろしくお願いします。











 


ビスコってご存知ですか。赤い箱入りのビスケットです。白いクリームが挟んであるあれです。
何年前だったかスーパーのおかし売り場を通り抜けるさい、ふと目を惹いたものがそれであった。
今だけおまけで〇ティちゃんのミニ絵本が入ってます。と書かれている。買ってしまった。
ビスケットの箱の中に、絵本が入ってるっていうだけでワクワクしたんですね。
で、ワクワクして絵本を読んでみたんだけれども、うーん、という。
残念ながら期待通りにはいかない。

笑顔がいっぱいみたいなタイトルだっただろうか?内容はというと、朝起きておはよう
笑顔で一日はじめよう、金魚さんにも笑顔でごはんあげたよ。べんきょうも笑顔でがんばったよ、
おうちにお友達がきたみんなで笑顔、みたいなお話であった。うーむ。

僕はなんで面白いと思わなかったんだろう。せっかくだし考えた。時間はあるしね。
〇ティちゃんの一人語りで終始してるから、退屈に感じるんだろうか。
〇ティちゃんがひとりで納得するだけになっている。
とはいえ人物のひとり語りで構成されてる物語もあるし、それで成功しているものもあるので
これが原因ではなく別にあるに違いない。
ここは逆にどうだったら自分は興味をもったのだろうか。
やっぱり誰か入ってきてほしい。笑顔でおはよう、お外に行ったらお隣のおばちゃんに会って
お菓子をもらいました。喜んで持って帰る途中、転んでしまいました。泣いてたら・・・
まあ面白くはないけどとりあえずどうなるのかなって期待は持てたかもしれない。

それに僕自身勉強が出来なかったので共感が非常にむずかしい。
そんな。笑顔でおべんきょうのりこえたなんて。
ダメな子だったらぐんと感情移入できたのに。
出来た人から先生に持ってきてね。〇くん一番に出しました。友達の〇ちゃんもいきました。
わたしは最後まで残ってました。できた。先生にもっていこう!答えが違うね。もう一回席に戻って。
みんなおしゃべりしてて、問題といてるのはわたしだけでした。教科書のとおり何回やっても
さっきの違った答えになります。わたし、ばかなのね。涙が出ました。
悲しい話になりますね。そんな絵本読ませてどうするのであろう。

僕が友達いないから〇ティちゃんも1人でいさせたいところだが、やはり物語的には
友達がいないとしょうがない。よしとしよう。

友達のどうぶつがおうちに来ました。
ねえ、知らない子が倒れてるの。どうしよう。
えっ!2人で野原に行くと見たことのない姿の子が倒れていました。
その子は目をさまして体を起こすとびっくりして言いました。
なんてこと、ここには人間がいないのね。
知らないところに来ちゃったみたい、わたしのおうちに帰る方法を一緒にさがして。

絵本5・6ページにおさまる内容じゃないですね。
どういう原理でこっちに来たのかもわからないのに帰る方法って。没ですね。

規模が大きすぎるからせめてもうすこしこじんまりとしよう。一日で終るくらいの長さで。
こう、やんちゃな感じの男の子のどうぶつがいて・・・
知ってる?森の入り口に血の付いた刃物が落ちてるんだって、見にいこうぜ!
ダメですね。小さい子供向けのミニ絵本だと言ってるのに。

でもまあ、考えてみればおまけである。本体はお菓子でそのおまけ、付録としてもらえるのだから
それに僕の求める期待がずうずうしいまでに高すぎただけなのであろう。
僕は基本的にものを捨てないのであの絵本、絶対にまだあるはずなんだけれども・・・
あとで探してみようか。



 

 


このページのトップヘ