2004年10月11日

「オタク」を斬る!

こんばんは。子供用の高級腕時計は"ロリックス"。萌えないゴミ・ダリューンです。

私の家の近所には、一件の小さなゲームショップがあります。
別に他の店より安いわけでもないのでその店で買い物をすることはめったにないのですが、たまに突然コントローラーがもうひとつ必要になったりとかした時には、家から歩いていける距離なのでそこを利用することもあります。

このあいだ数ヶ月ぶりに(もしかして1年ぶり以上かも)そこをフラッと立ち寄ってみたんですが、店内の様子がガラリと変わってるんですよ。
以前の店内は、狭い店内に所狭しとあらゆるゲームソフトが並べられ、そこそこの人気商品はある程度揃ってたものですが、今は置いてあるゲームソフトの数がその3分の1にも満たない状況。残る3分の2のスペースはどうなってるのかというと、

ポケモンのカードゲームの対戦場。(°д°;)

机と椅子が並べてあって、もはやゲームショップとは言えない有り様になってました。ちょっとショック。
まあそれはいいんですよ。子供たちに楽しい遊び場を提供してるんだな〜って感じで。
でもさ、

遊んでるのはほとんど大人ばっかり。(°д°;)

なんですか、この異様な空気は。
大の大人達が、ポケモンカードで対戦に興じている。しかも平日の昼間に。

超ショック。一瞬店を間違えたかと思ったよ。
例えるなら、「信長書店」を普通のビデオレンタル屋さんだと思って入ってしまったあのウブな中学生時代、みたいな。それくらいショック。(謎)

大の大人が、ポケモンカードですよポケモンカード。
まあいわゆる、オタクってやつですか?ポケモンカードオタク?
ちょっと小太りの兄ちゃん(推定25〜30歳前後)が、ピカチュウがなんたらかんたら、とかマニアックな用語連発して戦ってるんですよ。テーブルにカード広げて。
寒気がしましたわ。ホント。
もうね、

ボクはココに居ちゃいけないんだ

とか思いましたよ。本能的に。(笑)



まあね、それも彼らの趣味だ、勝手じゃないかと言われればそうですけど、私にはオタクな世界は生理的に受け付けないというか、理解できないんですよね。正直。いい大人が平日の昼間からカードで遊んでるなよ、と思ってしまう。

●年齢にそぐわない(低年齢向け)アニメやマンガ嗜好
●ギャルゲー(エロゲー)嗜好
●彼女は2次元のキャラクター
●ロリコン
●秋葉原や大阪日本橋が聖地
●声優にやたら詳しい
●PCに詳しい
●母親以外の女性とは話が出来ない
●現実社会に対応できない
●引きこもり・内向的
●妄想癖
●リュック
●「萌え」
●童貞
●デブ、メガネ、バンダナ
●不潔感
●他人の価値観を認めない
●外で遊ばないからお金は結構持ってる
●(現実世界の)人の顔をなかなか覚えない
●会話にアニメやゲームのセリフを多用
●などなど

書き出したらキリがないですが、「オタク」というワードを聞くと私の中ではこのようなイメージがあります(めっちゃ偏見だらけですが)。もはや私の中では「オタク」は差別用語的にすらなってるかもしれない。オタクの皆様ごめんなさい。


「オタクとは「待つこと」を知った、極めてプラトニックな存在である」

という印象的なフレーズをどっかのサイトで見た記憶があります。
思うに、オタクになる原因はやはり、極端に人との触れ合いを避けたがる性格にあると思います。現実世界の女の子と積極的に関わろうとしない(傷つきたくない)から、彼女が出来ない、でも性欲は有り余ってるから、ゲームやアニメのキャラクターでそれを満たす、って感じですかね。作り話ならハッピーエンドが約束されてるし。
だから必然的に声優やアニメ、ゲームに異常に詳しくなるし、家にばかりいるからPCにも詳しくなるし、最低限の身だしなみですら疎くなる、と。

別にポケモンカード好きだろうと幼女好きだろうと構わないですが、現実世界の女の子と話せないとか興味ないというのは、重症だと思います。ギャルゲーで恋愛ごっこのような「おママごと」より、現実世界の女の子と心を交わらせる素敵な経験をするべきです。またそうするように努力すべきだと思います。


私なら、先ほどのフレーズをこう変えさせて欲しいところです。

「オタクとは「待つこと」しかできない、極めて怠け者な存在である」


まあ、くどいようですが、他人様の趣味にケチつけてるわけではないですよ。私だってロクな趣味してませんし。むしろ、経済の活性化に少なからず活躍して下さってますし。オタク万歳ですよもう。3000億円オタク産業万歳!エロゲ大国ニッポン万歳!(すごいまとめ方だなオイ…)




〜今日のオススメサイト〜

ヴァーチャル面接室
自分の子供には小さいうちからお受験なんてやらせたくないなぁ。

ありえないアンケート結果
アンケート自体が矛盾してます。(笑)

タクシーはバックで走ると料金メーターはどうなる?
なぜ純粋に走行距離だけで加算しないんだろう。長い信号待ちの時にメーターが上がるのは許せない(-ω-;)

http://wibo.m78.com/clip/img/10568.gif
 ・д・;   Σ(    )

家電量販店のテーマ・ソングばかりを集めたCD登場!!
ヨドバシの歌とか耳にこびりついてますよ。コレですな。

「きみのためなら死ねる」予約受付中
ラヴィ!(・∀・)で一躍有名になったアレです。本体ももうじきコチラで予約受けつけするハズです。

仮装大賞パネル
アマゾンが新たにおもちゃも取り扱うようになったみたいです。コレは一度は押してみたかったアレ(笑)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/dallune/7954567
この記事へのトラックバック
前回の続き。 うう、君望、めちゃめちゃいいゲームじゃないですか。 さすが家庭用ゲーム機やアニメなどに発展してるだけあります。 えぇえぇ、感動しましたよ、エロゲーで。悪いですか?オタクですか? 大空寺あゆどころか、ロリコン専用機だと思ってた茜ちゃんもま
エロゲーその後のその後【東大双曲線】at 2004年10月12日 09:04
このようなサイトを御覧になっておられる方々には多い事と思います。「萌える!お兄さん(お姉さんも?)」が。しかしいやだなー「萌える!お兄さん」か。 某子供向けイベントに参加した、お兄さん(お姉さん)たちは、司会の方に「大きいお友達」といわれる始末…。それでも当
萌える!お兄さん【豊満な日々】at 2004年10月18日 15:07
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。

ギャルゲーが『ごっこ遊び』だというのは、その通りだと思います。ただ、僕は『ごっこ遊び』こそが数ある遊びの中で最も高度な遊びだと考えています。それが遊びで済まなくなってるところに問題があるんですが…。


>作り話ならハッピーエンドが約束されてるし。

そうでもなかったです。_| ̄|○


>現実世界の女の子と心を交わらせる素敵な経験をするべきです。

どうしてそう「すべき」なのか、言及して欲しかったです。
僕には、彼らが「怖がってる」というより「諦めてる」ように見えます。容姿が悪くたって、女性に好かれる手段はいくらでもあるんですけどねぇ。
Posted by 倫太郎 at 2004年10月12日 09:34
ポケモンのカードって、数十万円するカードもあるとか・・・大人がやり始めるといつも間にか高額で取引されていく。
子供にはとても買える代物ではなくなっていく。
これっておかしいよ。

現実の女性は、自分の思い通りにならないよね。
わがまま言ったり、時には喧嘩吹っかけてきたりして、それがうっとしいんじゃないの。
だからロリコンに走るんじゃないの?
自分の部屋に女の子を誘拐してきて、何十年も閉じ込めていた人いたよね あの人もオタクだった気がする。

振られることに、怖がってそして諦めてるのよ。
自分に自信がないだけじゃないの?
Posted by 遊月 at 2004年10月12日 12:44
そそ書き忘れてた、オタクは「超キモ」ですね><

Posted by 遊月 at 2004年10月12日 16:04
こんばんわ(^^)

こんばんわ(^^)

ギャルゲーキャラやアイドル、アニメキャラなどが恋愛対象の男性の思考は普通の人から見ると異様に思えるけれど、彼らからすればそれが普通であり理想なんですよね。私が普通に一般人間同士で恋愛するとオタクの友人は「理解できん」と言いますし。

結局、普通な恋愛感を持つ人と二次元やアイドルなどに恋愛する人とは解り合えないと私は思います。
だからお互いをどうのこうの言い合うのではなく、違う世界に住む人って思ってスルーするのがいいかなと思ってます。

でも、現実世界の女性を知らずに二次元や妄想の世界に入るのはもったいないですよね。両方経験して比べてみて、あえて妄想を選ぶなら仕方ないですけど(笑)
Posted by rmaitan at 2004年10月13日 08:22
たくさんコメントありがとうございます。
なんか改めて自分の書いたのを読み返してみると結構失礼な表現多くて申し訳無いです。

みなさんおっしゃってる通り、私が言いたかったのは、井戸の中に篭ってないで大海を知って欲しい、ということだけです。
リアル恋愛は色んなことを学べるし、自分を大きく成長させてくれますし。

でも、普通のゲーム屋だったところが久しぶりに行ってみるとギャルゲー専用店みたいになってた、っていうのが、上に書いた以外にも数軒ありまして。悲しいです。
いくら需要があるからってさっっ!(涙)
Posted by ダリューン at 2004年10月13日 22:27