2018年06月01日

第74話 ハーフタイム ネタバレ&感想〜


ミカエル インタビュー回答 RS74話
あの高橋陽一先生がなんと“ツイッター”を始めました!!!

管理人的には、きっと他のファンの方々もとても信じられない事が起こったと思ったはずです。

1ツイート目には軽い挨拶のつぶやきをして、
2ツイート目にはなんといきなりイニエスタとの2ショット画像をアップするという驚きの離れ業を披露してくれました。

羽生結弦氏でも良いけど、管理人的には高橋陽一先生にこそ国民栄誉賞を与えて欲しいものです。
日本サッカーの発展にここまで大きく貢献した人物はいないでしょう!
イニエスタがJリーグにやってきたのはキャプテン翼の影響が一番大きいと思いますよ(願望も含まれますが)。
フェルナンド・トーレスもサガン鳥栖への移籍を検討しているみたいだし、もし実現すればきっと彼もキャプテン翼が大きく影響したのだと思います。

もうどんだけ偉大なんだキャプテン翼!!
日本のアニメや漫画が優れているのは周知の通りですが、ここまで影響力が大きいのはキャプテン翼の魅力に限った事だと世間様にはちゃんと評価してもらいたいと思うのですが如何でしょうか?

高橋先生の今後の活躍(ツイート)がとっても楽しみです!

画像はミカエル。日本vsドイツ。前半戦を見届けた彼の感想は果たして?

『まったくもってうれしいかぎりだ』

第74話 ハーフタイム あらすじ&感想〜

シュナイダー渾身のオーバヘッドファイヤーをがっちりキャッチした若林

鉄壁なり若林の守り。
今大会ここまで試合で全てハットトリックを決めている現得点王・世界最高峰のエース カールハインツシュナイダーに対し完璧防御を見せる若林。

「(若林…!!)くっ…」
自分を見下ろす若林に悔しさを滲ませるシュナイダー。


「さすがSGGK若林だぜ」
「ナイスプレイ若林さん」
日本ベンチから若林へ称賛の声が飛ぶ。

(やっぱゲンさんはシュナイダーのことを知り尽くしているなァ)
シュナイダーと若林の対決を冷静に分析するカルツ

そして前半終了を告げる審判の笛が鳴り響いた。

両チーム守り合いの展開の中スコアは0−0のまま動かず。
試合は15分間のハーフタイムに入った。

ルディシュナイダー吉良両監督はそれぞれのスタッフと後半戦に向け綿密な打ち合わせを行う。

ここまでの戦況をスタンドから観戦していた日本のサッカーマスコミ勢。
ノックアウトステージである決勝トーナメントの試合故、ここまでは両チームともリスクを冒さなかったものの全体的な試合のペースは日本が握っていたという見解で一致した。
しかし前半を0−0で折り返したことは逆にドイツの思惑通りでもあるといえるため、
後半ドイツがどんな出方をするのかにも注目が集まった。

そんな最中、スタジアムの一カ所が騒然となっていた張本人であるミカエルの周りには観客や地元のTV局などが集まっていた。

TV局のインタビュアーから何故ここに居るのかと訊ねられたミカエル。
「それはやっぱり… ボク達の準決勝の相手になるのがどちらのチームなのか それを生で見極めたかったからです」
と回答。
もちろん監督の許可はちゃんと取ってあった。
しかしこのままここにいると周囲の混乱を招く恐れがあるため、大会関係者の者からVIP席で試合を観戦するよう促された。

その頃ドイツのロッカールームでは。
「すまんみんな…」
開口一番みんなに謝罪するシュナイダー。
守備陣が決死の守りで得点を0に抑えてくれたのに、
「おれたちが… いや… このオレが日本から若林から得点を奪えなかった」

落ち込むシュナイダーだが、
「気にするなシュナイダー」
「ハナから守備的に戦う以上 そんなに得点チャンスは来ないと思ってたし」
「何より若林はやらしいほどにシュナイダーのことを熟知してやがるしな」
マイヤーマックス、カルツから励まされる。

そんなシュナイダーにカルツが助言を与えた。
「若林からゴールを奪うには敢えて逆に… おめェの持ち味のパワーとスピードのファイヤーショットじゃなく 敢えて技術の… ノン・ファイヤーで行くとかな」
(若林の逆を突く… 裏をかくノン・ファイヤー)

果たしてこれが若林攻略の希望の糸口となるだろうか?

「監督どうしますか?」
スタッフに後半の布陣を尋ねられたルディ監督。
ここまで守勢を強いられてきたドイツだったが、後半に向けて監督には考えがあった。
「よしみんな集まってくれ 後半戦に向けての指示を出すぞ!!」
「はい!!」

一方の日本のロッカールーム。
「すみません高井トレーナー ちょっと足首診てもらえますか」
曽我
大したことはないそうだが、
「前半の最後の空中戦でシュナイダーともつれた時に着地でちょっとひねったみたいで…」
高井トレーナーが診たところたしかに腫れていた。
痛みはそこまでひどくないがとりあえずテーピングで固定しておくことになった。

井川と葵が心配してかけよってくれたが、大したことはないと気を使わせなかった。


そしてスタジアムのVIP席にはミカエルがやってきた。
その場には他にも沢山の人が居る中に、日本サッカー協会の片桐賀茂見上の3人もいた。

食べ物が並んでいることに喜んでいるミカエルに片桐がスペイン語で声をかけた。
「セニョール ミカエル」
「シィー」
片桐がスペイン語を話せることに感心する賀茂。
片桐の紹介で他の二人もミカエルに自己紹介する。

片桐は早速ミカエルに日本vsドイツのここまでの戦いにどんな印象を持ったか訊ねてみた。
ミカエルは軽く一笑すると自分の感想は述べないと言って拒否した。
スペインと準決勝で戦うのは日本になるかもしれない。
そう考えると今ここで自分が発した言葉がスペインと戦う日本チームに大いなるヒントをもたらすことを恐れたからだ。

それを聞いた片桐は素直に引き下がった。
「確かにそうですね」
「あしからず」

再びテーブルの食べ物に興味が向くミカエル。
昨日のメキシコ戦で6ゴールを上げて国中のアイドルとなった強烈なインパクトと実力の他に、頭脳(あたま)もよさそうだと片桐達は漏らした。


「…以上が後半戦の入り方だ いいなみんな」
「はい!!」

「よし後半戦も自分達のサッカーを信じて闘っていこう!! この後半 まずは先取点 ドイツより先に先取点を取るぞ!!」
「おう!!」
ドイツロッカールームではルディ監督が、日本ロッカールームではキャプテンがチームを鼓舞してピッチに戻ってきた。

両チームともハーフタイムでの選手交代はなし。
前半と変わらないメンツで闘いに挑む模様だ。


日本ボールで始まる後半。
センターサークルでは翼との黄金コンビが臨戦態勢に入っていた。
(岬くん この後半必ずおれたちの“新技”で…)
(ゴールを奪おう!! 翼くん)

そしていよいよ審判のホイッスルが鳴り響き、運命の後半戦がキックオフ!

日本は翼と岬の黄金コンビがいきなり仕掛ける。
それに対しドイツはマーガス、シュナイダー、シェスターがこれまでとは違う動き方を見せる。
「な…なにィ!?」
「えっ!?」
ドイツの陣形に驚く翼と岬。
これがドイツの奇策なのだろうか?


今回はここまで。



今回はハーフタイムで、色んな視点からのエピソードがあって後半戦に期待が膨らむ内容でした。

シュナイダーに対し鉄壁の防御を見せる若林ですが、はたしてカルツの言うとおり技術のノン・ファイヤーを使ってくるでしょうか?
本当はPA外からパワーとスピードの自分が最も得意なファイヤーショットでゴールを奪いたいはず。


プライドが許さないと思うのですが、既に前半の中で試合に勝つことを優先し得てPA内にも攻め入ってましたし、さらにそれでも源三に止められてしまってるので、もうそれどころじゃない。
これ以上何も引き出しがなさそうなだし、試せるモノは何でも試してみようという心境になってるかもしれませんね。

ブンデスリーガでのハンブルグvsBミュンヘン戦ではPA内の左脚のストレートシュートはワンハンドキャッチされてましたが、ノン・ファイヤーなら……どうなんでしょうねえ? 曽我の負傷が何かしら関わってくるのはほぼ間違いないと思いますけど。


あと気になったのは片桐がバイリンガルだった件ですかね、スペイン語以外にも話せたりするんでしょうか?

そして最後のページ、実況はドイツの陣形に驚いていましたが前からマーガス、シュナイダー、シェスターが縦に並んだだけで、我々読者にはこれが一体どんな驚きの陣形なのかわからないままだったのでモヤッとしましたね。

果たして次号翼と岬はボールを奪われてしまうのか?
ドイツの逆襲に見舞われてしまうのかとても心配です。



damdam167 at 21:09│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ライジングサン



















グッズ



キャプテン翼 ラミネートトレカ A

キャプテン翼 ラミネートトレカ A
価格:480円(税込、送料別)











































◆「スグ」「カンタン」にハイセンスルーム
フレーム要らずで、届いてすぐに飾れます。
◆空間を彩る立体的なキャンバス
ArtDeliは、本物のキャンバス、木枠を使用し、ポスターにはない厚みがあります。サイズ:30サイズ(30×30cm)カラー:ブルー。モデル:2016年春夏。




スペイン・リーガエスパニョーラ、バルセルナ、アートパネル。
キャプテン翼とこコラボモデル「2+8TSUBASA」シリーズ。
サイズ:30サイズ(30×30cm)
カラー:ホワイト
モデル:2016年春夏























































FCバルセロナのアクリルキーホルダー。
FCバルセロナとキャプテン翼のコラボアイテム。

2015-16シーズンデザインのユニフォームとエンブレムの2連チャーム。
「TSUBASA 2+8」が入った大空翼モデル。

キャプテン翼ファンにはたまらないコラボグッズです!




スペイン・リーガエスパニョーラ、バルセルナ、スマートフォンカバー。
定番のサポーターズアイテム。人気の手帳型タイプ。キャプテン翼とこコラボモデル「2+8TSUBASA」シリーズ。接着シートによる固定方式のため機種を選ばず、iPhone6/6s以外のスマートフォンにも対応。




FCバルセロナのオフィシャルiPhone6/6S専用カバー。
FCバルセロナとキャプテン翼のコラボアイテム。

15-16シーズンのユニフォームデザインを採用した、 「TSUBASA 2+8」が入った大空翼モデルモデル。
キャプテン翼ファンにはたまらないデザイン。




スペイン・リーガエスパニョーラ、バルセルナ、iPhone6用ハードカバー。
定番のサポーターズアイテム。キャプテン翼とこコラボモデル「2+8TSUBASA」シリーズ。

◆iPhone6専用

カラー:ネイビー
モデル:2016年春夏




スペイン・リーガエスパニョーラ、バルセルナ、iPhone6用ハードカバー。
定番のサポーターズアイテム。キャプテン翼とこコラボモデル「2+8TSUBASA」シリーズ。

◆iPhone6専用

カラー:ネイビー
モデル:2016年春夏




マグカップ以外にも、ペン立てや小物入れとして、インテリアグッズとしてもお使い頂けます。

※国内ライセンス商品

■カラー:ホワイト×ネイビー×レッド
■サイズ:高さ9.5×直径8.0cm
■素材:セラミック




スペイン・リーガエスパニョーラのFCバルセロナのオフィシャルグッズ。
FCバルセロナとキャプテン翼のコラボモデル。
「TSUBASA 2+8」が入った大空翼モデルのユニフォームを着たベアぬいぐるみ。ちょっと珍しいタイプの翼グッズ。

EN LA LIGA












日いづる国のジョカトーレ


GOLDEN-23























DREAM FIELD


翼3109日
Road to 2002




























ワールドユース編




































小説





Recent Comments
アクセスカウンター
アクセス解析
人気blogランキング