2018年06月15日

第75話 シュナイダー監督の作戦 ネタバレ&感想

ルディ・シュナイダーゲキ RS75話
ついにロシアW杯が開幕しました。
開幕戦のロシアvsサウジアラビアはなんと5−0の大差を付けて地元ロシアが勝利!!
サウジアラビアは1戦目にして終戦を迎えてしまったような感じに。

日本の健闘を期待するのは勿論のことですが、アジア勢の躍進も期待していまして初っ端からこの結果はもう絶句でした(笑)

アジアが欧州や南米のレベルに近づける日は果たして訪れるでしょうか?
イニエスタが神戸に移籍したJリーグ。
爆買いの中国リーグ。
他にもサッカー熱が高いアジア諸国は多いですから、もっともっとアジアのレベルが上がってもらいたいモンです。

果たして我々日本はこの後どんな結果を迎えているでしょうかね?

画像はルディ・シュナイダー。シュナイダーの父親にしてドイツの監督でありBミュンヘンの監督。代表とクラブチームの監督を兼任??それとももうミュンヘンの監督は辞めちゃったのかな?

『チームを作るのはこのおれだ 誰にも文句は言わせねェ』

第75話 シュナイダー監督の作戦 あらすじ&感想〜

後半戦キックオフ!
日本はの黄金コンビが攻撃を仕掛けるも、そこにマーガスシュナイダーシェスターが立ちはだかった。

さらにその後ろにはシュミット兄弟が控える。

「な…なんだこれは…」
「なんだこのドイツの守りは」
「もしかしてこれは…」
驚愕する松山早田
そう、これはドイツの0トップ布陣だ。

中盤にこれだけ分厚い守備をひかれては突破は難しい。
「岬くん ここはひとまず…」
「うん」

翼と岬は一旦ボールを後ろに下げた。

ボールを最終ラインまで下げる日本。
しかしドイツは追いかけてこなかった。

2トップFWのシュナイダーとマーガスが依然中盤の位置に居座ったまま。
そして両サイドバックも中寄りにポジショニング。
ドイツは前半日本に中盤を押さえられたため、中盤に人数をかけ中盤での日本のボール回しを自由にさせない作戦をとってきたのだ。

「くそっ これじゃあ最終ラインでしかボールを自由に回せないぞ」
「だけどここでただボールを回しているだけじゃ攻撃の糸口は掴めないし」
「やっぱりここはうちの中盤にボールを託すしか…」
困惑するDFラインの早田、井川曽我だが、再びボールを中盤に託した。
ボールは中盤の葵へ。
すると、ドイツはすかさず素早いプレスを仕掛けてきた。

「わっ 松山さん」
「おっと」
中盤にボールが渡ると猛烈にボールを追いかけてくるドイツ。
葵→松山からさらにボールが後ろに流れる。
日本はボールを失わないようにするのが精一杯。
前半できていた中盤での攻撃の形が作り出せなくなってしまった。

(ま…全く予想していなかった… 攻撃的に来ることはあっても後半 まさかドイツがこんな作戦をとってくるとは…)
驚きを隠せない表情の吉良監督


「くそっ だったらドイツが前半の最後に見せたように… こっちも中盤を省略 一気に前線へボールを送るか」
「いや 守備職人シュミット兄弟はいつでもバックラインに下がれる位置にいるし カルツがアンカーの位置に入っている 今日のドイツの強固な守りに その戦法は通用しないだろう」
井川の意見に異を唱える若林
じゃあどうする?と問う井川。
すると若林は、
「こんな時こそするべきことはただひとつじゃねえのか」
と答えた。
「えっ」
若林が何を言っているのかすぐには気付けなかった井川と曽我だがすぐにわかった。
ボールを蹴り出す井川。その先にいるのは翼だ。

「翼!!」
「こんな時に頼りになるのは我らがキャプテン 大空翼しかいないんだ!!」
「頼む翼!!」
「なんとかしてくれェ!!」
(みんな)
どうしようもなくなった時、状況を打破出来るのは翼しかいないのだ。

ドイツもそれはよく分かっていた。
翼にボールが渡った瞬間、シェスターとマーガスがすかさずプレスをかけてきた。
「いこう翼くん!!」
「岬くん」
日本も岬が翼のフォローに入る。
(そうだマーガス シュナイダーまで中盤に下がりこの中盤のスペースは狭くなったけど この狭いスペースでもおれたちの連携で抜くしかない!!)
「いくぞ岬くん!!」
「おう翼くん!!」
狭いスペースながらも意を決しコンビプレイを仕掛ける翼と岬。

「今だ 潰せ!! 日本の最大の武器その2人のコンビプレイを阻止することができればこの試合絶対に勝てるぞ!!」
(監督)
(シュナイダー監督)
ルディ・シュナイダー監督のゲキに選手達の士気が上がる。
「おう!!」
「うっ」
狭いスペースでボールを受けた岬に対し、マーガスの反則スレスレのタックルが入った。
しかしこのボールを日本は三杉がこの位置までやって来てフォロー!

「いこう翼くん」
「おう三杉くん」
天才・三杉なら同じ天才の翼とも黄金コンビが成立する。
日本は新しい黄金コンビで再び突破を図る!

「まだだ!!」
「えっ」
しかしそこにシュナイダーが猛然と滑り込む!
シュナイダーの素早く力強いタックルが三杉に炸裂。
「くっ」
転倒する三杉。
「淳!!」
声を上げる弥生
(かなり激しい展開になってきた)
とVIP席で観戦するミカエル

再びこぼれるボールを今度は翼が自らフォロー。
「うっ」
出し抜かれるシュナイダー。

その翼に今度は葵がサポートに回った。
「いくぞ葵!!」
「はい翼さん!!」
葵にボールを送った翼は再びダッシュ。
しかしパスコースにはシュミット兄弟が素早くリカバーに入った。
翼へのリターンパスを封じられてしまった葵。
(だめだ… やっぱりこの中盤は狭すぎて… 人が多すぎて… あっという間にパスコースが潰されてしまう!!)

ドイツのぶ厚い中盤の守りに日本は再び中央突破を諦めてしまった。
「そんな… 翼にボールを託してもダメなのか」
愕然とするDFの井川達。
(…だって仕方ないよォ)
またもバックパスする葵。

だがこの瞬間をドイツは狙っていた。
シュナイダー、マーガス、シェスターがボールに向かって猛然とダッシュ!!
「なにィ」
「えっ」
「し… しまった」
「よし」
「はまった!!」
明暗を分ける両チーム選手達の反応。
(よし!! これこそがドイツの真の狙い!!)
ルディ・シュナイダー監督の表情に熱がこもる!

果たしてボールはボランチ松山に渡る前にシュナイダーが滑り込んでパスカット成功!
カットしたボールはそのままシェスターへ。

日本のバックラインはCBの井川と曽我しか残っていなかった。

ドイツはアタッカー3銃士・シュナイダー、マーガス、シェスターの3人で攻め上がる。
「よしいくぞ!!」
「この好機(チャンス)必ずものにするぞ!!」
「おう!!」
フィールドプレーヤーが3対2と、日本は絶対絶命のピンチを迎えてしまった。
若林達はこのピンチを乗り切ることができるだろうか!?



今回はここまで。
ドイツが0トップ布陣をひいてくるのは確かに意外でしたね。

実際のサッカーでも世界一のボールポゼッションを誇るバルセロナに対し相手チームがよく取っていた戦法です。

サッカーはアタッキングエリア、中盤、ディフェンスエリアと縦3つにエリアを区切ることができますがそれぞれのスペースに人数が1人でも増えればそのエリア内では途端に攻めやすくも守りやすくもなります。

前半ドイツはシュナイダー達3人が守りには参加しませんでしたが、
後半3人とも中盤に降りてきたという事は中盤のスペースがとんでもなく狭くなったワケです。
いつもならワンツー攻撃で簡単に中央突破出来る翼と岬が早々にボールを失ってしまう程に。

若林が言うように中盤を省略する攻撃が通用しないというのならば、日本もさらに中盤に人数を増やしガチンコでぶつかり合うしかありません。
右サイドバックの三杉が攻撃に加わりましたが、それでもまだ人数をかけるべきだったかもしれません。
この時左サイドバックの早田も中盤に上がっていたかもですが(描写はありませんでしたが)、葵は松山へバックパスを選択し、それをまんまと狙われてしまいました。

さてさて、この後どんな展開になるでしょうかね?
気になる要因はいくつかあります。
フィールドプレーヤーの数的差、曽我の脚の負傷、シュナイダーのノン・ファイヤーの奇策、後は若林がシュナイダーのことを熟知している事を逆に利用されてしまうかもしれない事などですね。

そろそろ均衡が破れないと展開が進みませんので、ドイツの先取点が濃厚な気がします。





damdam167 at 15:51│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ライジングサン



















グッズ



キャプテン翼 ラミネートトレカ A

キャプテン翼 ラミネートトレカ A
価格:480円(税込、送料別)











































◆「スグ」「カンタン」にハイセンスルーム
フレーム要らずで、届いてすぐに飾れます。
◆空間を彩る立体的なキャンバス
ArtDeliは、本物のキャンバス、木枠を使用し、ポスターにはない厚みがあります。サイズ:30サイズ(30×30cm)カラー:ブルー。モデル:2016年春夏。




スペイン・リーガエスパニョーラ、バルセルナ、アートパネル。
キャプテン翼とこコラボモデル「2+8TSUBASA」シリーズ。
サイズ:30サイズ(30×30cm)
カラー:ホワイト
モデル:2016年春夏























































FCバルセロナのアクリルキーホルダー。
FCバルセロナとキャプテン翼のコラボアイテム。

2015-16シーズンデザインのユニフォームとエンブレムの2連チャーム。
「TSUBASA 2+8」が入った大空翼モデル。

キャプテン翼ファンにはたまらないコラボグッズです!




スペイン・リーガエスパニョーラ、バルセルナ、スマートフォンカバー。
定番のサポーターズアイテム。人気の手帳型タイプ。キャプテン翼とこコラボモデル「2+8TSUBASA」シリーズ。接着シートによる固定方式のため機種を選ばず、iPhone6/6s以外のスマートフォンにも対応。




FCバルセロナのオフィシャルiPhone6/6S専用カバー。
FCバルセロナとキャプテン翼のコラボアイテム。

15-16シーズンのユニフォームデザインを採用した、 「TSUBASA 2+8」が入った大空翼モデルモデル。
キャプテン翼ファンにはたまらないデザイン。




スペイン・リーガエスパニョーラ、バルセルナ、iPhone6用ハードカバー。
定番のサポーターズアイテム。キャプテン翼とこコラボモデル「2+8TSUBASA」シリーズ。

◆iPhone6専用

カラー:ネイビー
モデル:2016年春夏




スペイン・リーガエスパニョーラ、バルセルナ、iPhone6用ハードカバー。
定番のサポーターズアイテム。キャプテン翼とこコラボモデル「2+8TSUBASA」シリーズ。

◆iPhone6専用

カラー:ネイビー
モデル:2016年春夏




マグカップ以外にも、ペン立てや小物入れとして、インテリアグッズとしてもお使い頂けます。

※国内ライセンス商品

■カラー:ホワイト×ネイビー×レッド
■サイズ:高さ9.5×直径8.0cm
■素材:セラミック




スペイン・リーガエスパニョーラのFCバルセロナのオフィシャルグッズ。
FCバルセロナとキャプテン翼のコラボモデル。
「TSUBASA 2+8」が入った大空翼モデルのユニフォームを着たベアぬいぐるみ。ちょっと珍しいタイプの翼グッズ。

EN LA LIGA












日いづる国のジョカトーレ


GOLDEN-23























DREAM FIELD


翼3109日
Road to 2002




























ワールドユース編




































小説





Recent Comments
アクセスカウンター
アクセス解析
人気blogランキング