2019年07月27日

第98話 ドイツの壁 ネタバレ&感想

レアルの久保建英選手の評価がうなぎ登りですね。
アセンシオが不幸にも前十字靱帯を痛めて長期離脱が決まったため同じポジションでプレイする久保選手と同じBチームのブラジル人ロドリゴのどちらかがトップチームに上げられる可能性が高いらしくもしかしたら本当に久保選手がレアルのトップチームに登録されるかもしれないみたいです。

とりあえず次のvsアトレチコ戦で十分な出場時間を与えて欲しいですし、そこで手応えを感じられるようなパフォーマンスを発揮してほしいものです。

『Ne laissey pas prendre la ball !』

第98話 ドイツの壁 あらすじ&感想

「でたァ!!」
「これは岬と日向のコンビプレイ!!」
「伝説の明和FC黄金コンビの合体技だァ!!」

(この一撃にかける!!)
(翼くんがカルツのマンマークにあっている以上ここはボクらが決める!!)

「いけェ!!」

日向のジャンピングツインボレーシュートが炸裂!
「岬くん 日向くん」
叫ぶ

「!!」
二人の渾身のシュートに対し、ミューラーは…

昔のあの特訓が脳裏をよぎる。
崖の上から大量に落とされる大岩。
その岩の中に隠されたボールを探し出しキャッチする特訓…。

それをこの右腕一本で敢行するしかない。
「ここだァ〜〜〜っ」
ミューラーはこの凄まじいブレ球シュートを右腕一本で弾いてみせた。

「くっ」
「くそっ」
「ナイス!!」
「ナイスだミューラー」
明暗分かれる表情の岬&日向とドイツの選手達。

この時アディショナルタイムは5分を切った。

「ふ〜〜〜っ 危ねェ」
ピンチを脱し笑みを浮かべるミューラー。

「でもまだコーナーキックだ 岬くん!!」
翼は険しい表情のままコーナーへ駆け出し岬を呼んだ。
「翼くん」
翼の意図を察した岬はすぐに翼の下へ駆け出す。

コーナーキックのボールの位置に走る翼と岬にカルツもすかさずマークに突こうとするが審判に制止される。コーナーキックにおいて相手の選手は10ヤード以上近付くことが出来ないからだ。

「まだAT(アディショナルタイム)は十分ある いこう 岬くん」
「うん」
ドイツの牙城を崩すため更なる攻撃を仕掛けんとする翼達。
「集中しろみんな 日本の猛攻はまだ来るぞ!!」
「おう!!」
一方のドイツも気迫でこれを迎え撃つ。

(おれたちの…)
(ボク達の…)
(コンビプレイで同点ゴールを狙おう!!)

日本は素早いショートコーナーを仕掛ける。
サイドから翼と岬による2人のコンビネーションプレイでゴールを狙いにいくつもりだ。

二人の攻撃を迎え撃つカルツに対し、岬が突進。ぶつかる寸前で反転するスクリーンプレイで翼からのパスを折り返す。
岬に遮られていたカルツは翼へのアタックにも行けずすぐに反転した岬にも抜き去られる格好に。
(しまった ボールと岬の動きに気を取られてしまった これが黄金コンビプレイ ボールなんか関係なくワシは翼のマークに付くべきだったんだ)

抜群のコンビネーションでカルツを抜き去った二人。
だがドイツも人数をかけて二人に襲いかかる。
それはまさになりふり構わない容赦ないチェック――
「おれたちが人数をかけて止める!!」
「これ以上の突破は…」
「絶対に許さねェ!!」
「くらえ〜〜っ」
「いけェ!!」
マックスゲーテマーガスシェスターハインがこの密集地帯で仕掛けるプレイ。

それはまさに“ドイツスライディング部隊”だ!!!
翼はハインとシェスターのタックルをジャンプしてかわしながらヨコの岬にパスを送る。
岬もゲーテのタックルをジャンプしてかわしながらパスを受け、着地。
そして小刻みなステップでマックスのタックルもかわした。

進軍する二人。
続いてマーガスも襲いかかるが岬から翼へ、翼から岬へワンツーを敢行。

マーガスのタックルをジャンプでかわし、岬は翼からのパスをシュートに持ち込もうとする。

(角度はないけどゴールが見えたらシュートを撃つ!! そして左腕を痛めているミューラーの左肩口は狙い目のはず…)

「よし ここだァ〜〜〜っ!!」
岬は思い切って左脚でジャンピングボレーシュートにいく!

しかしそこにシュナイダー!!

岬のシュートを斜めヨコ下から飛び出したシュナイダーが岬のシュートをブロックした。
左脚でブロックした後は残った右脚ですぐさま掻き出した。

シュナイダーが掻き出したボールは左サイド際、センターラインをも超え、近くにいたドイツFWのゲーテがまもなくキープしそうだ。
「くそっ まずい」
「ここは戻らねェと…」
ドイツはこのままカウンターを仕掛けるのか?
体力的にも辛いこの時間帯にキツい帰陣を強いられる日本。
アディショナルタイムは4分も切り、同点へのチャンスは、その回数は徐々に減らされていく…。

はたして日本は同点に追いつくことが出来るのか?


今回はここまで。



はい!
ここで暫く休載のお知らせが入りました(悲)。

次回が10/2発売のGJ21号掲載予定とのこと。
去年も同じくらいの時期に休載に入りましたね。

このクライマックス中のクライマックスに休載を挟まれるのは辛いところですが、ドイツ戦を最高の展開で締められるように充電出来るのなら管理人は我慢して待ちます。

岬と日向の予想外のコンビプレイは特に回想も入らずサラッと終わりましたね。
ヨコから攻める黄金コンビプレイはこれもブラジルvsドイツ戦でレオとぺぺがやっていましたね。

この終盤において、展開がブラジルvsドイツ戦とそっくりなのは意図的でしょうし、ならば同点シーンは日本のPKの可能性が高いですね。
でも日本の2点目がPKだったし、違う展開が用意されてるのか?

間違いなくどこかでブラジルvsドイツ戦と異なる展開に進んでいくハズですが、それが一体どのタイミングで起こるのか気になるところです。

ゆえにこの休載はショックですけど、この程度の期間なら管理人はもう慣れっこです(笑)
連載が再開されるまでこちらもしっかり充電したいと思います。


damdam167 at 01:48│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ライジングサン

























グッズ



キャプテン翼 ラミネートトレカ A

キャプテン翼 ラミネートトレカ A
価格:480円(税込、送料別)











































◆「スグ」「カンタン」にハイセンスルーム
フレーム要らずで、届いてすぐに飾れます。
◆空間を彩る立体的なキャンバス
ArtDeliは、本物のキャンバス、木枠を使用し、ポスターにはない厚みがあります。サイズ:30サイズ(30×30cm)カラー:ブルー。モデル:2016年春夏。




スペイン・リーガエスパニョーラ、バルセルナ、アートパネル。
キャプテン翼とこコラボモデル「2+8TSUBASA」シリーズ。
サイズ:30サイズ(30×30cm)
カラー:ホワイト
モデル:2016年春夏























































FCバルセロナのアクリルキーホルダー。
FCバルセロナとキャプテン翼のコラボアイテム。

2015-16シーズンデザインのユニフォームとエンブレムの2連チャーム。
「TSUBASA 2+8」が入った大空翼モデル。

キャプテン翼ファンにはたまらないコラボグッズです!




スペイン・リーガエスパニョーラ、バルセルナ、スマートフォンカバー。
定番のサポーターズアイテム。人気の手帳型タイプ。キャプテン翼とこコラボモデル「2+8TSUBASA」シリーズ。接着シートによる固定方式のため機種を選ばず、iPhone6/6s以外のスマートフォンにも対応。




FCバルセロナのオフィシャルiPhone6/6S専用カバー。
FCバルセロナとキャプテン翼のコラボアイテム。

15-16シーズンのユニフォームデザインを採用した、 「TSUBASA 2+8」が入った大空翼モデルモデル。
キャプテン翼ファンにはたまらないデザイン。




スペイン・リーガエスパニョーラ、バルセルナ、iPhone6用ハードカバー。
定番のサポーターズアイテム。キャプテン翼とこコラボモデル「2+8TSUBASA」シリーズ。

◆iPhone6専用

カラー:ネイビー
モデル:2016年春夏




スペイン・リーガエスパニョーラ、バルセルナ、iPhone6用ハードカバー。
定番のサポーターズアイテム。キャプテン翼とこコラボモデル「2+8TSUBASA」シリーズ。

◆iPhone6専用

カラー:ネイビー
モデル:2016年春夏




マグカップ以外にも、ペン立てや小物入れとして、インテリアグッズとしてもお使い頂けます。

※国内ライセンス商品

■カラー:ホワイト×ネイビー×レッド
■サイズ:高さ9.5×直径8.0cm
■素材:セラミック




スペイン・リーガエスパニョーラのFCバルセロナのオフィシャルグッズ。
FCバルセロナとキャプテン翼のコラボモデル。
「TSUBASA 2+8」が入った大空翼モデルのユニフォームを着たベアぬいぐるみ。ちょっと珍しいタイプの翼グッズ。

EN LA LIGA












日いづる国のジョカトーレ


GOLDEN-23























DREAM FIELD


翼3109日
Road to 2002




























ワールドユース編




































小説





Recent Comments
アクセスカウンター
アクセス解析
人気blogランキング