きょーみほんい

僕の面白がっていることです

近況報告

いろいろ、あたらしいこと

最近あったあたらしいことー。

まず、一番どうでも良いことから
朝事務所に行ったらビニール袋が置いてあり、「このYシャツをここのクリーニング屋に出しておいて下さい」との書き置きが。。。
ということで、事務所の誰もやったことのない雑用に手を染めてしまいました、笑。いつもかなり手広くやっているんですけれど

ちなみに事務所の近くの某有名デザイナーさんの妹さんがやっているお店で、Yシャツ一枚なのに1370円のクリーニング(゚∇゚ ;)エッ!?。自分なら一張羅のコートを思い切って出す値段です。。。


次に、テニスまた始めました。一年くらい前に運動しようと思ってガットを張っておいたまま放置してあったんですけれども。いや、厳密に言うと素振りには使っていたんで放置ではないですが。さすがに本物のボールを打たないままなんかの弾みで切れても悲しい(笑)。
千駄ヶ谷の東京体育館の横に「槙先生のデザインによる(←ココ重要)壁」打ちテニス場がありまして、気になっていたんです。
この壁、上の方に行くに従って不思議な曲線で前に迫り出してくるというモノ。テニス自体超久しぶりだったのでどうせボールもいくつかなくすだろうと踏んで、ボール12コも買って行ったんですが、この曲線の御陰で一つも紛失しませんでした。(´▽`)
大きな体育館の裏手にあるので意外とあまり知られていませんが、壁打ちの隠れた名所なのだそうです。
事務所の規則では一応平日でもやって良いことになっているはずですが、いまのところテニスは休みの日限定で、笑。続きを読む

鈴木先生退官記念講演

仕事を一時中断して、鈴木先生の退官記念講演に行ってきました。
講演があった福武ホールには初めて行きましたが、角度の緩い180名程度のとても良いサイズのホールで、話す人と聞く人の距離が小さく感じました。

補助席を並べても立ち見が出る程の超満員のそのホールで伊藤先生が司会進行役が始まり、難波先生が鈴木先生の経歴、仕事を簡単に紹介した後、鈴木先生が自身の辿って来た一通りのことを冗談を交えながらなごやかに話して行きました。
非西洋における近代を扱うことで近代を批判的に捉えようとしたこと。歴史を通して常に未来を見ようとしてきたこと。保存とその取り組み。

しかしまさか最後のスライドが地雷の写真だとは!笑
これはこれから「東大」という安全地帯を離れても、今まで通り戦って行こうという意志の現れなのですけれど。石山さんが「虎を野に放つようなもの」と言ったのに対応しているんでしょうか。

話す内容自体は鈴木研時代に聞いていた話も多かったのですが、他愛なさそうに聞こえるユーモアの中に学生時代には聞こえて来なかった鈴木先生の現代建築に対する鋭い批判を聞き取ったのは収穫でした。G.G.スコットの発電所の煙突は煙突としての機能は二本で十分なのに、美的な意識から四本にした話とか。堀口捨己の住宅の内開きの玄関には、扉の軌跡が分かるように点々と床の煉瓦の色が変えてある話、とかですね。

笑えるのにとても馬鹿だなぁとは思えないんですよね。これは恐らく、僕が東大を離れているからでもあるのでしょう。
論理による決定論に溺れ過ぎて、いままで積み重ねて来た美意識と対話することを忘れているのだよ、と言われているようです。

とにかくアカデミックな場で建築を学べたことを感謝した一日でした。
鈴木先生の今後のご活躍を心より願っております。



こみさん>もの凄い人だったのと現役世代はパーティ係で急がしそうだったのであまり長居せずに帰って来てしまいました。。。鈴木研の卒業生は卒論120数名、修論70数名、博論40数名みたいな感じらしいですけど、彼らのネットワークをつくれたら良いですよね。ちょっとメール等で聞いてみます。

2009年も始まりました

2009年も始まりましたね。
日本のお正月はすばらしいもので、花火が打ち上がって一瞬で終わるようなヨーロッパ式のものとは違って、心までも改めさせてくれるとても奥深い行事です。
あけましておめでとうございます。

というわけで今年もいつも通り、実家の実家@藤沢に戻って新年の行事をフルコースでこなしてきました。もちつき+年越しそば+紅白+ゆく年くる年+おとそ+おせち+お雑煮+初詣 .etc うちは昔からいつも伝統通り(?)やるんですけど、最近はどれが抜けても正月を祝った気がしないですねー(⌒-⌒)。
別に伝統を守るとか守らないとかそんな主張抜きに、行事はやっておいた方が良いと思います。気持ち入れ替わりますから。

それと、新年のバーゲンにも行きました。収穫には満足なのですが、服を選ぶ目も年々厳しくなって来てるので、時間がかかるのです(笑)。
予算の中で最大限のパフォーマンスを出そうと、どういう選択肢があるかを品定めするのに1時間半程度。お金を使う方針(予算配分)を決め、選択肢を試着したりして絞るのに1時間半。衝動買いは絶対に致しません。
遅い!自分でも呆れるくらいに遅い(笑)。ゆえにとても疲れます。だけど、無駄なものは絶対に買わない+後々まで満足度が高い。ふふふ

誰かと買いに行くと連れ回すのがめんどくさくて即決したりすることもありますけど、買ったあと後悔する可能性が高いので服は一人で選ぶに限ります!納得するものを買いたい一心でいちいち迷うので、ついてくるとイライラすると思います。。。
でもなんだかんだで途中で補正予算案が可決したので、予算をだいぶオーバーしましたよ。。。笑

というわけで今年もみなさま頑張りましょう。
個人的には資格をはじめとして設計の知識と技術をもっと磨くこと、プライベートな時間をもっと充実させること、が目標かな☆

ノーサイドの笛が

杉並コンペは青木さんに持ってかれました。
ほとんど審査内容に納得いっていませんが、終了後なので苦情とかそういうことは何も言いません。

今回は地下に埋めて地上にポコポコ出す案が2案(槙案、青木案)、基本的に地上に出して地上をメインに持って来たのが1案(北川原案)。
地上の10m案に対して体育館の高さを12.5m要求していることを考えると、地下にするのは区の公認とも言えます。そこを受け入れて造形したのが前者、敢えて法律の特例を使って地上に出したのが後者ということです。

ただ前者2案は似てるのでどっちが良いとも言い難い感じ。なので後者にコンセプト的な強さがあれば後者が選ばれやすく、それが説明できていないと外されやすい。

さてどうなったのかは推して知るべし(笑)。結局、大切なところを説明し尽くしていなかった、ということですかね。

疲れたからちょっと寝よう…と思ったら事務所から呼び出された…(笑) コンペの打ち合わせ?

モンスター現る

これまで平穏に進んでいたプロジェクトですが、その日々を揺るがす事態に遭遇しました。
というのはですね、「中高層建築における…(長いので中略)…紛争に関する条例」に基づいて、近隣説明会をやったんです。
こんなものが建ちますのでよろしく、という感じの、普通は大きな問題が何も起こらずに終わる会だと聞いていたんですけれども。。。

やっぱりこの記事は危険ですので内緒と言うことで。あーあ、なんとかなんともなく終わってくれないかなぁ

一級建築士試験前日。。。

さてはて。明日は一級建築士試験なる試験を受けに行きます。一応、本日なんとか試験範囲終わらせました。ぎりぎりで。むしろ無理矢理。
でも一問一答形式ばかりやってたので、つい最近まで四択だか五択だか知らず(ぇ)、明日解答用紙開けるまでマークなんだか番号書くんだか知らず(ぇぇ!?)

はぁ、どうなることやら。

でも!試験会場駒場なんです v( ̄∇ ̄)v びば古巣。
みしまのたこやき。。。生協書籍部。。。などなど危険な罠がいっぱい。

一級建築士試験を受ける人って、意匠設計やってる方だけじゃなくて構造とか設備とか現場の人とか、いろいろいるんで、時には職人ポイ人までいるんだとか。そのため、三日とか風呂入ってなさそうなすごい臭い人とかが存在するという噂です。
そういう人の近くに席が来てしまった時は最悪。全く集中できません。
万一に備えてファブリーズとか持って行こうかしら。

また、一次だけでも合格率は10%程度なので、隣の人の解答は(見えたとしても)書き写さない方が良いのだとか。とかとか

さてはて、受かると良いけど。。。実践形式の練習全然やってないんで、全く未知数。今回は自分の集中力に期待ということにしますか。

いざアメリカ

同期のこみが監理をしていたカフェのオープンハウス後、建築学科の同窓会的な飲み。出欠の返信が直前まであまり来なかったのでどうなることかと思いましたが、駆け込みも含めて意外と同期が多く集まりました。研修や海外から帰って来た人もいたりで、タイミング的にも良かったのでしょうか。
オープンハウスのようなイベントと抱き合わせでやったというのも良かったのでしょうね。
総勢20名。それでも1/3か。。。
それにしても、仕事をしているからなのか、みんな結構学生のときとは印象が違っていましたね。閉塞感がない感じ。生き生きしていると言うか。器が広がっていると言うか。もっとひとりひとりゆっくり話したかったなぁ。

そして、自分は明日からアメリカ旅行です。ニューヨークに一週間居座り、イェール大学やフィラデルフィアに日帰りで行ったりしながら、その後シカゴに二日。駆け足ですが楽しんできます。卒業後ながら卒業旅行(繰り越し分)。
働き始めるとほとんどそんな旅行には行けなくなるから、今のうちに行くべき!とみなさん言うものですから。。。

18日(金)に帰って来て、時差ぼけ調整期間として土日休み(笑)、21(月)から改めて設計事務所の生活に突入します!

新居@高円寺

3月のはじめから秘密裏に準備していた転居計画ですが、卒業式後数日引っ越ししたり部屋片付けたりで、やっと昨日から住める状態になりました。高円寺徒歩五分です。商店街から近過ぎ。職場の近いT君とルームシェアしてます。
四月くらいまで住まずに放っておこうと思っていたところ、事務所の花見の場所取り役@代々木公園を仰せつかり、
ぜひとも良い場所を確保しようということで高円寺で始発を待つことに。代々木公園は午前五時に開きますから(なぜ…)、始発に乗れば原宿に5時6分着。ふふふ

ということで近くの24時間営業西友で銀河高原ビールを買い込んでパソコンを立ち上げ、どこからともなく飛んでいる無線LANを拝借中(笑)。この調子ならインターネット申し込む必要もなさそうかな。

住んでるのは外から見れば狭い団地ですが、中はちゃんと改装されているという感じ。北と東に向いてるので多少割安なのかな。
高円寺は夜は多少雰囲気悪いけど、活気があって良い街です。商店街が網の目のように張り巡らされ、小さな街路が続いていく、なかなか東京にも珍しい街並。キル=ビルの撮影も高円寺でやったのだとか。
都市計画の手が付けられなかった土地です。そのために家賃が周辺より比較的安めで、アーティストとかも多い。まぁ、やくざも多そうですけどね。
まぁ、街路が狭いお陰で引っ越しも車を入れるのが結構大変でした。

さてさて明日早いのでシャワー浴びて寝ようっと。

卒業と束の間の休暇

コンペが終わって、約束通り一ヶ月程度のお休みをもらいました。コンペは一次に通っていれば今日事務所に連絡があるはずなのですが、自分にはいまだ来ず。
土日は留守電になっているのが常なので、連絡が取れてないだけだと祈りつつ。 (´▽`)

結果のいかんに関わらず、今日から一足遅い春休みです。
知り合い集めて卒業旅行か、と二月初頭までは思っていましたが…、とても四月初めじゃ人を誘うのもあれなので、一人で行くしかありません(笑)。

今日はさっそく急いで航空券を取りにいきました。
結構直前なので下手すると航空券が取れず、あげくの果てに旅行行けてないのがバレ、行かないなら仕事しようよ☆!と言われても萎えるので、逃亡するほうも必死です(′∀`)。
四月初めは年度始めだけあって日本全体が仕事!に向かっている時期らしく、結構安そうなチケットがありました。全日空のやつ、一枚だけ。

円高に便乗して、行き先はアメリカです。9泊なのでどこまで行けるか分かりませんが、今のところニューヨーク、フィラデルフィア、ボストンを一週間で見て、最後にシカゴをまる2日の予定です。
うわしかし、ほんとに可能なのか、この日程…。別に欲張ってる気はないのですが、ちょっぴりアメリカの広さを甘く見てる気がしてなりません。

ニューヨーク以外の目的はルイスカーンの建築を優先。シカゴでミースにライト。
効率よくまわれる方法が知りたい…。

学生の時に行きまくった旅はアメリカで終わり!

コンペ提出

事務所で手伝っていたコンペをようやく今日提出しました。最後は土日の二日間事務所に泊まり込みで作業してました。規則正しい生活してると夜眠くて眠くて…
そのかわり提出日の月曜日の午後は暇をもらいました。

コンセプトも案も結構自分が主導権を持ってつくりましたが、プレゼンの作業での能力が足りないのを実感しましたねぇ。提出間際に案を相当動かされたのもあって、プレゼンがまとまるかどうか心配だったのですが、所員の方がいっぱい手伝ってくれて、なんとか終わらせることができました。
学ぶものがまだまだ多そうです。反面、プレゼンのテクストの校正とか得意(笑)
AutoCADにも慣れなきゃなぁ。

あれ?卒業式があるということは、まだ学生なんだっけ?
Archives
プロフィール

tomo

Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ