きょーみほんい

僕の面白がっていることです

小旅行

Highlights in Chicago!

897db163.jpg最終日はシカゴ建築協会による「Highlights by BUS」というシカゴのツアーに参加してみました。シカゴの建築を効率よく回るお手頃なコースです。平日だったからか、わりと年配の人たちが多かったかな。
このツアー、なんというか、ガイドの人がスゴいのです。バスもそれなりのスピードで走っているんですけれども、彼はそのバスが通りかかった建築をもの凄い早さで解説していくんです(笑)。なにしろ密度高くありますし。
5秒くらいマイクが一時故障しただけで、「おぉ、あの1890年代の魅力的な建物が説明できなかった!!!」と冗談で悔しがっているくらいですから(笑)。

ループ(中心街)で降りたのが一回と、フランク=ロイド=ライトの名作ロビー邸、ミース=ファン=デル=ローエのイリノイ工科大学(クラウンホールなど)です。続きを読む

Chicago!

ecdba158.jpg早朝5時に住んでいるGreenpointまでタクシーを呼び寄せ、ニューアーク空港へ。この日は7時20分発の飛行機に乗ってシカゴまで移動しなければならないのです。
タクシーを呼んでおいた御陰で何も問題なくニューアーク空港まで辿り着きました。むしろちょっと早すぎたくらい(笑)。ユナイテッドエアラインは滞りなくシカゴに着き、乗客を降ろします。
シカゴのオヘアO'Hare空港からは地下鉄に乗って一気に市内へ出られます。空港も電車も綺麗で快適快適。小説でも読みながら。。。。

と思ったところ、周りの人ががやがやし始め、なにやら車掌が車内放送でぶつくさ言っています。
いはく「このブルーラインに不具合が出たため、運転をしばらく見合わせます。市内へはバスが走っておりますので、それで向かって下さい」とのこと。
な、なんだって!?ヽ(#`Д´)ノ続きを読む

マニアックにフィラデルフィア

richardsニューヨークから長距離バス「グレイハウンド」に乗ってフィラデルフィアへ。だいたい二時間の道のりです。
フィラデルフィアはニューヨークからの日帰りで制覇しようと言う今回のもくろみ。それにしては結構マニアックなところを回って来ました。

フィラデルフィアはアメリカ建国当初からの古い街なので街を歩いてもそれなりに見るところはあるのですが、
フィラデルフィアに着くなりそそくさと郊外電車に乗り込み、30分程かけて近郊の街チェストナットヒルへ。ここにはある住宅が二つ同じような場所にあるはずなのです。続きを読む

エンパイアステートにゃ登るべからず

isamunoguchiまぁつまり登ってしまったんですけれども。
昨日のニューヨークが気温が23度まで上がってすごくあったかかったので、油断していたところ、今日は最高が14度。・゚(゚`Д)゙。コートを持っていくべきだった…。
そんな日曜日。まずはじめにイサム=ノグチ美術館へ。地下鉄が工事中でなかなか来ない上に遅れ、ようやく10時に着いたものの、美術館開館が11時だったのでブランチしながら待ちます。
しかし、イサム=ノグチはやっぱり良いですね。彼は作為と無作為の間を行こうとする日本的な感性でモダンな彫刻をつくっています。芸術は完全に一人で作り上げるものではなく、それまでにつくりあげられたものの上に成り立つものです。
ほとんどの芸術家は「自分の作為」(すなわち芸術にこめるメッセージ性など)しか見ないところを、イサム=ノグチは芸術の中の「それまでに築き上げられて来ているもの=(自分ではないもの)」を見ようとしています。
それがすごいと思うのです。その点でノグチの彫刻はどれもモノとしてユニークでいられるのです。続きを読む

休日はやっぱりNY

manhattan借りているアパートの持ち主の彼氏がNYで建築を勉強しているということで昨晩だけで無駄に仲良くなり、今日は午前中だけマンハッタンのチェルシーにあるギャラリーを見学。「Attention to Detail」(訳:細部への注意)という展示でいろいろなアーティストが作品を展示しています。フューチャーシステムズの趣味の悪いエントランスで有名なコム=デ=ギャルソンも近かったので見学して、The Parkというレストランで食事。
やっぱりそこに住んでいる人と行動すると、街の見方も違っていて面白いですよね。

それから一人でメトロポリタンミュージアムへ。例によって笑顔で1ドルを差し出して、無事受理されましたとさ。しめしめ(´∀`)続きを読む

NYではユニクロがアツイ

48d27c76.jpgこの日はニューヨークに留まって、散策です。
まずはお馴染みカタツムリ状のグッゲンハイム美術館から。大建築家フランク=ロイド=ライトの代表作ですね。しかし、この建築現在リノベーション中ということで外壁は見られない上に、内部もトップライトは塞がっている上に、エレベーターは使えず(注:グッゲンハイムはエレベーターで登ってぐるぐる降りるのが醍醐味として知られています)、さらにさらに常設展はどこかに逃げてしまっているということで、グッゲンハイムの30%しか楽しめた気がしません(笑)。
中国のアーティストによる企画展でぐるぐると占領されています。
ねぇ、それで18ドルってボられてない?

あとで聞いたところに寄ると、寄付Donationという名の美術館潜入行為があり、グッゲンハイムも金曜日だけは1ドルで入れるそうな。ただもちろん、どこにもそんな看板は出てないので知っている人だけが入れると言うことです。
ちなみにメトロポリタンミュージアムはいつでも寄付可能で1ドルで入れます(通常は20ドル)。続きを読む

イェール大学

yalekahn1ニューヨークから電車で2時間程。ニューヘイブンにあるイェール大学にやってきました。目的はもちろんルイス=カーンです。
建築を始めてからこの方、とにかくルイス=カーンが大好きで、作品集はもちろん2冊持っているだけでなく、携帯のメールアドレスにも彼の有名な言葉「煉瓦はアーチになりたがってる」が採用されているほどです(笑)。
イェール大学には彼の処女作、イェール=アート=ギャラリーと、最晩年の作イェール英国美術センターがあります。いやぁ、相当期待していたのですけれども、それでも期待以上でしたね。
これだけスキがなく、ディテールまで考えぬかれている建築というのはほとんど見たことがありません。そしてプランニングもプライバシーが必要なところと開くところとの差に気を配っていて、使っていて心地良さそうです。
アメリカの建築は施工精度があまりよくないのですが、カーンはその雑さをプレキャストで克服し、非常に綺麗な精度に仕上げています。続きを読む

MoMAに行こう

MoMAニューヨークのMoMAと言えば、すなわち現代アートのパラダイスのようなところですが、建築としても最近谷口吉夫さんが新しく設計し、話題となりました。
その証拠に平日だというのに開館30分前からチケット売り場で行列が出来ていました。ε=ε=(;´Д`)
ま、入場料のあまりの高さに、初めて学生じゃないことを恨めしく思ったわけですが(笑)。シカシ、谷口さんらしく、シンプルで明快な美術館でしたよ。
中庭が思い切り開いてて気持ちいいです(写真)。ニューヨークにはない感じで。
さて、この建物は既存建築の改修だ、(すなわち専門領域!)と聞いていたので楽しみにしていたのですが、どこを見ても古さなどかけらも感じられず、新築以外の何物でもありませんでした。。。続きを読む

20年ぶりのニューヨーク!

miesvanderroheということは前回は5歳程度ということです…(笑)。当時についてほとんど記憶はないのですが、それでも少し覚えているのは、飛行機が死にそうに長かったこと。と、今はなきワールドトレードセンターに登って下を見下ろした瞬間。うわ、人がアリンコ以下だ!と

今回のフライトはよりによって大雨で風の強い日、飛ぶのかどうか気が気じゃなかったのですが、成田空港ほぼ時間通り運行していました。おぉ、すばらしい。これくらいの雨じゃ運行に支障はないんだな。と直前まで感心しておりました。
飛行機の中は短編小説が良い気がしたので、村上春樹の短編を空港で買って、さて準備万端。

ニューヨーク行きの全日空機もほぼ時間通りに搭乗し、離陸準備に入ります。
キュィーーーーン(すごい加速度)。。。
飛行機のフライトは脚がやたらくたびれるので嫌いなんですが、この離陸の時はバイバイ日本!(または別の国)って感じで意外と好きなのです。

。。。と思ったら飛行機は何事もなかったかのようにそのまま滑走路を走っています。なんだΣ(・ω・ノ)ノん?

機長いはく「おそらく強い横風の影響でエンジンに不具合を示す信号が出ましたので、離陸を一時取りやめました」とのこと。「念のため点検するのでしばらくお待ちください」とも続きを読む

Lightful till 8:30 in Germany

Ja! I am in Heidelberg! and finally find out Internet Cafe.
I visited Frankfurt am Main, Koeln, Essen, Duisburg, Doesseldorf, Aachen und Heidelberg.
I put my suitcase in the airport.
My targets are often not so famous that information people do not know without telling its address...
I asked the Information at the first day,
"Where is former Schrauben Fabrik(Neji koujou), that is renovated recently! in Offenbach am Main ??"
Info: "there are so many buildings renovated, so I don´t know!!"

Ja, that is right. almost all the buildings are renovated. So I tried to look for that at that site. And asked the same thing to man in the city history museum...
He said, "Ah! that is a little bit far from here. You should run! " and he gave me the address. I went there by bus all the way(it is too far to go by foot)
But! different one! which is surely used as a museum, though.

that was my first day in Germany...
and now I found out these address in the internet. I will go tomorrow.
Archives
プロフィール

tomo

Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ