ダメモト_ルービックキューブ_解法

ルービックキューブをパソコンで、解いてみたい。

ごめんなさい、いま、こんなことを始めちゃっています・・・

ごめんなさい、いま、こんなことを始めちゃっています・・・

HTMLの遊び方ー例ー

そんなことのせいか、ちょっと、こちらのサイトの内容で、

次の一手のグッドアイデアが浮かんで来ません。 

気分屋!

私の性格が、いま、わかったような気がします。

そんなことで、ちょっと、お休みをさせていただきます。


ただ、

このルービックキューブを、

ギチギチと、10回、いじくったところまでの解き方を、

作ったとします。

そして、出てきた回答の通りに、もとに戻す操作をしていく中に、

間違った操作が1つでも入ってしまうと、

10回を超えた、ギチギチの設問が、出来上がってしまうことになります。


ということは、あらゆる可能性のある組み合わせからの解き方が出来ないと、

このパソコンでの解き方は完成しないことになります。


では、それが出来たとして、

このサイトで、すべての色の組み合わせの解答例を載せることができるものなのだろうか、

それを、載せることが出来たとして、

そんな膨大な情報の中から、

たったひとつの回答を検索する方法があるのだろうか。


そこら辺のことも、解決しないと、完成はしない・・・、

ダメモト_ルービックキューブが、

ダメモト_ルービックキューブで終わってしまう ?


なんか、方向性だけは、作ってみたいとは、

考えています、デス。




 

まだ、あきらめちゃいませんが・・・-3

大量のデータを入れるために、

200個のファイルを、あっという間に作っちゃいました。

そうった具合で、かなり、贅沢に、データを作っては、取り込んでいました。

そのファイルを入れたmicroSDHC32Gの、容量の使用具合を見てみました。


J























すると、

63,111,168÷32,005,685,248=1.98%

なんと、まだ、2%までも、使っていないのでした。

超大量のデータを扱っても、びくともしない環境を、

私たちは、すでに、手に入れていたのでした。

パソコンもそうだし、HDDもふくめて、何もかもです。


50年前に、すでに大活躍をしていた、スタンドアロンの大型計算機、

これが、あまりに高価なものなので、

当時の上場会社であっても、レンタルで使用するのが常識でした。

その電子計算機は、いまのノートパソコンと比べると、まるで、お粗末な性能であったことなど、

にわかには、信じられないくらいです。

こういうのを、隔世の感を禁じ得ないと言うのでしょうね。



で、今回は、折角作ったファイルは、中身を変えることで、

活かして使いたいと思いました。

そこで、各ファイルのトップのデータに、データとしてはありえない数字、

ここでは、9,999,999 つまり、9999999 の数字があれば、

そのファイルの中には、データなし、とすることにしました。

データゼロ
















<ALL THE FILE CLEAR
VC#=9999999 :<END MARK
VA#=40
repeat
  VA#+
  L [A#] :R
  XL 1
  V1A=C# :R
  W1
until A#=240

 

33)まだ、あきらめちゃいませんが・・・-2

今度は、

大きなファイルを分割するプログラムを作ってみました。

まず、1万件のデータを有するテストデータを作ってみました。

XF[Enter]で、この場面が出てきます。
F1















項目の長さを決めて、区切りのマークを入れます。
(それが数字の場合は[#]、文字の場合は[$]。)

項目に名前を入れる時は、そのマークの間に、文字を入れるだけです。


この表の数字に、3桁ごとに[,]を入れたかったので、

XU[Enter]で、この場面です。
F2















[#]と[,]を入れます。

(もちろん、[.]を入れれば、少数を表示することもできますけど・・・。)

そのうえで、

XL 10000[Enter]で、1万件の長さのファイルが出来ました。

そして、出来上がったファイルに数字を入れます。

NA[Enter]です。
1万件11万件2
(もし、偶数だけの数を入れたければ、NA 2,2[Enter]ですし

 NA 1,2[Enter]で、奇数だけを入れることもできます。)










さて、出来上がった1万件のデータは、50件づつに分割をして、

F1から始まって、F200までの、200の名前をつけて、

ファイルをNo.40からの位置に、登録をしました。
1万件3















1万件4















1万件51万件6














1万件81万件9














<複数FILE調整作業用
VY#=50 :<調整区分け数
L "TESTDATA10000" :R
XN "TESTDATA1XXXX" :R :W1
VX#=SYS("LINE")
VN#=40 :<File Number
VA#=0
repeat
  VA#+
  L "TESTDATA1XXXX" :XL [Y#] :R
  Vn$=STR$(A#)
  XN "F[n$]" :R
  VB#=A#+N# :W2,[B#]
  L "TESTDATA1XXXX" :C 1,[Y#] :* :R :W1
  VZ#=SYS("LINE")
until Y#>Z#
<RINJI
L "TESTDATA1XXXX" :R
VW#=1A
if W#<>0
  VA#+
  Vn$=STR$(A#)
  XN "F[n$]" :R
  VB#=A#+N# :W2,[B#]
endif

続きはこちらです。
記事検索
ギャラリー
  • まだ、あきらめちゃいませんが・・・-3
  • まだ、あきらめちゃいませんが・・・-3
  • 33)まだ、あきらめちゃいませんが・・・-2
  • 33)まだ、あきらめちゃいませんが・・・-2
  • 33)まだ、あきらめちゃいませんが・・・-2
  • 33)まだ、あきらめちゃいませんが・・・-2
  • 33)まだ、あきらめちゃいませんが・・・-2
  • 33)まだ、あきらめちゃいませんが・・・-2
  • 33)まだ、あきらめちゃいませんが・・・-2
  • ライブドアブログ