中学教諭、国道246号を126キロ走行…戒告
読売新聞 2014年05月28日 11時33分

 静岡県教委は26日、乗用車を運転中に66キロのスピード違反をしたとして、県東部の公立中学校の男性教諭(55)を戒告の懲戒処分とした。
 発表によると、教諭は休日だった4月29日午前7時20分頃、御殿場市の国道246号で、制限速度を66キロ上回る時速126キロで乗用車を走行させた。道交法違反で今月8日に沼津簡裁から罰金10万円の略式命令を受け、納付したという。