教師不祥事列伝

淡々と記録していきます
日頃人権にうるさい市民活動家たちは、政治家や警察に自衛隊の動向ばかり監視せず、学校教師の言動も監視してください。
それができないのは、その活動がニセモノだからです。
2013/5/22追記
114.155.192.95からのコメント書き込みはブロックさせていただきます。 どうか新しいお仕事を見つけて下さい。

2009年05月

校内マージャンや就学援助費流用で教師ら処分 横浜市教委

校内マージャンや就学援助費流用で教師ら処分 横浜市教委
2009.5.28 16:07 産経新聞


 横浜市教育委員会は28日、学校内でマージャンをしたとして、市内の中学校に勤務する男性教諭4人を戒告処分にした。また、生徒に給食費などを援助する「就学援助費」を流用したとして、市立盲特別支援学校の女性事務職員(53)を懲戒免職処分にした。

 市教委によると、男性教諭4人は平成16年から20年まで、横浜市港北区の中学校の視聴覚室で20回程度、マージャンをした。いずれも休日でパイは教諭が持ち込み、その場で食べる菓子などの飲食代として毎回約6000円を賭けていた。

 事務職員は19年から20年に、当時勤務していた横浜市旭区の小学校で、就学援助費約380万円を息子の生活費と借金に流用。穴埋めするため自分の期末手当や親族から借金をし、援助費支給対象の生徒の保護者に振り込んでいた。

5年生男児に行き過ぎ指導 太田市立小教諭

5年生男児に行き過ぎ指導 太田市立小教諭
2009年5月29日 東京新聞

 太田市の市立小学校で今月中旬、五年生の男児(11)が担任教諭から足をけられるなどされ、けがはなかったものの、それ以来登校できないでいることが二十八日分かった。市教育委員会学校指導課は「指導に行き過ぎがあった」とし、学校側が謝罪している。

 保護者や市教委によると、十三日、校内の保健室で耳鼻科検診の際、男児が足の巻きづめが出血したことに驚いたところ、担任は「騒ぐな」などと注意し、足をけり、背中を平手打ちするなどした。同課は「保護者や男児に謝罪し、また登校できるように対処するよう学校側に伝えた。必要があれば(担任らの)処遇を検討したい」としている。 (川口晋介)

小学教諭、ウニ密漁で減給処分=北海道

小学教諭、ウニ密漁で減給処分=北海道
2009年05月27日19時19分 時事通信

 北海道教育委員会は27日、ウニを密漁したとして、苫小牧市立小学校の男性教諭(46)を1カ月の減給処分にしたと発表した。
 道教委によると、教諭は昨年8月17日午後0時45分ごろ、伊達市内の海岸で漁師ではないのにエゾバフンウニ7個を取ったところを海上保安庁の職員に見つかり、漁業法違反の罪で苫小牧簡裁から略式命令を受けた。罰金5万円は既に納付済み。同教諭は「自分で食べる程度は取ってもいいと思った」と話しているという。(了)

教え子にわいせつ 浜松市教委が市立中教諭を懲戒免

教え子にわいせつ 浜松市教委が市立中教諭を懲戒免
2009/05/30 08:13 静岡新聞


 浜松市教育委員会は29日、部活動の教え子の女子生徒にわいせつな行為をしたとして、市立中学校の男性教諭(49)を懲戒免職処分にしたと発表した。同校校長(54)と当時の教頭(51)も訓告処分とした。
 市役所で会見した高木伸三教育長は「児童生徒や市民の学校教育に対する信頼を著しく失わせる行為。2度と起こらないよう綱紀の厳正保持を徹底します」と陳謝した。市教委は6月1日に市内の小中学校長を集めた臨時校長会を開き、各校で再発防止策を検討させる方針。
 市によると、男性教諭は平成19年12月ごろから20年3月までの間に6回にわたって、校内の相談室などで、女子生徒に対し服を脱ぐよう促し、胸を触ったりしたなどとされる。
 女子生徒が通っている高校の担任に相談して発覚した。市教委の調査では、これまでにほかの生徒への被害は確認されていないという。

中学校内でマージャン、男性教諭4人を戒告処分-横浜市教委

中学校内でマージャン、男性教諭4人を戒告処分-横浜市教委
2009年05月29日 13:00更新 IBTimes


 横浜市教育委員会は28日、中学校内でマージャンをしたとして、市立中の男性教諭4人を戒告処分とした。

 市教委によると、4人は2004年から08年まで計約20回、市立日吉台西中学校の視聴覚室でマージャンをしていた。

 4人がマージャンをしたのはいずれも休日で、毎回菓子などの飲食代約6,000円を賭けていたという。

相馬農業高飯舘校の元教諭わいせつ:被告に懲役6月求刑−−地裁 /福島

相馬農業高飯舘校の元教諭わいせつ:被告に懲役6月求刑−−地裁 /福島
2009年5月28日16時1分配信 毎日新聞

 担任の生徒に自慰行為を見せたとして、県青少年健全育成条例違反の罪に問われた元相馬農業高飯舘校教諭、紺野広史被告(30)=南相馬市原町区=の初公判が27日、福島地裁(岡野典章裁判官)であった。紺野被告は起訴内容を認め、検察側は懲役6月を求刑して結審した。
 起訴状などによると、紺野被告は今年1月5〜28日に計4回、自分の乗用車や校内で、男子生徒2人に、18歳未満と知りながらわいせつな行為を見せたとされる。
 検察側は論告で「担任と生徒という特殊な関係で、性欲を満足せるため地位を振りかざした」と主張。紺野被告の代理人は、被害者に謝罪文を書くなどし「行為を後悔している」と執行猶予付きの判決を求めた。【神保圭作】

5月28日朝刊

小2女児に暴行の教諭を逮捕 千葉

小2女児に暴行の教諭を逮捕 千葉
2009年5月30日7時56分配信 産経新聞

 小学生にわいせつ行為をしたとして、千葉中央署は29日までに、強制わいせつ容疑で県立高校臨時教諭の中田流宇(るう)容疑者(28)=千葉市中央区弁天=を逮捕、千葉地検に送検した。

 同署によると、中田容疑者は「小学生を見かけ、衝動的にやった」と容疑を認める供述をしているという。同署の調べでは、中田容疑者は4月15日午後4時ごろ、同市中央区のアパート敷地内で、小学2年の女子児童(7)に対し「ちょっとこっちに来て」などと話しかけた上、わいせつ行為をした疑いがもたれている。県教委によると、中田容疑者は今年4月1日から最長1年の契約で県内の公立高校に勤務。県教委は「県民の皆様に深くおわびしたい。事実関係が確認でき次第、厳正に対処する」とコメントした。

225万円着服で高校教諭を懲戒免職 静岡

225万円着服で高校教諭を懲戒免職 静岡
2009年5月30日8時2分配信 産経新聞

 静岡市教育委員会は29日、県吹奏楽コンクールのチケット売上金など計約225万円を不正に着服したとして、県高校吹奏楽連盟の事務局長を務めていた市立高校の男性教諭(50)を懲戒免職処分にした。

 市教委によると、教諭は平成18〜20年にかけて、同連盟が外部に販売を委託していた吹奏楽コンクールのチケット売上金約163万円を自分の口座に振り込ませていた。また、同連盟が支出した事務局活動費約31万円とパソコン購入費約30万円も着服していた。

 チケット販売会社から売上金の振り込みがないのを不審に思った会計担当者が確認し、発覚した。教諭は私的に吹奏楽関係者と懇談するため、名古屋への旅費などに充てていたという。

高校教諭、酒気帯び運転で逮捕=交差点で衝突事故−福島県警

高校教諭、酒気帯び運転で逮捕=交差点で衝突事故−福島県警
2009年5月30日13時16分配信 時事通信

 酒気帯び運転をして、交差点で衝突事故を起こしたとして、福島県警会津若松署は30日、道交法違反の疑いで、県立会津工業高校教諭稲本可文容疑者(58)=会津若松市北会津町上米塚=を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、同日午前3時45分ごろ、酒気帯びの状態で車を運転し、同市金川町の市道交差点で右から進行してきた乗用車と出合い頭に衝突した疑い。
 同署によると、現場には押しボタン式信号のある横断歩道があり、稲本容疑者側に一時停止の標識が設置されていた。けが人はなかった。容疑者は山菜採りに行く途中で、「29日夜に自宅でウイスキーの水割りを飲んだ」と話しているという。 

独協医大も学位謝礼 教授34人に計4100万円

独協医大も学位謝礼 教授34人に計4100万円
2009年5月29日15時27分配信 産経新聞

 独協医科大(栃木県壬生町)は29日、博士号の学位論文審査にかかわった教授34人が大学院生らから現金や商品券の謝礼を受け取っていたことを明らかにした。期間は平成13年1月から20年3月、総額は約4100万円に上るという。

 同大によると、金品の授受は関東信越国税局の税務調査で判明。昨年末から行った学内調査で、教授63人のうち34人が授受を認めた。謝礼金は1人当たり1万〜10万円が多く、最高額は1人30万円だった。授受は論文審査後で学位審査への影響はなかったとしている。

 同大は「学位の品を損なう事態に至り、深く反省している。コンプライアンス委員会などを中心に、学位審査にかかわる金品授受の禁止などルールを明確化する」と話している。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Categories
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ