教師不祥事列伝

淡々と記録していきます
日頃人権にうるさい市民活動家たちは、政治家や警察に自衛隊の動向ばかり監視せず、学校教師の言動も監視してください。
それができないのは、その活動がニセモノだからです。
2013/5/22追記
114.155.192.95からのコメント書き込みはブロックさせていただきます。 どうか新しいお仕事を見つけて下さい。

2017年08月

いわきの30代高校教諭が盗撮 スマホで女性のスカート内を(福島)

いわきの30代高校教諭が盗撮 スマホで女性のスカート内を
福島民友新聞 2017/8/31(木) 12:02配信

 県教委は30日、いわき市の県立高に勤務する30代の男性教諭が今月25日、郡山市内のディスカウントストアの店内で、女性のスカートの中をスマートフォンで盗撮したと発表した。
 教諭はほかにも複数回にわたり、女子高校生を含む不特定の女性を盗撮したことを認めており、県教委は早ければ9月の定例会で教諭の処分を決定する。
 県教委によると、教諭は25日午後5時ごろ、帰宅途中に立ち寄ったディスカウントストアで、女性のスカートの中を動画で盗撮した。
 店員が発見し、通報を受けた郡山署が事情聴取したところ、盗撮を認めたという。
 教諭は県教委の聞き取りに対し、昨年秋以降、女子高校生を含む複数の女性への盗撮を認めた。
 教諭は、盗撮したのはいずれもディスカウントストアなどの店舗内で、学校で盗撮したことはないと説明し「仕事や職場の人間関係にストレスを感じてやってしまった。大変申し訳ない」と話しているという。
 教諭は2015(平成27)年度に採用されて以降、現在の高校に勤務。26日から自宅待機している。

補習でわいせつ 市立中の元教師に有罪判決(和歌山)

補習でわいせつ 市立中の元教師に有罪判決
朝日放送 2017/8/31(木) 12:51配信

和歌山市立の中学校で補習授業中、女子生徒にわいせつ行為をしたとして、県条例違反の罪に問われた元男性教師の裁判で、和歌山地裁は執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。

判決によりますと、50代の元男性教師は今年5月、勤務する中学校の補習授業中、女子生徒の背後から胸を触るなどのわいせつ行為をしました。和歌山地裁は、「教師の立場を利用し、悪質で卑劣」として、懲役1年6ヵ月・執行猶予3年の判決を言い渡しました。元教師はすでに、今月4日付で懲戒免職となっています。


わいせつ行為教諭を懲戒免職処分/和歌山
テレビ和歌山 2017/8/4(金) 21:00配信


わいせつ行為の教諭免職 補習中に背後から胸触る
ニッカンスポーツ [2017年8月4日19時17分]

懲戒免元教諭の上告を退ける 教え子と性的関係 /福島

懲戒免元教諭の上告を退ける 教え子と性的関係 /福島
毎日新聞2017年8月30日 地方版

 教え子とみだらな行為をしたとして懲戒免職処分を受けた元県立高校教諭(65)が処分の取り消しなどを求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は元教諭の上告を退ける決定をした。25日付。取り消しを認めず、元教諭の逆転敗訴とした2審判決が確定した。

 確定判決によると、元教諭は県立石川高校に勤務していた1986〜89年、顧問だったハンドボール部の女子生徒と性的関係を複数回持った。生徒が2012年2月、県教委に告発。同年6月に懲戒免職処分となった。

 1審の福島地裁は20年以上前の行為で処分は重すぎると判断。処分を取り消した。2審の仙台高裁は「県民の学校教育に対する信頼を根底から覆す悪質極まりない行為で、処分は適法」と指摘。男性の逆転敗訴判決を言い渡した。


20年前淫行の「教諭懲戒免職は適切」と判決 河北新報 2016/12/1(木) 11:12配信

懲戒取り消し、福島県が控訴へ 元教諭わいせつ訴訟で福島民友 2016年06月16日 08時41分

わいせつ元
教諭の懲戒免職処分を取り消し 福島地裁判決福島民友新聞 2016年6月8日 11時23分配信
裁判長は判決理由で、元教諭が勤務先の高校の女子生徒と3年間にわたり、わいせつな行為を繰り返したのは「公教育に対する信頼を著しく失墜させた」として懲戒処分の理由になると指摘。一方で、生徒の卒業後に慰謝料50万円を支払ったことや、男性がその後20年以上にわたって教員として懲戒処分などを受けることなく勤務していたことを考慮すれば「懲戒免職は社会通念上著しく妥当性を欠いた処分で裁量権の乱用だ」と結論付けた。


みだらな行為:生徒に3年間、60代教諭を懲戒免 /福島毎日新聞 2012年6月16日(土)13時9分配信
県教委は15日、昔の勤務先の高校で女子生徒に対し3年間にわたってみだらな行為をしたとして、現在県中地区の県立高に勤めている60代の男性教諭を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。今年2月、元生徒からの被害申告が県教委にあり発覚した。
 県教委によると、男性教諭は校内や女子生徒の自宅で複数回、性行為に及んだ。教諭は違法行為と認識しながらも「生徒から相談を受けるうち関係が生じた」と恋愛のような感情を持っていたと説明。元生徒側は「当時は未成年で思慮が足らなかった。今は精神的苦痛を感じている」と話しているという。教諭は約1カ月前から自宅待機。県教委は行為の時期について明らかにせず「数年前ではない」と説明している。

<仙台中2自殺>市いじめ再調査委 来月23日に初会合

<仙台中2自殺>市いじめ再調査委 来月23日に初会合
河北新報 2017/8/29(火) 15:54配信

 仙台市泉区の南中山中2年の男子生徒=当時(14)=が2016年2月に自殺した問題で、市は28日、いじめ防止対策推進法に基づき、市長が設置する第三者機関「市いじめ問題再調査委員会」の初会合を9月23日に開くと発表した。

 委員会のメンバーは、任期2年の常任委員が県内外の社会福祉士、大学教授、弁護士ら4人。このほか、男子生徒の遺族が推薦した県外の弁護士、精神科医、教育学者の3人が臨時委員として協議に加わる。

 委員会は初会合で正副委員長を互選し、郡和子市長から再調査の諮問を受ける。男子生徒の自殺を巡っては、奥山恵美子前市長が市教委の調査結果を受け、再調査の方針を決めていた。



最近の仙台市の中学生の自殺は、複数あるうえ亡くなった生徒の名前も当然出ないので、混乱を避けるため以下に整理します。


仙台市青葉区の折立中2年の男子生徒(13)が2017年4月にマンションから飛び降り自殺。
市教委は4月29日の記者会見でいじめの存在を否定したが、5月1日になって大越裕光・市教育長が「過去にいじめがあったことは事実」と認めた。


<仙台中学生自殺>第三者委開催めど立たず河北新報 2017/8/10(木) 12:40配信

<仙台中学生自殺>仙台市議会が特別委設置へ河北新報 2017/6/21(水) 10:45配信

<仙台中学生自殺>生徒アンケ 具体的な悪口記述 河北新報 5/24(水) 11:20配信

<仙台中2自殺>保護者絶句 「まさか先生が」 河北新報 2017/5/20(土) 10:03配信

<仙台中学生自殺>教室で転倒 手首骨折 河北新報 2017/5/2(火) 11:45配信

中2男子飛び降り自殺=いじめ調査に「無視された」−仙台 時事通信 2017年04月29日17時43分


仙台市泉区の市立中2年の男子生徒=当時(14)=が2016年2月にいじめを苦に自殺。
教師たちは同級生たちに、亡くなった生徒とのLINEの履歴の削除を命じる。


中2自殺「いじめが一因」 仙台市専門委、答申に盛り込む方針 産経新聞 2017/3/3(金) 7:55配信

<仙台中2自殺>市側「専門委で調査継続」 河北新報 2017/1/22(日) 11:51配信

<仙台中2自殺>調査不十分 両親が抗議文 河北新報 2016/12/29(木) 11:08配信

<仙台中2自殺>学校、LINE履歴削除指示 河北新報 2016/12/29(木) 11:09配信

<仙台中2自殺>第三者委 生徒50人聞き取りへ河北新報 2016年4月28日(木)15時3分配信


仙台市泉区の館中1年の男子生徒=当時(12)=が2014年9月、いじめを苦に自殺。
学校はクラスメートらに「彼は転校した」と虚偽の説明をしていた。
市教委は2017年3月27日、当時の担任だった女性教諭を訓告、当時の教頭を口頭厳重注意、菅原光博校長(60)を戒告の懲戒処分。
生徒の自殺から2年半も経ってからの処分で、当時の生徒たちは卒業し校長も定年退職となる。


<仙台いじめ>校長の対応不十分 戒告処分 河北新報 2017/3/28(火) 10:55配信

<仙台中2自殺>調査不十分 両親が抗議文 河北新報 2016/12/29(木) 11:08配信

<仙台中2自殺>学校、LINE履歴削除指示 河北新報 2016/12/29(木) 11:09配信

<仙台いじめ自殺>首長と教委 権限曖昧 河北新報 2016年3月31日(木)11時40分配信

<仙台いじめ自殺>教委対応不透明 不信招く河北新報 2016年03月30日水曜日

<仙台いじめ自殺>調停 加害生徒側が欠席 河北新報 2016年02月19日金曜日

<仙台いじめ自殺>生徒間のからかい常態化 河北新報 2016年3月10日(木)12時19分配信

<仙台いじめ自殺>市と加害生徒らに調停申し立て河北新報 2016年2月9日 10時11分配信

<仙台いじめ自殺>学校関係者も聞き取りへ河北新報 2016年1月22日(金)11時6分配信

<仙台いじめ自殺>市教委が生徒らに説明へ河北新報 2015年10月4日(日)10時21分配信

<仙台いじめ自殺>市側対応に批判続出 河北新報 2015年9月30日(水)13時22分配信

<いじめ自殺>中学近くに献花台 区役所は撤去求める 仙台 毎日新聞 2015年9月22日 21時46分配信

<仙台いじめ自殺>説明責任果たさぬ学校 河北新報 2015年8月29日(土)9時30分配信

<仙台いじめ自殺>学校、生徒に虚偽説明か河北新報 2015年8月23日 10時20分配信

仙台、いじめで中1自殺 第三者委「学校対応に問題」 産経新聞 2015年8月22日 7時55分配信


一応、いじめ窓口も作られた仙台市教育委員会のサイトはこちら

100m走100回以上で熱中症、硬式野球部コーチを処分

100m走100回以上で熱中症、硬式野球部コーチを処分
TBS News i 2017/8/28(月) 20:43配信

 岐阜県美濃加茂市にある私立美濃加茂高校硬式野球部の2年生の男子生徒が今月16日、練習中にコーチの指示で100メートルを100回以上走った後、熱中症で倒れ、1週間入院していたことがわかりました。

 学校によりますと、男子生徒は試合の内容が悪かったことなどを理由に26歳のコーチに指示されて走り、呼吸困難を起こして倒れ意識がもうろうとした状態で救急搬送されました。

 男子生徒に後遺症はないということですが、学校は「体罰に近い行き過ぎた指導だった」として、このコーチを無期限の指導停止処分にしました。(28日18:43)

教え子に傷害容疑 塾講師の男を逮捕 旭川

教え子に傷害容疑 塾講師の男を逮捕 旭川
北海道新聞 2017/08/18 05:00

 【旭川】旭川東署は17日、傷害の疑いで札幌市厚別区厚別西1の4、塾講師野竹聖容疑者(44)を逮捕した。

 逮捕容疑は7月31日午前9時50分ごろ、勤務先の旭川市の学習塾「志学会旭神校」で、同市内の中学3年の男子生徒(14)の顔を素手で複数回殴って髪の毛をつかみ、教室内の窓枠に頭を打ち付けるなどして打撲のけがを負わせた疑い。

中学教諭を懲戒免職、わいせつ行為の疑いで逮捕…特殊詐欺犯に口座提供で発覚

中学教諭を懲戒免職、わいせつ行為の疑いで逮捕…特殊詐欺犯に口座提供で発覚
産経新聞 2017.8.28 20:15更新

 石川県教育委員会は28日、18歳未満の少女にわいせつな行為をしたなどとして、県警に逮捕された同県珠洲市立緑丘中の岸田薫教諭(27)を懲戒免職処分にした。地方公務員法(信用失墜行為の禁止など)に違反すると判断した。

 岸田教諭は県教委に「生徒や保護者などを裏切る行為をしてしまい、大変申し訳ない」と話している。

 県教委などによると、岸田教諭は自分の銀行口座を特殊詐欺グループに譲り渡したとして、1日に犯罪収益移転防止法違反などの疑いで書類送検された。県警が押収した携帯電話やメモから、少女へのわいせつ行為も発覚。同日、いしかわ子ども総合条例違反の疑いで逮捕された。

 県教委の田中新太郎教育長は「誠に遺憾。深くおわびする。あらゆる機会を通じて厳しく指導し、再発防止に努める」とコメントした。


特殊詐欺に関与の石川の中学教諭、少女にわいせつ容疑で再逮捕 産経新聞 2017.8.1 19:34

<山形大アカハラ自殺>アドバイザー機能せず 両親、学生自殺前に相談

<山形大アカハラ自殺>アドバイザー機能せず 両親、学生自殺前に相談
河北新報 2017/8/27(日) 12:52配信

 山形大工学部(米沢市)の男子学生が2015年11月、指導教員の助教によるアカデミックハラスメント(アカハラ)を苦に自殺した問題で、学生の自殺前に両親が相談した教員3人のうち、最初の1人は大学側が学生の相談相手として指定した「アドバイザー教員」だったことが26日、大学が設置した第三者調査委の報告書で分かった。

 アドバイザー教員は学業や就職、人間関係の悩みなど、大学生活全般の相談相手となる教員を学生それぞれに指定する制度。専門的な対応が必要な場合、担当者に取り次ぐことになっており、調査委は報告書で「制度が全く機能していなかった」と指摘した。

 報告書によると、学生の父親は15年5月、学生が助教からたびたび人格を否定するような発言を浴びせられ、悩んでいることをメールでアドバイザー教員に相談。教員は「様子を見ましょう」という趣旨の返答をし、学部内のハラスメント担当者らに伝えなかった。

 両親は工学部後援会と保護者会の場で、別の教員2人に相談したものの、いずれも学部の担当者らに伝わらなかったことも報告書から明らかになっている。

 山形大によると、アドバイザー教員制度は04年ごろにスタート。アドバイザー教員には、受け持ちの学生に成績表を手渡す役割もあり、相談がない場合でも年2回は学生と接触する機会が設けられている。


<山形大アカハラ自殺>学内混乱、調査委設置に2ヵ月超 報告書「異常」と指摘
河北新報 2017/8/10(木) 12:10配信


<山形大アカハラ自殺>助教、自殺前に厳しい指導 学生「卒業できないかも」 河北新報 2017/8/9(水) 11:19配信

<山形大アカハラ自殺>第三者委報告 両親の相談共有されず
河北新報 2017/8/8(火) 10:57配信


<山形大アカハラ自殺>「ばれたら進級できない」学生、報復恐れ相談せず?
河北新報 2017/8/5(土) 10:11配信


山形大生アカハラで自殺 1年半以上公表せず 遺族は大学側を提訴
河北新報 2017/8/4(金) 11:43配信


<山形大生自殺>両親「アカハラが原因」 損害賠償求め提訴
毎日新聞 2017/8/3(木) 20:28配信

わいせつ行為や盗撮など 中学、高校教諭ら5人懲戒免職処分(大阪)

わいせつ行為や盗撮など 中学、高校教諭ら5人懲戒免職処分
毎日放送 2017/8/25(金) 19:30配信

 25日大阪府内の公立中学・高校の教諭ら5人が懲戒免職処分されました。このうち3人は盗撮、1人は女子中学生へのわいせつ行為です。

 大阪府によりますと、懲戒免職処分を受けた市立四條畷南中学校の26歳の男性教諭は今年6月、学校の女子トイレに侵入し、個室の扉の下からスマートフォンを差し入れ同僚の女性を盗撮しました。女性が気づき管理職に報告して発覚したということで、男性教諭は「教科指導や校務分掌などが重荷になり、しんどくなっていた」と述べ、盗撮を認めているということです。

 このほか、大阪狭山市立南中学校の講師・吉藤郁弥被告(24)が、女子中学生とわいせつな行為をしたほか、島本町立第二中学校の32歳の男性教諭が京都の鴨川で対岸にいた女性を盗撮するなど、府内の公立の中学校と高校の教諭ら合わせて5人が懲戒免職処分を受けました。

 大阪府教育庁は「盗撮やわいせつなど極めて重大な不祥事があとを絶たず誠に遺憾だ」としています。

特別支援生徒が10キロ走で熱中症、重体に 体罰認める(東京)

特別支援生徒が10キロ走で熱中症、重体に 体罰認める
朝日新聞デジタル 2017/8/25(金) 23:13配信

 東京都教育委員会は25日、知的障害特別支援学校の都立永福学園(杉並区)で高等部1年の男子生徒(15)がバスケットボール部の部活動中に熱中症で、意識不明の重体になったと発表した。顧問教員に罰として科された約10キロのランニング中だったといい、都教委は「過度の負担をかける不適切な指導だった」として体罰にあたると認めた。

 都教委によると、男子生徒は23日午後4時ごろ、同校の敷地内で校舎の外周(約450メートル)を約20周走った後、脱水症状のために倒れた。その後、救急搬送中にけいれんを起こし、意識を失ったという。

 男子生徒は、21日の部活動で校舎の外周を走った際、顧問の男性教諭(31)が設定した時間(1分25秒)を43秒超過したとして、ペナルティーとして43周のランニングを科された。しかし、この日は21周までしか走れず、23日に残りの22周分を走ると教諭に申告し、教諭も承諾。生徒は2周ごとに水分補給を受け、別の男性教諭(33)に伴走もされたが、教諭が伴走を外れた後、残り1周で発症した。

 当時、杉並区内の気温は32度だったという。25日に記者会見した朝日滋也校長は「過度な練習が行われており、深く反省している」と陳謝。都教委は同日、警視庁に報告した。29日に都立校の全校長を集め、再発防止を徹底する。(伊藤あずさ)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Categories
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ