教師不祥事列伝

淡々と記録していきます
日頃人権にうるさい市民活動家たちは、政治家や警察に自衛隊の動向ばかり監視せず、学校教師の言動も監視してください。
それができないのは、その活動がニセモノだからです。
2013/5/22追記
114.155.192.95からのコメント書き込みはブロックさせていただきます。 どうか新しいお仕事を見つけて下さい。

2018年11月

子ども向け習い事教室のトイレに盗撮目的でカメラ設置、67歳住職を書類送検 佐賀

子ども向け習い事教室のトイレに盗撮目的でカメラ設置、67歳住職を書類送検 佐賀
佐賀新聞 2018/11/29(木) 11:15配信


 子ども向けの習い事教室が開かれていた佐賀県中部の寺で、トイレに盗撮目的でカメラを設置したとして、県警は28日までに、県迷惑防止条例違反の疑いで、住職の男(67)を佐賀地検に書類送検した。27日付。

 書類送検容疑は今年3月ごろ、寺の洋式トイレの個室にカメラを設置した疑い。

 関係者によると、習い事教室の運営会社が寺の部屋を借り、講師の女性が教えていた。当時は寺に小中学生が十数人おり、トイレに入った女子児童がカメラを見つけた。

 盗撮行為の規制強化を巡っては、改正県迷惑防止条例が今年2月に施行。規制対象が、公共の場所に加え、学校や貸し切りバスなど「特定多数の人が利用する場所」にも広がったほか、機器の設置行為も対象となっている。

「ストレスでパチンコにはまり...」 学校口座から給食費着服

「ストレスでパチンコにはまり...」 学校口座から給食費着服
Fuji News Network 2018/11/28(水) 13:05配信


公立学校の元事務員の女が、学校の口座から、現金およそ350万円を不正に引き出した疑いで、警視庁に逮捕された。

東京・練馬区の学校事務補助員だった雨宮早苗容疑者(51)は、2016年、勤めていた区立小学校の校長の印鑑を無断で使い、学校の口座から、給食費およそ350万円を不正に引き出し、だまし取った疑いが持たれている。

雨宮容疑者は、以前勤めていた区立中学校でも、給食費や教材費を着服していて、その不足分を補てんするために現金を引き出していた。

雨宮容疑者は、「仕事などのストレスでパチンコにはまっていた」と容疑を認めていて、警視庁は、雨宮容疑者がこれまでに700万円を着服したとみて調べている。

男子生徒の服脱がせ下着姿撮影か、副校長逮捕

男子生徒の服脱がせ下着姿撮影か、副校長逮捕
TBS News i 2018/11/27(火) 17:54配信


 東京・墨田区の区立中学の副校長の男が校内で教え子の男子生徒の服を脱がせて写真を撮影したとして、警視庁に逮捕されました。

 逮捕されたのは千葉県船橋市に住む墨田区の区立中学校の副校長・倉田一史容疑者(50)で、去年、副校長を務めていた中学校で教え子の男子生徒の服を脱がせ、下着姿を撮影した疑いがもたれています。

 警視庁によりますと、倉田容疑者は男子生徒に「相談に乗るよ」などと言って学校内の一室に呼び出したということです。取り調べに対し、倉田容疑者は容疑を否認しています。

 墨田区教育委員会は「誠に遺憾であり、深くおわび申し上げます。警察と連携し事実関係を確認のうえ、厳正に対処します」とコメントしています。(27日15:39)

厚焼き卵に刺身・・・ 万引き女性講師を逮捕 静岡・富士市

厚焼き卵に刺身・・・ 万引き女性講師を逮捕 静岡・富士市
テレビ静岡NEWS 2018/11/27(火) 19:10配信


富士宮東高校の非常勤講師の女が富士市のスーパーマーケットで食料品12点を万引きした疑いで現行犯逮捕されました。

女は容疑を認めています。

逮捕されたのは県立富士宮東高校の非常勤講師、米山克実容疑者(53)です。

警察によりますと米山容疑者は27日正午頃、富士市内のスーパーで厚焼き玉子や刺身などの食料品12点を盗んだ疑いがもたれています。

米山容疑者が会計をしないまま店の外に出たところを警備員が見つけ、駆けつけた警察官に現行犯逮捕されました。

警察の調べに対し米山容疑者は「間違いない」と容疑を認めているということです。

県教育委員会によりますと米山容疑者は富士宮東高校で非常勤講師として英語を教えていて、この日は勤務日ではなかったということです。

逮捕を受け木苗直秀教育長は「不祥事対策に取り組んでいる中の教職員の不祥事であり県民の皆様に深くお詫び申し上げます」とコメントしています。

<山形県>教委、セクハラ後自殺の教諭に退職手当不払い決定

<山形県>教委、セクハラ後自殺の教諭に退職手当不払い決定
毎日新聞 2018/11/28(水) 7:00配信


 山形県村山地方の県立高校の男性教諭が女子生徒にセクハラ行為をし、その後に自殺した問題で、県教育委員会は27日、教諭の退職手当について支給制限処分(全部不支給)とし、管理監督責任として同校の50代男性校長を戒告の懲戒処分とした。

 県教委によると、教諭は昨年6〜9月と今年4〜6月ごろ、複数の女子生徒をそれぞれ校内の一室に呼び出し、抱きついたりキスをしたりするなどの行為を複数回行った。生徒には「口外しないように」と口止めをしていたという。

 今年6月下旬に発覚。教諭は7月上旬に自殺した。県教委の諮問により今月中旬、県退職手当審査会が開かれ、教諭の退職金を支給しない「懲戒免職相当」などとする内容に対し、審査会が「妥当」と答申していた。

 このほか、今年6月にコンビニエンスストアで女性店員を盗撮した尾花沢市立の小学校に勤務していた50代の男性教諭について、県教委は27日、停職1年の懲戒処分とした。教諭は同日付で退職した。【松尾知典】

いじめ調査委員の半数が交代、遺族に不安 「異例」専門家の指摘も 熊本高3自殺

いじめ調査委員の半数が交代、遺族に不安 「異例」専門家の指摘も 熊本高3自殺
西日本新聞 2018/11/24(土) 9:00配信


 熊本県北部の県立高3年の女子生徒=当時(17)=が5月にいじめをほのめかす遺書を残して自殺した問題で、県教育委員会が設置した第三者委員会の委員が相次いで交代し、遺族が不安を募らせている。これまで体調不良などで2人が辞任し、新たに1人が辞めることが判明。県教委は「調査に影響はない」とするが、専門家は「委員の意向でこれだけ辞めるのは異例」と指摘する。

 文部科学省のガイドラインは、いじめが疑われる自殺など「重大事態」の調査について、学校または学校設置者が主体となるよう規定。熊本県教委は、教育や法律などの専門家6人でつくる常設の諮問機関「県いじめ防止対策審議会」を調査主体とし、生徒や教職員の聞き取り調査に当たってきた。

 県教委によると、今回の事案に関する6月の初会合で委員の1人が「事案の関係者と関係があり、中立性が保てない」として辞任。7月末には別の委員が体調不良を理由に辞めた。

 いずれも委員を追加補充したが、さらに別の委員が今月末で辞める。「一身上の都合」で所属先を辞めたことが理由という。

 第三者委はこれまで9回開かれており、12月中旬に調査の中間報告をまとめる方針。県教委の担当者は「いずれの辞任も予期しなかった。審議を積み重ねているので調査結果に影響はない」と話す。

 第三者委を巡っては、自殺した生徒の両親が委員の推薦を希望したが、県教委は「(加害者側などに)中立性を保てない」と断っていた。両親は「県教委は『遺族に寄り添う』と言うが、2人目の辞任後も推薦の希望を聞いてもらえなかった。辞任理由の説明も十分でない」と反発している。

 第三者委に詳しい大阪大大学院の小野田正利教授(教育制度学)は「後任の委員への説明に時間がかかる上、聞き取りなど重要な調査に関わっていないことも問題。県教委は遺族に丁寧に説明すべきだ」と指摘する。

 教育評論家の武田さち子さんは「遺族の委員推薦を認めた事例はある。第三者委の事務局が県教委である時点で中立的ではなく、遺族推薦の委員を入れることでバランスが取れる」と話している。

野球部監督、年度末まで停職処分 名古屋経済大学高蔵高

野球部監督、年度末まで停職処分 名古屋経済大学高蔵高
朝日新聞デジタル 2018/11/23(金) 20:08配信

 名古屋経済大学高蔵高校(名古屋市瑞穂区)野球部の酒井弘樹監督(47)が部員に暴力を振るっていた問題で、同校は23日、酒井監督を今年度末までの停職処分にしたことを明らかにした。処分は19日付。野球部は当面、別の教員が指導するという。

 同校によると、23日に全校生徒の保護者への説明会があり、田村正美校長が「行き過ぎた指導があった。野球部員や、監督が担任をしていた3年生の生徒や保護者に申し訳ない」と陳謝したという。

 酒井監督は今月9日、練習後のミーティングで、1、2年生の男子部員12人に対して殴ったり、蹴ったりの暴行を加えた。うち3人が顔が腫れるなどのけがをした。監督は学校に「携帯電話の管理に関する部のルールが徹底されておらず、感情的になった」と説明しているという。

 同校は20日、愛知県高校野球連盟に暴行問題について正式に報告したという。


元近鉄・酒井弘樹監督が部員に体罰 名古屋経大高蔵高スポーツ報知 2018/11/13(火) 19:05配信

松山商野球部長が体罰 28歳教諭 部員十数人に暴力

松山商野球部長が体罰 28歳教諭 部員十数人に暴力
愛媛新聞ONLINE 2018/11/27(火) 9:28配信


 春夏の甲子園大会で7度の全国優勝を果たした松山商業高校(松山市旭町)の野球部で、部長の男性教諭(28)が部員に暴力を振るうなどの体罰を行っていたことが26日、関係者の話で分かった。

 関係者によると、男性教諭は今年の夏以降、十数人の部員に対し、部活中などにひざ蹴りなどの暴力を振るっていた。
 学校側は11月に入って事案を把握。学校の聞き取りで教諭が体罰を認め、部の指導から外したという。保護者会を開き、校長や教諭本人らが謝罪した。県高野連や県教育委員会に報告している。
 同校は27日に会見を開いて詳細を説明する予定で、宮部隆彦校長は愛媛新聞の取材に「会見で全て話をさせていただく。現段階でコメントできることはない」としている。
 同校野球部は2014年に部員間の暴力行為で、08年にも部員の部外暴力やいじめで有期の対外試合禁止処分を受けている。

入浴中の少女を盗撮容疑、保育士逮捕 動画はネット販売

入浴中の少女を盗撮容疑、保育士逮捕 動画はネット販売
朝日新聞デジタル 2018/11/28(水) 0:22配信


 民家敷地に侵入して入浴中の少女を盗撮するなどしたとして、島根県警江津署は27日、愛知県知多市岡田、東海市職員茂山義男容疑者(39)を住居侵入と児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノの製造・提供)の容疑で逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。東海市によると、茂山容疑者は市の保育所に勤める保育士。

 江津署によると、茂山容疑者は5月から8月までに、知多市にある3軒の民家の敷地内に立ち入り、入浴していた18歳未満の少女3人を携帯電話で動画撮影した疑いがある。さらに8月21日、この3人とは別の少女の裸などが映った動画をインターネットを通じて電子マネーで販売した疑いがある。茂山容疑者がネット上で1本6千円で動画を販売しているのを、島根県警が8月に見つけ、捜査していた。

「2年前の受験料を返して」 東京医科大から届いた入学意向確認の通知に現役医学部生が反発〈dot.〉

「2年前の受験料を返して」 東京医科大から届いた入学意向確認の通知に現役医学部生が反発〈dot.〉
AERA dot. 2018/11/27(火) 7:00配信


 まさに「今さら」な通知が届いた。

「2年ほど前に受験した結果が今さら来ても……と思って、ちょっと笑っちゃいました。入学意向確認書が届いて、『不正がなければ合格していたのかもしれない』とうれしい気持ちもあったけど、正直、受験料を返してほしい気分ですね。日医に進学できて満足しているので、東医には行きません」

 力強い口調でこう話すのは、2017年に東京医科大学の一般入試を受験して不合格で、日本医科大学に進学した男子学生だ。帰国子女で、高校生のときに海外から帰国したものの、難関の医学部入試の受験勉強が間に合わず、2017年の受験時には3浪。浪人年数が多い、いわゆる「多浪生」だった。

 3年間の浪人で着実に学力をつけ、受験した私大医学部13校のうち10校で1次試験合格。2次試験を受験した7校のうち、日本医科大学、国際医療福祉大学、杏林大学、日本大学に合格した。これだけの大学に合格したのに、1次試験の手応えがよかった東京医科大学は、2次試験で不合格だった。

「多浪は厳しい、というのは知っていました。ただ、他の大学の合格状況からみて、受かっていてもおかしくないのに……と、当時思いましたね」

■「記憶」に残る面接官

 まもなく2年が経とうとしている。なのに、東医大の2次試験のことは今でもはっきりと覚えている。とりわけ脳裏に焼き付いているのは、面接官が居眠りをしていたことだ。

「面接官は2人でしたが、そのうちの1人がずっと寝ていたんです。約10分間、もう一人の面接官とだけ話しました。一方、国際医療福祉大学の2次は、英語での面接を希望しましたが、最初の30分間は3人の面接官、次の30分間は5人の面接官が丁寧に面接してくれました。両大学の面接のギャップが記憶に残っています」
   
 11月7日、東京医科大学は、女子と多浪生を不利に扱った2017年と2018年の入試で、繰り上げ合格となった最低順位よりも上位だったにもかかわらず不合格になった受験生が101人(男性34人、女性67人)いることを発表した。ただ、希望すれば全員が入学できるわけではない。通常、合格者を決定するときには、募集人員に達するまで成績順に繰り上げ合格を実施しているからだ。

 東医大が、両年の入学生において得点操作を排除したうえで「再判定」した結果、両年合わせて最大63人が入学を認められる。なお、一般入試、センター利用入試、推薦入試の区分ごとに、入学できる人数が決まっている。

 表を見てほしい。たとえば2017年の一般入試で、合格ラインを超えていたのに不合格になったのは26人だが、追加入学を認めるのは最大14人だ。

「東医に合格する力があれば、他の医学部にも合格していると思います。たとえ17年は浪人しても、18年には合格した受験生が多いと思うから、17年度の受験生で来春東医に進学する人は少ないのではないでしょうか」(前述の日本医科大学生)

■入学を「希望」しても…

 東京医科大学は101人の意向確認対象者に、11月8日の日付、学長名の「平成29年度及び平成30年度医学科入学試験における合否再判定に伴う入学意向の確認について(重要なお知らせ)」と「入学意向確認書」を簡易書留で送り、16日に同大で説明会を開催した。

 医系専門予備校メディカルラボ本部教務統括の可児良友さんによると、18年の東京医科大学の一般入試を現役で受験したものの不合格、現在首都圏の医学部に通う女子学生が、説明会に参加したという。可児さんが話す。

「7日の記者会見の翌日には、『また1年生からやりたくないので、連絡が来ても行かない』と言っていましたが、実際に通知を手にすると迷い始め、説明会に参加しました。両親と参加した人も多かったそうです」

 東京医科大によると、参加人数は対象者と保護者を合わせた約80人。この女子学生が受験した18年の一般入試の対象者は51人だが、追加合格を認めるのは約半数の26人だけだ。

 対象者は、11月30日必着で「入学意向確認書」を提出する。同書に書かれているように、(入学を)「希望する」に〇をしても、成績上位者で募集人員に達した場合には不合格となる。

 複雑なので整理すると、東医大は101人に「入学意向確認書」を送付したが、実際に入学できるのは最大で63人まで。つまり、一度不正な入試によって不合格になったものの一連の流れで「入学意向確認書」が届き、あらためて今回入学を希望したが、またもや不合格に――そんな受験生が出る可能性もあるのだ。あまりに気の毒だとしかいいようがない。

「説明会に参加した女子生徒によると、希望しても不合格になる場合があること、追加合格した受験生がその後辞退した場合、次の順位の人に回るのではなく31年度入試の募集枠に回されること、補償に関する説明がなかったことに対しての不満の声が多かったようです。女子生徒自身も、今回の説明会にいい印象を持てないうえ、希望しても通らない可能性があるため、入学希望を出すかどうかで悩んでいます」(メディカルラボ・可児さん)

 この説明会のときには、自分の順位がわからず、入学希望を出しても不合格になる可能性があった。このことに対する不満の声も多かったためか、その後、対象者には順位が記載された通知が再度届いた。前述の日本医科大生の順位は5位以内だったという。
 
 医学部専門予備校YMSの小柴允利講師長によると、昨年の秋に東医の推薦入試を現役で受けた女子生徒にも通知が届いた。18年度の推薦入試の対象者は9人で、追加入学を認める上限の人数も9人。同年度の一般入試では全員が入学を希望した場合、対象者の約半数しか合格しないが、推薦入試では「希望する」に○をすれば、合格できる状況だ。

 ところが、その女子生徒は進学を希望しないという。

「東医が第一志望でしたが、現在は都内の医学部に進学しています。通知が届いたあとに本校に来ましたが、『一年次の課程を再度やり直すことは留年したことに等しいため、東医への入学を希望しない』と話していました」(小柴さん)

■通っている大学をやめて東医大へ?

 現在、浪人中の受験生が東医大に進学する場合には他大学に影響はないが、現在他大学に通う学生が東医大に進学するとなると、その大学は学生が減るという問題が生じる。

 また、来年の東京医科大学の入試の募集人員は、定員から追加合格者の人数を引いた数となる。来年の受験を考えている受験生にとっては、募集人員が何人になるかは大いに気になるところだ。多くの塾・予備校では、募集人員が決まってから出願を検討するよう指導しているという。

 取材した多くの予備校や塾の関係者によれば、「通知をもらっても、実際に入学する例はそれほど多くないだろう」と予測する。東医大は受験生に人気がある伝統校なので、「東医に合格する力がある受験生なら、他の医学部に合格して進学しているだろう」というのがその理由だ。

 実際に、メディカルラボ、YMS、ビッグバン、ウインダムなどの医学部専門予備校の卒業生で、東医から「入学意向確認書」が届いた人たちは、国立の浜松医科大学、私立の日本医科大学、昭和大学、杏林大学、東京女子医科大学、聖マリアンナ医科大学などの医学部に進学しており、東京医科大学に入学する意思はないそうだ。

 なかには、前述の女子学生のように、現在通っている大学をやめて東医に進学するか迷っている人もいる。一方、現在浪人中だが、「浪人して一生懸命に勉強してきたので、東医よりも学費が安い難関大に合格して、見返してやりたい」と語る生徒もいるという。

 あと2カ月で本格的な受験シーズンに突入する。一刻も早い大学側の正確な情報公開と受験生への対応が望まれる。(文/庄村敦子)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Categories
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ