教師不祥事列伝

淡々と記録していきます
日頃人権にうるさい市民活動家たちは、政治家や警察に自衛隊の動向ばかり監視せず、学校教師の言動も監視してください。
それができないのは、その活動がニセモノだからです。
2013/5/22追記
114.155.192.95からのコメント書き込みはブロックさせていただきます。 どうか新しいお仕事を見つけて下さい。

不正経理

電子計算機使用詐欺:架空の経費詐取、警察学校長補佐の被告を懲戒免職 /鹿児島

電子計算機使用詐欺:架空の経費詐取、警察学校長補佐の被告を懲戒免職 /鹿児島
毎日新聞 2013年3月22日(金)16時48分配信

 県警は21日、架空の経費を計上し現金をだましとったとして、県警察学校長補佐で警察事務職員、大久保了二被告(54)=電子計算機使用詐欺罪で起訴=を懲戒免職処分とした。また監督責任を問い、校長を本部長訓戒、副校長を所属長注意とした。
 県警監察課によると、大久保被告は昨年6月〜今年1月、校内の県財務会計システムに接続しているパソコンに架空の経費を計上し、自らの預金口座に旅費などの名目で計31万円を送金させ、だまし取ったとして起訴された。また、経費を事前に受け取れる偽の通知書を作成し、計9万円をだましとったとして同日、虚偽有印公文書作成・同行使、詐欺容疑などで書類送検された。
3月22日朝刊

山大元教授の架空発注詐欺:初公判で元教授、起訴内容を全面否認 /山口

山大元教授の架空発注詐欺:初公判で元教授、起訴内容を全面否認 /山口
毎日新聞 2013年3月7日(木)14時16分配信

 LED(発光ダイオード)の架空発注で現金約7000万円を山口大からだまし取ったとして、詐欺罪で起訴された同大大学院理工学研究科元教授、田口常正被告(66)=東京都中央区=の初公判が6日、山口地裁(長倉哲夫裁判長)であった。田口被告は「大学はずさんな経理を見過ごしており、詐欺の故意は全くない」などと起訴内容を全面的に否認した。
 起訴状などによると、田口被告は物品納入業者の従業員と共謀。06〜09年、同社にLEDを発注したなどとする虚偽の書類を計233回、大学に提出。業者の口座に代金計7054万円を振り込ませ、だましとったとしている。田口被告はその金でノートパソコンやデジタルカメラなどを業者に納入させ、換金することで金銭を得ていたという。
 検察側は冒頭陳述で「業者に納品させたパソコンなどの大半を質屋で換金し、5486万9000円を得た」と明らかにした上で、「飲食代や遊興費などに私的流用していた」と指摘した。これに対して弁護側は「大学側は不正経理を認識しながら(代金を)支払っており、換金した金は研究費用に使っていた」などとして無罪を主張した。
 大学は田口被告を10年2月に懲戒解雇し、同6月にLED購入を装って約7000万円をだまし取ったとして詐欺容疑で山口地検に告訴。12年1月に地検が同容疑で逮捕していた。【井川加菜美】
〔山口版〕
3月7日朝刊

山大元教授の架空発注詐欺:新たに2800万円、追起訴 /山口
毎日新聞 2012年3月31日(土)14時18分配信


詐欺:山口大元教授が1800万円、容疑で起訴−−地検 /山口
毎日新聞 2012年3月3日(土)14時56分配信


研究費詐取容疑の元教授、白色LED開発で功績
読売新聞 2012年1月21日(土)8時44分配信


詐欺容疑:山口大元教授を逮捕 LED架空発注で
毎日新聞 2012年1月20日 20時11分

taguchi_yamadai

大学院教授が経費二重請求=出勤停止3カ月に―名古屋大

大学院教授が経費二重請求=出勤停止3カ月に―名古屋大
時事通信 2013年3月4日(月)20時41分配信

 名古屋大学(名古屋市千種区)は4日、情報科学研究科の60代の大学院教授が学生を国際学会へ派遣した際の出張経費について、名大から満額支給されたにもかかわらず、研究助成財団にも同じ名目で助成金を申請し、計222万円を不正取得していたと発表した。名大は教授を5日付で出勤停止3カ月の懲戒処分にする。
 教授は222万円を他の学生や教員の出張費の立て替えや研究室の消耗品に使っていたと説明。「申し訳ありません」と話しているという。 

(朝鮮日報日本語版) 補助金不正受領、大学関係者に大甘判決

(朝鮮日報日本語版) 補助金不正受領、大学関係者に大甘判決
朝鮮日報日本語版 2013年2月19日(火)9時46分配信

 在学生の定員充足率や卒業生の就職率などを水増しし、国庫からの補助金22億9900万ウォン(約1億9850万円)を受け取ったとして、国家補助金管理法違反罪で逮捕・起訴された大邱工業大学の教授や事務職員らに対する一審で、執行猶予付きの判決や罰金刑が言い渡された。

 大邱地裁西部支部刑事1部(ユン・ヒチャン裁判官)は今月8日、大邱工業大の入学係長(54)に対し懲役1年、執行猶予2年の判決を、また元就職支援係長(61)や入学課長(47)ら4人にはそれぞれ罰金1000万ウォン(約87万円)の判決を言い渡していたことが、18日までに分かった。ユン裁判官は判決理由について「総長の一方的な指示や圧力などにより犯行に加担した点などを考慮した」と述べた。

女性職員が4200万円着服=韓国アイドルのグッズ購入も―津

女性職員が4200万円着服=韓国アイドルのグッズ購入も―津
時事通信 2013年2月13日(水)20時47分配信

 津市学校給食協会の女性臨時職員(49)約9年間で協会の資金約4200万円を着服していたことが13日、分かった。同協会が明らかにした。協会は業務上横領容疑で女性職員を告訴する方針。
 協会によると、女性職員は2004年度から横領した疑いがあり、着服した金は韓国のアイドルグループのグッズ購入やコンサートなどに使ったと話しているという。同協会は津市教育委員会の外郭団体。市内の小中学校の給食用の物資調達や支払い業務をしている。女性職員は03年8月に採用され、給食用のパンや米飯の支払い業務に携わっていた。
 中野和代会長は「皆さまにご心配をお掛けして申し訳ない」としている。

<政府>研究費不正に厳罰 応募停止最長10年に

<政府>研究費不正に厳罰 応募停止最長10年に
毎日新聞 2013年2月8日(金)20時23分配信

 政府は13年度から、公的研究費の私的流用や論文盗用などの不正行為に対し、現行の2倍となる最長10年間、研究費の応募を停止する罰則強化策を導入することを決めた。監督責任のある上司らに対しても、不正に直接関与していなくても最長2年間禁止する新たな規定も盛り込んだ。

 対象は文部科学省や内閣府、厚生労働省など8府省が大学や研究機関へ交付する公募型の競争的資金。応募を停止する罰則期間は、研究費を私的流用したり、当初から意図して論文盗用やデータ捏造(ねつぞう)などの不正を行ったりした場合は10年間▽私的流用以外の不正受給は1〜5年間▽注意義務を怠った上司は最長2年間▽不正があった研究論文の共著者は2〜3年間−−など。

 文科省が11年に全国約1200の大学と研究機関を対象に調査したところ、架空取引で業者に研究費を預ける「預け金」や、カラ出張による「プール金」などが、少なくとも40大学・機関で計約7900万円あることが判明。また昨年には、京都大元教授が物品納入を巡って業者から賄賂を受け取った収賄罪で起訴されるなど、研究費に関わる不正が後を絶たない。【阿部周一】

<山梨・笛吹市教委>1億3700万円不正受給 補助金で

<山梨・笛吹市教委>1億3700万円不正受給 補助金で
毎日新聞 2013年2月6日(水)11時55分配信

 山梨県笛吹市教委が行っている国指定史跡「甲斐国分寺」(同市一宮町国分)の整備事業で、市教委が実際には終わっていない事業を完了済みとする虚偽の報告書を08〜11年度に作り、国と県から補助金計約1億3700万円を不正受給していたことが分かった。市教委は不正に伴う加算金を含め約1億7000万円を国などに返還する方針。

 15年度までの予定で行っている「甲斐国分寺跡等整備事業」。史跡周辺の用地を買い取り、家屋や樹木などを撤去して更地にし、発掘調査を進めている。

 市教委文化財課によると、不正受給の内訳は国補助金が1億2350万円、県補助金が1370万円。同課の40代男性職員(当時)が毎年度、更地にする事業が予定の年度内に終わったとする報告書を作成、別の土地の写真を添付するなどして完了を装っていた。職員は「年度内に事業を終わらせないと、次年度に影響が出ると思った」と話しているという。

 昨年10月にあった会計検査院による検査などで不正が発覚。返還額が先月下旬に確定した。倉嶋清次市長は「市政への信頼を失墜させ深くおわびする」とコメント。近く外部識者らでつくる第三者委員会を設置して不正の経緯を調べる。【屋代尚則、春増翔太】

京大元教授の保釈を決定 物品購入汚職で東京地裁

京大元教授の保釈を決定 物品購入汚職で東京地裁
日本経済新聞 2013/1/31 23:49

 京都大の物品購入を巡る汚職事件で、東京地裁は31日、収賄罪で起訴された京都大大学院薬学研究科元教授、辻本豪三被告(59)について、保釈を認める決定をした。保釈保証金は800万円で即日納付された。

 辻本被告は業者選定などで便宜を図った見返りに、医療機器販売会社「メド城取」(東京・世田谷)の社長、木口啓司被告(63)=贈賄罪で起訴=から飲食代金の肩代わりなど約943万円の賄賂を受け取っていたとして、起訴された。


<京大汚職>元教授の辻本被告を追起訴 捜査を終了
毎日新聞 2012年9月11日(火)20時49分配信


商品券など250万円授受 京大元教授、収賄容疑で再逮捕
産経新聞 2012年8月22日(水)7時55分配信


京大汚職事件、元教授らを起訴 別の収賄立件も視野
産経新聞 2012年8月21日(火)15時41分配信


高額装置発注を事前伝達=贈賄業者に入札便宜―京大元教授
時事通信 2012年8月3日(金)2時31分配信


<京大元教授>主催学会で架空計上か 人件費に不審な支出
毎日新聞 2012年8月2日(木)2時32分配信


<京大元教授逮捕>公的研究費流用問題で、収賄容疑
毎日新聞 2012年7月31日(火)13時29分配信


年間で4億円発注=現金受領の業者に―不正経理疑惑の元京大教授
時事通信 2012年7月28日(土)20時51分配信


京大元教授を立件へ 東京地検特捜部、収賄容疑で
産経新聞 2012年7月26日(木)7時55分配信


元教授、本格捜査へ 京大「預け金」流用疑い 東京地検特捜部
産経新聞 2012年7月25日(水)7時55分配信


京大が在籍全10年分調査 元教授研究費流用疑い
京都新聞 2012年7月4日(水)11時49分配信


<京大元教授>研究費流用疑い 東京地検が捜索
毎日新聞 2012年6月29日(金)3時0分配信


関連サイト 玉手箱を開けたメド城取 辻本豪三京都大学教授と国立成育医療研究センター

tsujimotogouzou
tsujimotogouzou2

教諭ら4人を懲戒処分 県教委

教諭ら4人を懲戒処分 県教委
下野新聞(2012年11月6日 17:36)

 県教委は6日、わいせつなDVDを販売したとして逮捕、略式命令を受けた県立学悠館高の相馬良弘教諭(45)停職6カ月とするなど、計4人の懲戒処分を行ったと発表した。県教委によると、相馬教諭からは同日付で退職届が提出され、受理したという。

 その他、酒気帯び運転で略式命令を受けたとして県東の小学校の男性教諭(45)を停職4カ月、長年にわたる事務怠慢があったとして宇都宮市陽西中に勤務していた女性事務長(51)を減給1カ月、部活動費の不適切な会計処理を行ったとして上三川町明治中の男性教諭(34)を戒告の処分とした。


↑ これ戒告だけでいいのか?

部費を私的流用、楽器ローンに 上三川町の中学教諭
下野新聞(2012年11月1日 朝刊)

上三川町明治中で吹奏楽部の顧問を務める男性教諭(34)が、2011年10月から12年3月にかけて、部員の生徒や保護者から集めて管理していた部費の一部を私的流用していたことが31日、同校や町教委への取材で分かった。教諭は個人で購入した楽器のローンの支払いに計13万8千円を流用し、問題発覚後に全額返還したという。同校や町教委は「不適切な会計処理があった」として県教委に報告しており、県教委が処分を検討している。

 同校や町教委によると、教諭は11年7月にバスクラリネットとスネアドラムを計約85万円で購入。同10月から12年3月までの半年間、毎月2万3千円のローン返済に部費を充てたという。

部費を私的流用、楽器ローンに 上三川町の中学教諭

部費を私的流用、楽器ローンに 上三川町の中学教諭
下野新聞(2012年11月1日 朝刊)

 上三川町明治中吹奏楽部の顧問を務める男性教諭(34)が、2011年10月から12年3月にかけて、部員の生徒や保護者から集めて管理していた部費の一部を私的流用していたことが31日、同校や町教委への取材で分かった。教諭は個人で購入した楽器のローンの支払いに計13万8千円を流用し、問題発覚後に全額返還したという。同校や町教委は「不適切な会計処理があった」として県教委に報告しており、県教委が処分を検討している。

 同校や町教委によると、教諭は11年7月にバスクラリネットとスネアドラムを計約85万円で購入。同10月から12年3月までの半年間、毎月2万3千円のローン返済に部費を充てたという。

 部費(1人当たり月2千円)は大会出場時の交通費や会場使用料、楽譜代に使われており、教諭が現金で管理していたという。

 12年4月に教諭が保護者に提出した会計報告書に不審な点があったため、保護者が確認したところ、教諭は部費の私的流用を認めたという。

 町教委などの調査に教諭は「購入した楽器は生徒に使わせていたので、一時的に部費を充ててもいいと思った」などと説明したという。発覚後に教諭は購入したバスクラリネットを売却し、4月中に流用分の全額を返還したという。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Recent Comments
Archives
最新トラックバック
  • ライブドアブログ