教師不祥事列伝

淡々と記録していきます
日頃人権にうるさい市民活動家たちは、政治家や警察に自衛隊の動向ばかり監視せず、学校教師の言動も監視してください。
それができないのは、その活動がニセモノだからです。
2013/5/22追記
114.155.192.95からのコメント書き込みはブロックさせていただきます。 どうか新しいお仕事を見つけて下さい。

群馬大学病院

群馬大医学部教授がアカハラ 学部生に必修科目の再試験受けさせず 学内調査委員会が認定

群馬大医学部教授がアカハラ 学部生に必修科目の再試験受けさせず 学内調査委員会が認定
上毛新聞 2019/7/20(土) 6:02配信


 群馬大大学院医学系研究科の男性教授が同大の男子医学部生に対し、必修科目の再試験を受けさせないなどの嫌がらせをしていたことが19日までに、大学への取材で分かった。学内の調査委員会がアカデミックハラスメント(アカハラ)に当たると認定した。男子学生は一時留年したが、大学は特例で進級を認めた。問題を受け、単位認定の方法を見直したという。

◎教授への処分内容は公表せず

 大学によると、当時2年生だった男子学生は2016年度、男性教授の授業を受けたが、単位を認定されずに留年した。

 17年度に再履修したが、その際の補習について男性教授から出席不要と連絡された。さらに再試験を受けることを拒まれ、再び留年となった。

 学生の申し立てを受け、大学が18年12月に設置した調査委員会は今春、17年度に補習と再試験を受けさせなかった行為がアカハラに当たると認めた。

 救済措置として大学は男子学生に再試験を受けてもらい、アカハラの影響があったと認定した2度目の留年については特例で進級を認めた。男子学生は現在、当該の科目を別の講師の下で履修しているという。

 アカハラをした男性教授への対応について、大学は学内の公表基準を理由に処分の有無などを明らかにしていない。

 同大の石崎泰樹医学部長は「担当教員1人で再試験の可否を判断していた仕組みに問題があった」とし、複数の教員で協議するよう改めた。男性教授が担当していた学生評価の項目についても、複数の教員で評価するよう見直しを進めているという。

群馬大学病院で起きた腹腔鏡手術死亡事故の恐るべき闇

群馬大学病院で起きた腹腔鏡手術死亡事故の恐るべき闇ダイヤモンド・オンライン 2017/9/22(金) 6:00配信 (HONZ 首藤淳哉)



下手過ぎる医師の恐怖、病室の惨劇はこうして起きたJBpress(文:首藤 淳哉) 2017/9/12(火) 6:15配信

群大手術死遺族「医師に行政処分を」要望書提出 読売新聞 2017/9/8(金) 15:42配信

群大指導医不正取得、新たな対策は講じず…日本肝胆膵外科学会 読売新聞(ヨミドクター) 2016年10月15日 12時21分配信

群大病院、組織責任認める意向…遺族に伝える読売新聞 2016年9月21日(水)15時41分配信

遺族側に直接説明へ…群大手術死、医師側が意向 読売新聞 2016年8月16日(火)7時33分配信

群大手術死で9人処分…執刀医は懲戒解雇相当 読売新聞 2016年8月3日(水)6時16分配信

<群馬大手術死続発>執刀医ほぼ独断で実施 調査委報告書 毎日新聞 2016年7月30日(土)21時14分配信

「群馬大病院」副学長の悪運 月刊FACTA 7月4日 0時55分配信

群大手術死問題で遺族会結成…真相究明、病院に要求 読売新聞(ヨミドクター) 2016年6月27日(月)9時57分配信

術後死亡の43人、安全管理部門に報告せず 群馬大病院 朝日新聞デジタル 2016年3月27日(日)21時16分配信

群馬大の術後死検証、49遺族が記録提供に同意 読売新聞 2016年01月18日 08時22分

群馬大病院の患者死亡問題 「低質な医療、認識できず」中間報告、組織改革の必要性指摘 産経新聞 2015年10月27日 7時55分配信

群馬大、第三者のみの事故調査委員会設置−患者死亡を検証、年度末めどに報告書 医療介護CBニュース 2015年8月11日 13時36分配信

群大と東京女子医大、特定機能病院の承認取消へ読売新聞 2015年4月30日 19時52分配信

群大術後死、発表の18人以外にも…同一医師 読売新聞 2015年4月30日 8時1分配信

群馬大病院腹腔鏡手術死亡 病院の構造的な問題を医師が指摘NEWS ポストセブン 2015年4月12日 7時6分配信

群馬大病院問題 執刀医が報告書に反論NHKニュース 2015年4月2日 18時06分

群馬大病院腹腔鏡手術死亡問題 死亡率、全国平均の17倍以上フジテレビ系(FNN) 2015年3月23日 12時23分配信

群馬大事故調査委 9回中8回で学外委員が不参加NHKニュース 2015年3月20日 18時08分

18人も死亡させた群馬大学病院外科「殺しのライセンス」を持つ男〈週刊新潮〉BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり 2015年3月18日(水)8時0分配信

群馬大病院長が学長就任辞退…患者死亡相次ぎ読売新聞 2015年3月17日 13時49分配信

<群馬大病院>05年に生体肝移植事故 防止策実行せず毎日新聞 2015年3月11日 10時47分配信

診療科長「死亡続いていると認識してなかった」…群馬大病院 読売新聞(ヨミドクター) 2015年3月10日 9時56分配信

手術同意書「こんなスカスカな」…遺族側弁護団
読売新聞 2015年3月7日 9時5分配信


群馬大病院、死亡診断書に虚偽病名…がんと誤診
読売新聞 2015年3月3日(火)12時14分配信


群馬大病院の腹腔鏡手術「8人死亡」で判明した“不手際”と“錯覚”
産経新聞 2015年2月7日(土)17時30分配信


高い死亡率、遺族衝撃…「群大病院は調査を」 読売新聞 2015年1月16日 9時2分配信

群馬大病院 厚労省などが立ち入り検査NHKニュース 2015年1月13日 10時35分

厚労相「尋常でない」…群大病院立ち入り検査へ読売新聞 2014年12月26日(金)14時44分配信

腹腔鏡手術後8人死亡…群大病院、同じ医師執刀 読売新聞 2014年11月14日 04時12分

下手過ぎる医師の恐怖、病室の惨劇はこうして起きた

下手過ぎる医師の恐怖、病室の惨劇はこうして起きたJBpress(文:首藤 淳哉) 2017/9/12(火) 6:15配信


群大手術死遺族「医師に行政処分を」要望書提出 読売新聞 2017/9/8(金) 15:42配信

群大指導医不正取得、新たな対策は講じず…日本肝胆膵外科学会 読売新聞(ヨミドクター) 2016年10月15日 12時21分配信

群大病院、組織責任認める意向…遺族に伝える読売新聞 2016年9月21日(水)15時41分配信

遺族側に直接説明へ…群大手術死、医師側が意向 読売新聞 2016年8月16日(火)7時33分配信

群大手術死で9人処分…執刀医は懲戒解雇相当 読売新聞 2016年8月3日(水)6時16分配信

<群馬大手術死続発>執刀医ほぼ独断で実施 調査委報告書 毎日新聞 2016年7月30日(土)21時14分配信

「群馬大病院」副学長の悪運 月刊FACTA 7月4日 0時55分配信

群大手術死問題で遺族会結成…真相究明、病院に要求 読売新聞(ヨミドクター) 2016年6月27日(月)9時57分配信

術後死亡の43人、安全管理部門に報告せず 群馬大病院 朝日新聞デジタル 2016年3月27日(日)21時16分配信

群馬大の術後死検証、49遺族が記録提供に同意 読売新聞 2016年01月18日 08時22分

群馬大病院の患者死亡問題 「低質な医療、認識できず」中間報告、組織改革の必要性指摘 産経新聞 2015年10月27日 7時55分配信

群馬大、第三者のみの事故調査委員会設置−患者死亡を検証、年度末めどに報告書 医療介護CBニュース 2015年8月11日 13時36分配信

群大と東京女子医大、特定機能病院の承認取消へ読売新聞 2015年4月30日 19時52分配信

群大術後死、発表の18人以外にも…同一医師 読売新聞 2015年4月30日 8時1分配信

群馬大病院腹腔鏡手術死亡 病院の構造的な問題を医師が指摘NEWS ポストセブン 2015年4月12日 7時6分配信

群馬大病院問題 執刀医が報告書に反論NHKニュース 2015年4月2日 18時06分

群馬大病院腹腔鏡手術死亡問題 死亡率、全国平均の17倍以上フジテレビ系(FNN) 2015年3月23日 12時23分配信

群馬大事故調査委 9回中8回で学外委員が不参加NHKニュース 2015年3月20日 18時08分

18人も死亡させた群馬大学病院外科「殺しのライセンス」を持つ男〈週刊新潮〉BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり 2015年3月18日(水)8時0分配信

群馬大病院長が学長就任辞退…患者死亡相次ぎ読売新聞 2015年3月17日 13時49分配信

<群馬大病院>05年に生体肝移植事故 防止策実行せず毎日新聞 2015年3月11日 10時47分配信

診療科長「死亡続いていると認識してなかった」…群馬大病院 読売新聞(ヨミドクター) 2015年3月10日 9時56分配信

手術同意書「こんなスカスカな」…遺族側弁護団
読売新聞 2015年3月7日 9時5分配信


群馬大病院、死亡診断書に虚偽病名…がんと誤診
読売新聞 2015年3月3日(火)12時14分配信


群馬大病院の腹腔鏡手術「8人死亡」で判明した“不手際”と“錯覚”
産経新聞 2015年2月7日(土)17時30分配信


高い死亡率、遺族衝撃…「群大病院は調査を」 読売新聞 2015年1月16日 9時2分配信

群馬大病院 厚労省などが立ち入り検査NHKニュース 2015年1月13日 10時35分

厚労相「尋常でない」…群大病院立ち入り検査へ読売新聞 2014年12月26日(金)14時44分配信

腹腔鏡手術後8人死亡…群大病院、同じ医師執刀 読売新聞 2014年11月14日 04時12分

群大手術死遺族「医師に行政処分を」要望書提出

群大手術死遺族「医師に行政処分を」要望書提出
読売新聞 2017/9/8(金) 15:42配信

 群馬大学病院の手術死問題で、遺族会と弁護団は7日、執刀医の須納瀬(すのせ)豊医師と、上司だった旧第二外科の竹吉泉元教授に対し、医師免許取り消しなどの行政処分を求める要望書を厚生労働省に提出した。

 記者会見した遺族会代表の40歳代の男性は「問題を顧みようとせず、このままでは同じことが起こるかもしれない」と処分の必要性を訴えた。

 遺族らが求めたのは、医師免許の取り消しや3年以内の医業停止、戒告といった行政処分。

 遺族は7〜8月、医師2人と直接会い、個別に説明を受けた。その際、日本外科学会や第三者の調査委員会などが、手術が適切かどうかの判断や技術、手術前後の患者管理などについて指摘した問題点をほとんど認めなかったという。


群大指導医不正取得、新たな対策は講じず…日本肝胆膵外科学会 読売新聞(ヨミドクター) 2016年10月15日 12時21分配信

群大病院、組織責任認める意向…遺族に伝える読売新聞 2016年9月21日(水)15時41分配信

遺族側に直接説明へ…群大手術死、医師側が意向 読売新聞 2016年8月16日(火)7時33分配信

群大手術死で9人処分…執刀医は懲戒解雇相当 読売新聞 2016年8月3日(水)6時16分配信

<群馬大手術死続発>執刀医ほぼ独断で実施 調査委報告書 毎日新聞 2016年7月30日(土)21時14分配信

「群馬大病院」副学長の悪運 月刊FACTA 7月4日 0時55分配信

群大手術死問題で遺族会結成…真相究明、病院に要求 読売新聞(ヨミドクター) 2016年6月27日(月)9時57分配信

術後死亡の43人、安全管理部門に報告せず 群馬大病院 朝日新聞デジタル 2016年3月27日(日)21時16分配信

群馬大の術後死検証、49遺族が記録提供に同意 読売新聞 2016年01月18日 08時22分

群馬大病院の患者死亡問題 「低質な医療、認識できず」中間報告、組織改革の必要性指摘 産経新聞 2015年10月27日 7時55分配信

群馬大、第三者のみの事故調査委員会設置−患者死亡を検証、年度末めどに報告書 医療介護CBニュース 2015年8月11日 13時36分配信

群大と東京女子医大、特定機能病院の承認取消へ読売新聞 2015年4月30日 19時52分配信

群大術後死、発表の18人以外にも…同一医師 読売新聞 2015年4月30日 8時1分配信

群馬大病院腹腔鏡手術死亡 病院の構造的な問題を医師が指摘NEWS ポストセブン 2015年4月12日 7時6分配信

群馬大病院問題 執刀医が報告書に反論NHKニュース 2015年4月2日 18時06分

群馬大病院腹腔鏡手術死亡問題 死亡率、全国平均の17倍以上フジテレビ系(FNN) 2015年3月23日 12時23分配信

群馬大事故調査委 9回中8回で学外委員が不参加NHKニュース 2015年3月20日 18時08分

18人も死亡させた群馬大学病院外科「殺しのライセンス」を持つ男〈週刊新潮〉BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり 2015年3月18日(水)8時0分配信

群馬大病院長が学長就任辞退…患者死亡相次ぎ読売新聞 2015年3月17日 13時49分配信

<群馬大病院>05年に生体肝移植事故 防止策実行せず毎日新聞 2015年3月11日 10時47分配信

診療科長「死亡続いていると認識してなかった」…群馬大病院 読売新聞(ヨミドクター) 2015年3月10日 9時56分配信

手術同意書「こんなスカスカな」…遺族側弁護団
読売新聞 2015年3月7日 9時5分配信


群馬大病院、死亡診断書に虚偽病名…がんと誤診
読売新聞 2015年3月3日(火)12時14分配信


群馬大病院の腹腔鏡手術「8人死亡」で判明した“不手際”と“錯覚”
産経新聞 2015年2月7日(土)17時30分配信


高い死亡率、遺族衝撃…「群大病院は調査を」 読売新聞 2015年1月16日 9時2分配信

群馬大病院 厚労省などが立ち入り検査NHKニュース 2015年1月13日 10時35分

厚労相「尋常でない」…群大病院立ち入り検査へ読売新聞 2014年12月26日(金)14時44分配信

腹腔鏡手術後8人死亡…群大病院、同じ医師執刀 読売新聞 2014年11月14日 04時12分

群大指導医不正取得、新たな対策は講じず…日本肝胆膵外科学会

群大指導医不正取得、新たな対策は講じず…日本肝胆膵外科学会
読売新聞(ヨミドクター) 2016年10月15日 12時21分配信

 群馬大学病院で相次いだ手術死に関連し、旧第二外科教授(7月29日付で諭旨解雇)が虚偽の手術実績で指導医の資格を取得していた問題で、日本肝胆膵(すい)外科学会は、新たな対策は取らない旨の見解を学会のサイトで公表した。

 同学会が認定する高度技能指導医は、一定以上の難度の手術件数などが必要としている。群馬大が設置した第三者の調査委員会が今年7月に公表した調査報告書では、指導医資格が虚偽の実績で取得可能だったことに対し、「防止策を講ずるべきだ」と同学会に要望していた。

 これを受け、同学会は「術者(執刀医)は手術の主要部分を実際に行った者で、手術記録に明記させている。不正申請への対策はサイトビジット(実地検査)で申請書類と内容を照合している」などと説明。「不正防止対策はすでに十分講じているが、さらに会員に周知徹底する」とするにとどめた。

群大病院、組織責任認める意向…遺族に伝える

群大病院、組織責任認める意向…遺族に伝える
読売新聞 2016年9月21日(水)15時41分配信

 群馬大学病院の手術死問題で、病院側が組織としての過失責任を認める意向を一部の遺族に伝えていることがわかった。

 病院は責任を認めた上で必要な補償を行う方針だ。遺族側の弁護団によると、医療事故を巡り、病院側が、医師が行った医療行為の適否だけでなく、組織自体の過失責任を認めるのは異例という。

 群馬大病院は今年7月に調査報告書が完成したのを受け、死亡した50人の遺族に調査結果を個別に説明しており、近く終了する。

 弁護団によると、代理人を務める7遺族への個別説明に際し、「執刀医らの医療行為、診療科長(教授)の監督行為、病院の構造・組織の不備」をいずれも問題として病院組織の責任を認めるか尋ねた。これに対し田村遵一病院長らは「指摘の通り。病院の管理体制が悪かった」などと組織の責任を認め、補償する考えを伝えた。執刀医や教授の今後の対応にかかわらず、病院としては補償を行う方針。


遺族側に直接説明へ…群大手術死、医師側が意向 読売新聞 2016年8月16日(火)7時33分配信

群大手術死で9人処分…執刀医は懲戒解雇相当 読売新聞 2016年8月3日(水)6時16分配信

<群馬大手術死続発>執刀医ほぼ独断で実施 調査委報告書 毎日新聞 2016年7月30日(土)21時14分配信

「群馬大病院」副学長の悪運 月刊FACTA 7月4日 0時55分配信

群大手術死問題で遺族会結成…真相究明、病院に要求 読売新聞(ヨミドクター) 2016年6月27日(月)9時57分配信

術後死亡の43人、安全管理部門に報告せず 群馬大病院 朝日新聞デジタル 2016年3月27日(日)21時16分配信

群馬大の術後死検証、49遺族が記録提供に同意 読売新聞 2016年01月18日 08時22分

群馬大病院の患者死亡問題 「低質な医療、認識できず」中間報告、組織改革の必要性指摘 産経新聞 2015年10月27日 7時55分配信

群馬大、第三者のみの事故調査委員会設置−患者死亡を検証、年度末めどに報告書 医療介護CBニュース 2015年8月11日 13時36分配信

群大と東京女子医大、特定機能病院の承認取消へ読売新聞 2015年4月30日 19時52分配信

群大術後死、発表の18人以外にも…同一医師 読売新聞 2015年4月30日 8時1分配信

群馬大病院腹腔鏡手術死亡 病院の構造的な問題を医師が指摘NEWS ポストセブン 2015年4月12日 7時6分配信

群馬大病院問題 執刀医が報告書に反論NHKニュース 2015年4月2日 18時06分

群馬大病院腹腔鏡手術死亡問題 死亡率、全国平均の17倍以上フジテレビ系(FNN) 2015年3月23日 12時23分配信

群馬大事故調査委 9回中8回で学外委員が不参加NHKニュース 2015年3月20日 18時08分

18人も死亡させた群馬大学病院外科「殺しのライセンス」を持つ男〈週刊新潮〉BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり 2015年3月18日(水)8時0分配信

群馬大病院長が学長就任辞退…患者死亡相次ぎ読売新聞 2015年3月17日 13時49分配信

<群馬大病院>05年に生体肝移植事故 防止策実行せず毎日新聞 2015年3月11日 10時47分配信

診療科長「死亡続いていると認識してなかった」…群馬大病院 読売新聞(ヨミドクター) 2015年3月10日 9時56分配信

手術同意書「こんなスカスカな」…遺族側弁護団
読売新聞 2015年3月7日 9時5分配信


群馬大病院、死亡診断書に虚偽病名…がんと誤診
読売新聞 2015年3月3日(火)12時14分配信


群馬大病院の腹腔鏡手術「8人死亡」で判明した“不手際”と“錯覚”
産経新聞 2015年2月7日(土)17時30分配信


高い死亡率、遺族衝撃…「群大病院は調査を」 読売新聞 2015年1月16日 9時2分配信

群馬大病院 厚労省などが立ち入り検査NHKニュース 2015年1月13日 10時35分

厚労相「尋常でない」…群大病院立ち入り検査へ読売新聞 2014年12月26日(金)14時44分配信

腹腔鏡手術後8人死亡…群大病院、同じ医師執刀 読売新聞 2014年11月14日 04時12分

遺族側に直接説明へ…群大手術死、医師側が意向

遺族側に直接説明へ…群大手術死、医師側が意向
読売新聞 2016年8月16日(火)7時33分配信

 群馬大学病院の手術死問題で、死亡が相次いだ旧第二外科の竹吉泉・元教授(先月29日付で諭旨解雇)と執刀医の須納瀬(すのせ)豊・元助教(同日付で懲戒解雇相当)が15日、遺族側に直接説明する意向を示す文書をそれぞれの代理人を通じて送付していたことがわかった。

 遺族会が先月30日付で送付した直接説明を求める要望書に両者が回答した。遺族側の弁護団によると、両者はいずれも、まずは遺族側の質問に文書で回答する形でやりとりしながら協議し、その後、遺族に対する直接説明を行いたい意向を示している。

 弁護団事務局長の梶浦明裕弁護士は「ようやくここまで来た。直接の説明は遺族が以前から要望しており、一日も早く実現してほしい」と話した。両者には今後、当初から遺族に対面して説明するよう求めていくという。


群大手術死で9人処分…執刀医は懲戒解雇相当 読売新聞 2016年8月3日(水)6時16分配信

<群馬大手術死続発>執刀医ほぼ独断で実施 調査委報告書 毎日新聞 2016年7月30日(土)21時14分配信

「群馬大病院」副学長の悪運 月刊FACTA 7月4日 0時55分配信

群大手術死問題で遺族会結成…真相究明、病院に要求 読売新聞(ヨミドクター) 2016年6月27日(月)9時57分配信

術後死亡の43人、安全管理部門に報告せず 群馬大病院 朝日新聞デジタル 2016年3月27日(日)21時16分配信

群馬大の術後死検証、49遺族が記録提供に同意 読売新聞 2016年01月18日 08時22分

群馬大病院の患者死亡問題 「低質な医療、認識できず」中間報告、組織改革の必要性指摘 産経新聞 2015年10月27日 7時55分配信

群馬大、第三者のみの事故調査委員会設置−患者死亡を検証、年度末めどに報告書 医療介護CBニュース 2015年8月11日 13時36分配信

群大と東京女子医大、特定機能病院の承認取消へ読売新聞 2015年4月30日 19時52分配信

群大術後死、発表の18人以外にも…同一医師 読売新聞 2015年4月30日 8時1分配信

群馬大病院腹腔鏡手術死亡 病院の構造的な問題を医師が指摘NEWS ポストセブン 2015年4月12日 7時6分配信

群馬大病院問題 執刀医が報告書に反論NHKニュース 2015年4月2日 18時06分

群馬大病院腹腔鏡手術死亡問題 死亡率、全国平均の17倍以上フジテレビ系(FNN) 2015年3月23日 12時23分配信

群馬大事故調査委 9回中8回で学外委員が不参加NHKニュース 2015年3月20日 18時08分

18人も死亡させた群馬大学病院外科「殺しのライセンス」を持つ男〈週刊新潮〉BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり 2015年3月18日(水)8時0分配信

群馬大病院長が学長就任辞退…患者死亡相次ぎ読売新聞 2015年3月17日 13時49分配信

<群馬大病院>05年に生体肝移植事故 防止策実行せず毎日新聞 2015年3月11日 10時47分配信

診療科長「死亡続いていると認識してなかった」…群馬大病院 読売新聞(ヨミドクター) 2015年3月10日 9時56分配信

手術同意書「こんなスカスカな」…遺族側弁護団
読売新聞 2015年3月7日 9時5分配信


群馬大病院、死亡診断書に虚偽病名…がんと誤診
読売新聞 2015年3月3日(火)12時14分配信


群馬大病院の腹腔鏡手術「8人死亡」で判明した“不手際”と“錯覚”
産経新聞 2015年2月7日(土)17時30分配信


高い死亡率、遺族衝撃…「群大病院は調査を」 読売新聞 2015年1月16日 9時2分配信

群馬大病院 厚労省などが立ち入り検査NHKニュース 2015年1月13日 10時35分

厚労相「尋常でない」…群大病院立ち入り検査へ読売新聞 2014年12月26日(金)14時44分配信

腹腔鏡手術後8人死亡…群大病院、同じ医師執刀 読売新聞 2014年11月14日 04時12分

群大手術死で9人処分…執刀医は懲戒解雇相当

群大手術死で9人処分…執刀医は懲戒解雇相当
読売新聞 2016年8月3日(水)6時16分配信


 病院で手術死が続いた群馬大学の平塚浩士学長は2日、東京都内で記者会見し、旧第二外科元助教(昨年3月退職)を懲戒解雇相当、同科教授を諭旨解雇、病院の前院長と元院長を減給相当と、計4人を懲戒処分したと発表した。

 旧第一外科教授ら5人は厳重注意などの処分となった。

 群馬大は処分対象者の氏名を公表していないが、読売新聞の調べでは、懲戒処分されたのは、執刀医の須納瀬(すのせ)豊・元助教、その上司の竹吉泉教授、当時の病院トップの野島美久・前病院長と石川治・元病院長。処分は先月29日付。竹吉教授は同日付で解雇された。

 須納瀬元助教は退職金の支払いを保留されており、懲戒処分が決まったため支払われない。処分理由は、カルテ記載や患者への説明が不十分だった点や、大学の信頼を失墜させたことなどが挙げられた。竹吉教授は、管理責任や論文への不適切記載などを問われたが、懲戒解雇より1段下の処分で退職金は7割支給される。



<群馬大手術死続発>執刀医ほぼ独断で実施 調査委報告書 毎日新聞 2016年7月30日(土)21時14分配信

「群馬大病院」副学長の悪運 月刊FACTA 7月4日 0時55分配信

群大手術死問題で遺族会結成…真相究明、病院に要求 読売新聞(ヨミドクター) 2016年6月27日(月)9時57分配信

術後死亡の43人、安全管理部門に報告せず 群馬大病院 朝日新聞デジタル 2016年3月27日(日)21時16分配信

群馬大の術後死検証、49遺族が記録提供に同意 読売新聞 2016年01月18日 08時22分

群馬大病院の患者死亡問題 「低質な医療、認識できず」中間報告、組織改革の必要性指摘 産経新聞 2015年10月27日 7時55分配信

群馬大、第三者のみの事故調査委員会設置−患者死亡を検証、年度末めどに報告書 医療介護CBニュース 2015年8月11日 13時36分配信

群大と東京女子医大、特定機能病院の承認取消へ読売新聞 2015年4月30日 19時52分配信

群大術後死、発表の18人以外にも…同一医師 読売新聞 2015年4月30日 8時1分配信

群馬大病院腹腔鏡手術死亡 病院の構造的な問題を医師が指摘NEWS ポストセブン 2015年4月12日 7時6分配信

群馬大病院問題 執刀医が報告書に反論NHKニュース 2015年4月2日 18時06分

群馬大病院腹腔鏡手術死亡問題 死亡率、全国平均の17倍以上フジテレビ系(FNN) 2015年3月23日 12時23分配信

群馬大事故調査委 9回中8回で学外委員が不参加NHKニュース 2015年3月20日 18時08分

18人も死亡させた群馬大学病院外科「殺しのライセンス」を持つ男〈週刊新潮〉BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり 2015年3月18日(水)8時0分配信

群馬大病院長が学長就任辞退…患者死亡相次ぎ読売新聞 2015年3月17日 13時49分配信

<群馬大病院>05年に生体肝移植事故 防止策実行せず毎日新聞 2015年3月11日 10時47分配信

診療科長「死亡続いていると認識してなかった」…群馬大病院 読売新聞(ヨミドクター) 2015年3月10日 9時56分配信

手術同意書「こんなスカスカな」…遺族側弁護団
読売新聞 2015年3月7日 9時5分配信


群馬大病院、死亡診断書に虚偽病名…がんと誤診
読売新聞 2015年3月3日(火)12時14分配信


群馬大病院の腹腔鏡手術「8人死亡」で判明した“不手際”と“錯覚”
産経新聞 2015年2月7日(土)17時30分配信


高い死亡率、遺族衝撃…「群大病院は調査を」 読売新聞 2015年1月16日 9時2分配信

群馬大病院 厚労省などが立ち入り検査NHKニュース 2015年1月13日 10時35分

厚労相「尋常でない」…群大病院立ち入り検査へ読売新聞 2014年12月26日(金)14時44分配信

腹腔鏡手術後8人死亡…群大病院、同じ医師執刀 読売新聞 2014年11月14日 04時12分

大学病院の事故と不正が減らないのはなぜか

大学病院の事故と不正が減らないのはなぜか
JBpress 2016年8月2日(火)6時15分配信


 群馬大学で手術後の死亡例が相次いだ問題で、大学から依頼された第三者事故調査委員会は、7月30日に報告書を提出した。

 朝日新聞の報道によると、主な問題点は以下だ。

 (1)2009年度に同じ男性医師による手術の後に8人が死亡していたのに、対応をとらなかった。
(2)旧第2外科では男性医師1人に手術が集中。支援の体制がなかった。
(3)男性医師の腹腔鏡手術の技量に疑問を持つ同僚医師から手術の中止を求める声が出たが、教授が聞き入れなかった。

 (4)旧第1外科と旧第2外科の間に競争意識があり、連携がなかった。
(5)病院は体制を整えないまま、手術数を拡大。
(6)死亡した18人のうち院内の安全管理部門に報告されたのは1人のみ


■ 責任を問われない教授たち

 群大は、今回の指摘を受けて、組織改革を進めるだろう。既に2015年4月には、2つの外科を「外科診療センター」にまとめている。

 ただ、私は、こんなことをしても問題は解決しないと思う。

 問題を起こした旧第2外科の竹吉泉教授は、いまだに教授職にあるし、ホームページの「教授挨拶」では、医療事故の件に全く触れていない。

 そればかりか「当教室のスタッフだけでほとんどの外科診療についてカバーでき、どのような患者さんが来院されても対応可能な体制をとっています」と主張する始末だ。当事者意識がない。

 さらに、旧第2外科のライバルと評された第1外科の桑野博行教授は、4月14日に大阪市で開催された日本外科学会の会合で、来年度の学術集会の会頭に選出された。

 オピニオン誌『選択』の6月号に掲載された「日本外科学会 医療を腐らせる「黒い利権装置」」によれば、会頭の選出では理事長の渡邊聡明・東京大学教授(腫瘍外科・血管外科)が推す東大閥の候補と、九州大学の推す桑野群大教授が対決した。

 怒号も飛びかう中、中断を繰り返して夜半までもつれ、投票により桑野氏が選ばれたらしい。

 日本外科学会は代々、九大閥が強く、対抗軸として東大閥が存在する。桑野群大教授も九大卒だ。群馬大学が置かれた現状を考えれば、桑野教授は群大の改革より、自分の出身母体の勢力拡張と、名誉職である「日本外科学会学術集会会頭」に関心があったと言われても仕方がない。

 この事例が示すように、群大の問題の本質は組織図や手続き論ではなく「教授のあり方」だ。

 群大の問題は、組織図をいじり、屋上屋を重ねるようなチェック体制を構築しても解決しない。下手な医師が手術をすれば事故は起こるし、統率力のない教授が指導すれば、医局は緩む。

■ 問題は教授選考にあり

 トップが責任逃れすれば、部下の信頼を失う。竹吉教授や桑野教授の振る舞いを見れば、群大外科で事故が相次ぐのも仕方ない。

 群大再生で議論すべきは、どうすれば適材適所の人材を登用できるかだ。私は、今こそ、教授の選考システムを変えるべきだと思う。

 医局では教授に権限が集中する。誰に手術をさせるか、どこの病院に異動させるかは教授に決定権がある。絶対権限を持つ教授に対し、医局員は逆らえない。医局は教授次第と言っていい。

 では、教授はどうやって選ばれるのだろう。

 これは教授が構成員を務める教授会での選挙だ。その際、重視されるのは、研究と診療の実績だ。どれくらい手術が上手いか、いくつ英語で論文を書いているかをが、具体的な評価基準になる。確かにいずれも重要だ。ただ、これで教授を選ぶのは危険だ。

 なぜなら、論文の筆頭著者や主治医に求められる能力と教授に求められる能力は異なるからだ。


 医局のトップとして、教授に求められるのは管理能力だ。ところが、教授選考で、管理能力が話題になることは稀だ。なぜなら、教授会の構成員は、そんなことに関心がないからだ。

 数年前、東大医学部を舞台に臨床研究の不祥事が発覚した。

 慢性骨髄性白血病の患者の個人データをノバルティスファーマに無断で送り、講演料や奨学寄付金を得ていた黒川峰夫・東大教授(血液・腫瘍内科)は、いまだに教授の地位にあるし、千葉大学在籍中に自らが責任者として実施した臨床研究で不正を指摘された小室一成・東大教授(循環器内科)は、今年、日本循環器学会の代表理事に就任した。

 知人の全国紙記者は「東大教授は逮捕されない限り、責任を取らない」と言う。

■ 幼稚で無責任な医学部教授

 彼らの無責任な振る舞いは、東大医学部教授会や日本循環器学会の理事会で問題とならなかったようだ。「医学部教授」という人種の考え方が分かる。幼稚で、無責任なのだ。

 では、どうすればガバナンスを効かすことができるか。

 医学部の教授会は構造的に腐敗しやすい。それは一部の教授たちが、教授選考を通じて大きな権限を持つのに、誰からもチェックされないからだ。

 竹吉・黒川・小室教授のケースのように、どんなに問題を起こしても、自ら辞めない限り、教授職は安泰だ(ちなみに部下の医師は辞職している)。

 国民が激怒し、マスコミに袋だたきにされても、組織内で責任を問われることはない。ほとぼりが冷めれば、医局員や教授会で、自らを安全地帯に置きながら人事権を行使する。

 知人の東大医学部の教授は「教授選挙は好き嫌いで決める輩が多い。怪文書が来ることもある」という。これで腐敗しない方がおかしい。

 どうすればいいのだろうか。私は、人事権を行使した人に、応分の責任を負わすべきだと考えている。つまり、教授会の任命・監督責任を追及するのである。

 具体的には、群大の場合、竹吉泉教授の教授選考で、誰が推薦し、どのような議論がなされたかを、公開すればいい。どのようにして「連帯責任」を負わすかは、群大が自ら考えればいい。

 幸い、昨年4月から、改正学校教育法および国立大学法人法が施行された。教授会と理事会のあり方をどうするか、試行錯誤が続いている。今がチャンスだ。

 学会も群大を応援すればいい。現在、医学界では、専門医の在り方について議論が進んでいる。第三者機関である日本専門医機構が、各学会が独自に認定してきた専門医資格を評価しようとしている。

■ 群馬大学の事故は氷山の一角

 日本専門医機構は、大学病院など「中核施設」と地域の「協力施設」が連携して研修することを推奨している。おそらく、大きな反対がなければ、群大の多くの診療科は「中核施設」に認定され、労せずして、若手医師を「確保」することになるだろう。

 果たして、群大に、その資格はあるのだろうか? 

 現在の群大病院が、その任に耐えないのは明らかだ。日本専門医機構の吉村博邦理事長は「専門医制度を通じて、国民に対し良質な医療を提供するための諸施策を検討する」ことを、「機構の役割」としている。私は、日本専門医機構の対応にも注目している。

 医療事故だけでなく、大学病院では不祥事が相次いでいる。今回の群大の医療事故は氷山の一角だと思う。

 大学病院の再生で、まず考えるべきは、「どういう人が大学教授に相応しいか」だ。

 小川誠司・京都大学教授(腫瘍生物学、血液内科)は「教授に必要なのは特段に優れた臨床能力でも研究能力でもない。若い人材にチャンスを与えて、その能力を育み、もって我が国の将来を展望する「特別な能力」だ」と言う。

 同感だ。今こそ、地に足の着いた議論が求められる。

上 昌広

<群馬大手術死続発>執刀医ほぼ独断で実施 調査委報告書

<群馬大手術死続発>執刀医ほぼ独断で実施 調査委報告書
毎日新聞 2016年7月30日(土)21時14分配信

 群馬大病院(前橋市)で同一医師の肝臓手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、同病院の医療事故調査委員会(上田裕一委員長)が30日、同大で記者会見した。この医師はほぼ一人で手術の実施判断や治療に携わり、複数の医師らが出席する症例検討会に参加しないこともあった。心臓外科医でもある上田委員長は「外科医一人の手術がうまくいけば全部がうまくいくわけではない。組織運営に問題があった」と総括した。

 調査委は、問題の医師が関わった18例の死亡事例を検証。死亡原因を分析し、改善策を盛り込んだ報告書をまとめ、同大の平塚浩士学長に同日提出した。

 報告書では、2009年度の1年間に、この医師が手術を担当した計8人が死亡していたことなどから、「体制を振り返って対応をとっていれば、その後の死亡を防げた可能性があった」と指摘。患者への説明も情報提供が不十分だったとし、改善策として、医師の説明を理解できたか患者がチェックする用紙の導入や、患者がカルテを閲覧できる仕組みの整備を提言した。

 この医師は10年から腹腔(ふくくう)鏡を使った難易度の高い手術を始めたが、専門的な知識や技術を持つ内視鏡認定医がかかわったのは、最初の2例のみ。上司の教授は腹腔鏡手術の経験がなく、肝臓手術の経験も多くなかった。別の医師から手術中止の進言もあった中、8人が死亡した。

 肝胆膵(すい)(肝臓、胆道、膵臓)手術が専門の具英成(ぐ・えいせい)神戸大教授は「高難度の手術を担える技量のない教授が、部下を適切に指導監督することは難しい。こうした人を責任者にしたことが問題の始まりとも言える」と指摘した。【野田武】


「群馬大病院」副学長の悪運 月刊FACTA 7月4日 0時55分配信

群大手術死問題で遺族会結成…真相究明、病院に要求 読売新聞(ヨミドクター) 2016年6月27日(月)9時57分配信

術後死亡の43人、安全管理部門に報告せず 群馬大病院 朝日新聞デジタル 2016年3月27日(日)21時16分配信

群馬大の術後死検証、49遺族が記録提供に同意 読売新聞 2016年01月18日 08時22分

群馬大病院の患者死亡問題 「低質な医療、認識できず」中間報告、組織改革の必要性指摘 産経新聞 2015年10月27日 7時55分配信

群馬大、第三者のみの事故調査委員会設置−患者死亡を検証、年度末めどに報告書 医療介護CBニュース 2015年8月11日 13時36分配信

群大と東京女子医大、特定機能病院の承認取消へ読売新聞 2015年4月30日 19時52分配信

群大術後死、発表の18人以外にも…同一医師 読売新聞 2015年4月30日 8時1分配信

群馬大病院腹腔鏡手術死亡 病院の構造的な問題を医師が指摘NEWS ポストセブン 2015年4月12日 7時6分配信

群馬大病院問題 執刀医が報告書に反論NHKニュース 2015年4月2日 18時06分

群馬大病院腹腔鏡手術死亡問題 死亡率、全国平均の17倍以上フジテレビ系(FNN) 2015年3月23日 12時23分配信

群馬大事故調査委 9回中8回で学外委員が不参加NHKニュース 2015年3月20日 18時08分

18人も死亡させた群馬大学病院外科「殺しのライセンス」を持つ男〈週刊新潮〉BOOKS&NEWS 矢来町ぐるり 2015年3月18日(水)8時0分配信

群馬大病院長が学長就任辞退…患者死亡相次ぎ読売新聞 2015年3月17日 13時49分配信

<群馬大病院>05年に生体肝移植事故 防止策実行せず毎日新聞 2015年3月11日 10時47分配信

診療科長「死亡続いていると認識してなかった」…群馬大病院 読売新聞(ヨミドクター) 2015年3月10日 9時56分配信

手術同意書「こんなスカスカな」…遺族側弁護団
読売新聞 2015年3月7日 9時5分配信


群馬大病院、死亡診断書に虚偽病名…がんと誤診
読売新聞 2015年3月3日(火)12時14分配信


群馬大病院の腹腔鏡手術「8人死亡」で判明した“不手際”と“錯覚”
産経新聞 2015年2月7日(土)17時30分配信


高い死亡率、遺族衝撃…「群大病院は調査を」 読売新聞 2015年1月16日 9時2分配信

群馬大病院 厚労省などが立ち入り検査NHKニュース 2015年1月13日 10時35分

厚労相「尋常でない」…群大病院立ち入り検査へ読売新聞 2014年12月26日(金)14時44分配信

腹腔鏡手術後8人死亡…群大病院、同じ医師執刀 読売新聞 2014年11月14日 04時12分

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Categories
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ