教師不祥事列伝

淡々と記録していきます
日頃人権にうるさい市民活動家たちは、政治家や警察に自衛隊の動向ばかり監視せず、学校教師の言動も監視してください。
それができないのは、その活動がニセモノだからです。
2013/5/22追記
114.155.192.95からのコメント書き込みはブロックさせていただきます。 どうか新しいお仕事を見つけて下さい。

2012年北海道札幌市白石区中学1年男子生徒自殺問題

札幌・中1自殺:調査検討委が最終報告書説明会−−市教委 /北海道

札幌・中1自殺:調査検討委が最終報告書説明会−−市教委 /北海道
毎日新聞 2012年12月20日(木)12時5分配信

 札幌市白石区の市立中学1年の男子生徒(12)が「いじめられていて死にたい」というメモを残して自殺した問題で、市教委は19日、市立小中学校長ら約320人を対象に調査検討委員会の最終報告書説明会を開いた。
 説明会には調査検討委の委員長を務めた福井雅英・道教育大教授も出席。福井教授は「(教員は)子どもの言葉の背後にある願いや思いを読み取る努力が必要」と指摘した上で、教員の負担を軽減するため、事務量の削減などを市教委に求めた。
 調査検討委は「いじめられていたという情報はなかった」とする最終報告書をまとめている。【高山純二】
12月20日朝刊

札幌・中1自殺:道教委、いじめ対策チームを月内設置へ /北海道

札幌・中1自殺:道教委、いじめ対策チームを月内設置へ /北海道
毎日新聞 2012年9月19日(水)12時44分配信

 札幌市白石区の中学1年の男子生徒が今月、いじめを示唆する遺書を残して自殺したことなどを受け、道教委は18日、いじめ問題に専従的に取り組む対策チームを月内に設置する方針を明らかにした。
 対策チームは専任職員2人のほか、不登校などの相談を行う道立教育研究所(江別市)の職員ら10人前後で構成する予定。道警や法務局など関係機関との連絡を担当するとともに、いじめの調査方法の見直しをし、道立学校や各市町村教委に対する指導や助言、支援を充実させる。高橋教一教育長は道議会で「いじめ問題に機動的、専門的に取り組む」と述べた。【岸川弘明】

9月19日朝刊

札幌・中1自殺:いじめ調査検討委、18日に初会合−−札幌市教委 /北海道

札幌・中1自殺:いじめ調査検討委、18日に初会合−−札幌市教委 /北海道
毎日新聞 2012年9月15日(土)13時13分配信

 札幌市白石区の市立中学1年の男子生徒(12)がいじめを示唆するメモを残して自殺した問題で、札幌市教育委員会は14日、臨時会議を開き、自殺の経過や背景を調べる調査検討委員会を設置した。外部委員は福井雅英・道教育大教授▽山口均弁護士▽氏家武・精神科医師の3人に依頼。第1回会合を18日に開催し、2カ月後をめどに報告書を公表する。
 調査委では外部委員に加え、市教委の池上修次・指導担当部長と当該の中学校長が調査にあたる。
 札幌市のいじめを巡る調査委員会は11年9月、同市手稲区の中学2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した際にも設置された。前回の調査経験を生かすため、外部委員は前回と同じ委員に依頼した。
 前回は学外の交友関係に踏み込めず、「調査の課題」として指摘されたことから、今回の設置要綱には「委員会が必要と判断する事項」を委員会の任務に加え、学外の調査などより広い角度からの調査を目指している。【高山純二】

9月15日朝刊

札幌・中1自殺:自殺防止体制徹底を 事件受け、道教委通知 /北海道

札幌・中1自殺:自殺防止体制徹底を 事件受け、道教委通知 /北海道
毎日新聞 2012年9月8日(土)11時1分配信

 札幌市白石区の市立中学1年の男子生徒(12)が「いじめられていて死にたい」とのメモを残し自殺したことに関連し、道教委は7日、小中高校で自殺防止体制を整えるよう各教育局に通知した。文部科学省が4日に夏休み明けの児童生徒への適切な対応を求める通知を各都道府県に出したことと、道内でも中高生の自殺が起きたことを受けた措置。
 通知では、児童や生徒の変化の兆候を見逃さず、相談に応じる体制づくりを進め、命を大切にする指導を徹底することを、各市町村教委と道立学校に求めている。
 この日、男子生徒の告別式が白石区の葬儀場で営まれ、親族や制服姿の同級生ら約50人が参列。出棺時には生徒らが手を合わせて見送った。【遠藤修平】

9月8日朝刊

札幌・中1自殺:「なぜ…」同級生ら沈うつ 保護者ら徹底解明求め /北海道

札幌・中1自殺:「なぜ…」同級生ら沈うつ 保護者ら徹底解明求め /北海道
毎日新聞 2012年9月7日(金)11時3分配信

 札幌市白石区の市立中学校1年の男子生徒(12)がいじめを示唆するメモを残して自殺した問題で、市教育委員会や中学校は6日、臨時の教育委員会や保護者説明会を相次いで開き、対応に追われた。男子生徒はスポーツも勉強もでき、同級生らは「いじめられるような生徒でない」と口をそろえ、首をかしげる。男子生徒はなぜ最悪の選択をしたのか。同級生らの保護者からも原因の徹底解明を求める声が上がっている。【高山純二、山下智恵、遠藤修平】(社会面参照)
 ◇重苦しい雰囲気で足早に生徒下校
 男子生徒が通っていた中学校は6日朝、十数人の教員が周辺の交差点などに立ち、登校してくる生徒を出迎える一方、保護者に車で送ってもらう生徒もいるなど重苦しい雰囲気。不確実な話などをマスコミにしないよう指導されたとみられ、下校時は足早に立ち去る生徒が多かった。
 同じ1年生の男子生徒(12)は「勉強もできて、楽器もうまい。友達も多かった。いじめられるようなやつではない」。同級生の男子生徒(12)も「孤立しているのは見たことがない」と指摘し、亡くなった男子生徒がいじめを示唆するメモを書き残していたことに首をかしげる。
 別の1年生の男子生徒(12)は8月下旬に道路ですれ違った際、気軽にあいさつを交わしたといい、「トラブルは聞いたことがなかった」と不安そうな表情を見せた。
 2年生の女子(13)は「身近にいじめ自殺した人がいると思うと悲しい」と声を落とし、別の2年生の女子生徒(14)は「死ぬほどのいじめがあったなら許せない。早く(原因を)解明してほしい」と話した。
 ◇説明会わずか25分 保護者不満も
 男子生徒が通っていた中学校体育館では午後7時半から保護者への説明会が開かれ、7時過ぎごろから続々と保護者が集まった。しかし、説明会の開催時間はわずか約25分。参加した保護者によると、男子生徒の自殺や同校の調査結果の内容が報告され、質疑応答の時間もあったものの、質問もなく終了したという。出席者からは「あまりにも短い」と不満の声も漏れ、中1の娘を持つ主婦(42)は「遺書にいじめと書いてある以上、いじめがなかったというのは早いのではないか」と指摘した。
 中学2年の男子生徒を通わせる母親(37)は「自分と息子の関係を重ね合わせて動揺してしまう。死んだ生徒の親が納得できる調査を重ねてほしい」と不安げな表情。別の主婦(43)は「かなり急な話だったので、学校側にもっと調査する時間があればよかったのではないか」と調査不足を指摘した。
 ◇究明へ異例の措置 全校生徒にアンケート
 男子生徒の自殺を受け、札幌市教委と中学校は5日、全校生徒にアンケート調査を実施する異例の措置を取った。調査結果には男子生徒へのいじめを直接うかがわせるような内容はなかったが、市教委では今後、道警の聞き取り調査や有識者による調査検討委員会で原因の究明を進めたい考えだ。
 市教委によると、アンケートは遺族から「何があったのか知りたい。きちんと調べてほしい」との要請を受けて実施した。質問項目は市教委と学校が作成。亡くなった生徒について「気になったことがあったか」「ここ1〜2週間で特に変わったことがあったか」−−など計5項目。原則記名で、その場で回収したという。
 また、他の生徒たちの心のケアのため、スクールカウンセラーよりさらに専門的知識を持ったスーパーバイザーを同校に派遣。5、6の両日は、「休ませてほしい」などと保健室に多くの生徒が訪れたという。
 同校には通常、スクールカウンセラー1人が毎週金曜日に詰めている。市教委は今後も生徒たちの具合を見ながら、スーパーバイザーの派遣を当面続ける方針。
 6日、臨時で開かれた教育委員会では冒頭、弁護士の山中善夫委員長が「命を大事にする教育を推し進めてきたところだが、まだまだ努力が足りなかった。すべての力を結集して再発防止に努めたい」とあいさつした。その後、会議は非公開で約1時間10分にわたって行われ、今後の調査の進め方などについて協議した。【平野美紀】
 ◇中学校が生徒に行ったアンケート◇
 本日亡くなった■■くんのことでうかがいます。
問1 あなたは、■■くんについて何か知っていますか。
(1)自分で見たり聞いたりしたこと
・■■くんのことで気になったことがあれば、いつごろ、どこで、何を、誰と、どんなことがありましたか。
・ここ1〜2週間で、特に変わったこと、気が付いたことはありましたか。
(2)他人から聞いたこと
・いつごろ、どんなことを聞きましたか。
問2 あなた自身について、相談したいことはありますか。
問3 ■■くんのことについて、今のあなたの気持ちを書いてください。
HASH(0xabd5ec)
 ご協力ありがとうございました。今後も何か思い出したり、書き足りなかったことがあれば知らせてください。
(※■■は自殺した生徒の実名)

9月7日朝刊

札幌の中1死亡、全校調査でいじめ確認できず

札幌の中1死亡、全校調査でいじめ確認できず
読売新聞 2012年9月6日(木)21時10分配信

 札幌市白石区で5日朝、中学1年の男子生徒(12)が「いじめられていて死にたい」との書き置きを残して自宅マンションから飛び降りて死亡した問題で、札幌市教育委員会は6日、男子生徒の死亡後に中学校で実施した全校アンケートでは、いじめを疑わせる内容の回答はなかったと発表した。

 ただ遺族からは調査を継続するよう要請されており、市教委は外部有識者を加えた調査検討委員会を設け、北海道警とも連携して原因究明を進める。

 市教委によると、アンケート調査は5日午後、全校生徒約600人を対象に、記名式で行われた。学校は同日、亡くなった男子生徒と親しい85人の生徒にも聞き取り調査を行い、6日も12人の生徒から事情を聞いた。しかしいずれも男子生徒がいじめを受けていたことを疑わせる内容はなかったという。

家族に「ごめんなさい」…飛び降り中1走り書き

家族に「ごめんなさい」…飛び降り中1走り書き
読売新聞 2012年9月6日(木)7時52分配信

 「いじめられていて死にたい」との走り書きを残し、中学1年の男子生徒(12)はマンションから飛び降りた。

 札幌市白石区で5日朝に起きた男子生徒の自殺を受け、通っていた中学では生徒からの聞き取りやアンケート調査などを行い、いじめの有無などの確認を急いでいる。

 「まじめで正義感の強い生徒だった」

 5日午後8時15分から同市内で開かれた緊急記者会見で、男子生徒が通っていた市立中学校の校長は「大変痛ましい」と言葉を詰まらせた。

 札幌市教育委員会によると、男子生徒は、A4判を半分にしたくらいの大きさの紙に「いじめられていて死にたい」「死んだらどうなるか知りたい」と記載していたほか、家族に宛てて「ごめんなさい」との言葉をつづっていた。校長は、「走り書きをしたような筆跡だった」と説明している。

中1男子「いじめられ死にたい」…飛び降り死亡

中1男子「いじめられ死にたい」…飛び降り死亡
読売新聞 2012年9月5日(水)20時11分配信

 5日午前7時10分頃、札幌市白石区のマンション前の路上で若い男性が倒れているのを近所の人が発見、119番した。

 男性は病院に運ばれたが全身を強く打っており、同日午前8時頃、死亡が確認された。

 北海道警や札幌市教委によると、亡くなったのは、このマンションに住む市立中学1年の男子生徒(12)で、男子生徒の所持品から、1枚の紙に、「いじめられていて死にたい」と書かれた遺書らしきものが見つかった。道警はマンションから飛び降り自殺したとみている。

 生徒が通う中学の校長は5日夜、同市内での記者会見で、「いじめの事実については聞いていない。最近も特に変わった様子はなかった。部活動、委員会活動も積極的にかかわっていた」と話した。男子生徒は入学以来、欠席はなかったといい、前日の4日も通常通り出席していた。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Categories
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ