教師不祥事列伝

淡々と記録していきます
日頃人権にうるさい市民活動家たちは、政治家や警察に自衛隊の動向ばかり監視せず、学校教師の言動も監視してください。
それができないのは、その活動がニセモノだからです。
2013/5/22追記
114.155.192.95からのコメント書き込みはブロックさせていただきます。 どうか新しいお仕事を見つけて下さい。

東京福祉大学

留学生所在不明…少子化で収入減の大学、就労目的の学生と思惑一致し…

留学生所在不明…少子化で収入減の大学、就労目的の学生と思惑一致し…
読売新聞オンライン 2019/7/25(木) 12:10配信

 東京福祉大(東京)で多数の留学生が所在不明になった問題では、大学のずさんな在籍管理の実態が明らかになった。背景には、少子化による経営環境の厳しさから留学生集めで収入増を狙う学校側と、日本での就労を目的とする一部留学生との思惑の一致がある。国は、在籍管理の不適切な大学などに留学生受け入れを認めない方針を打ち出すが、学ぶ意欲のある留学生受け入れ拡大に向けた環境整備も必要だ。(教育部 松本将統 岡本裕輔)


「週28時間以上働く」

 東京福祉大に通う南アジアからの留学生男性(25)は、「様々な分野で技術力の高い日本で学びたい」と2017年10月に来日。日本語学校を経て今春から同大に入学した。研究生として非正規の課程で日本語や社会福祉を学んでいる。

 弁当工場や宅配便の仕分けなど複数のアルバイトを掛け持ちし、法定の週28時間を超える35〜40時間働く。男性は、「違法と分かっているが、来日時の借金もあり、アルバイトを優先しがち」と話す。

 専門的な技能などの必要な就労の在留資格より、留学の資格取得は簡単だ。アルバイトは週28時間までに制限されるが、それ以上働く留学生は後を絶たない。所在不明の留学生について同大教員は「多くは就労目的だろう」としており、入学は在留資格の獲得が目的だった可能性もある。

 アジア地域の農村部などの収入水準は依然として低く、日本で制限を超えてアルバイトすれば月30万円を稼げるケースもある。研究生の学費は年間約70万円だが、「学費を払っても働きたい留学生もいる」(同大教員)。男性も「多くの同級生が週28時間以上、アルバイトしている」と明かす。


1600人所在不明

 東京福祉大では、研究生らの日本語能力や学ぶ意欲の低さも目立っていた。

 同大教員によると、研究生の多くは、名前をカタカナで書けず、授業中にカードゲームで遊ぶなどしていた。55ある研究生クラスの6割は日常会話もできないレベルだった。

 同大が昨年度に受け入れていた留学生は5133人で、早稲田大(5412人)に次ぐ多さ。しかし、東京福祉大は、留学生の8割を研究生ら非正規生が占めていた。大学設置基準には、研究生などの定員に上限がないことから、非正規生枠で留学生を集めていたとみられる。

 研究生が15年度の39人から18年度には2656人へと急増する一方で、16〜18年度に1610人の留学生が所在不明となり、このうち、研究生は7割に上る。


ずさんな在籍管理、働きたい学生を引きつける

 こうした現状は、東京福祉大に限らない。少子化で減る学生を留学生で補おうとする学校は珍しくない。

 私立大の3分の1は定員割れし、学校経営が留学生頼みの大学や専門学校も少なくない。東京福祉大の18年度学費収入は86億9600万円で、研究生の受け入れ本格化前の15年度より20億円以上増えた。同大の研究生集めや甘い在籍管理などが、日本で働きたい留学生を引きつけた面もあるとみられる。

 文部科学省では、所在不明の留学生が多数いる可能性のある他大学も調査する方針で、茨城県や福岡県の2大学への調査を表明している。

 私立専門学校も状況は同じで、文科省の調査によると、101校で学生の9割以上を留学生が占め、45校は学生全員が留学生だった。

 茨城県取手市の専門学校は、定員の3倍の留学生を受け入れ、多くは働くために来日していたという。学校も出席率を水増しした書類を入管に提出していた。

 大阪市の観光系専門学校では昨夏、定員を大幅に超過してベトナム人留学生らを入学させ、100人以上が在留資格を更新できずに退学となる問題が発覚した。

 日本人を対象に中国語の通訳などを養成するとして大阪府から認可されたが、学生の9割以上がベトナムやネパールなどからの留学生で、教育内容も漢字の読み書きなど初歩的な日本語が教えられていた程度という。


留学生の質向上、急務に

 留学生の積極的な受け入れは、政府が08年、留学生を「20年までに30万人」とした計画から始まった。

 日本学生支援機構によると、留学生は当時の約12万人から18年度は約30万人に増え、日本語学校で学ぶ留学生も9万人を超えた。

 しかし、出入国在留管理庁によると、1月時点で4708人の留学生が不法残留しており、数も増加傾向にある。

 留学生政策に詳しい東京工業大の佐藤由利子准教授によると、近年はベトナムやネパール、スリランカなどの留学生が増えている。「アルバイトをしながら学べる」とうたい、お金も学力もない留学生を集め、日本語学校に入学させる仲介業者もいるという。

 佐藤准教授は、「在籍管理の徹底や教育内容などの外部チェック」の重要性を強調する一方、留学生の質向上のため「大学は学ぶ意欲や学力、経済力が一定水準にある留学生を受け入れるべきだ。仲介業者を管理する仕組みや、経済力がなくても意欲ある留学生向けの奨学金制度なども有効だ」と指摘する。


在留資格停止の新制度…法務・文科省、対策を強化

 法務省では、問題発覚前から、東京福祉大の留学生の一部が不法残留だったことを把握していたが、文部科学省とは共有できておらず、対応の遅れにつながった。

 両省では、在籍管理が不十分な大学の留学生に在留資格を与えないなどの新たな制度を導入した。

 文科省は、大学に毎月求めていた除籍者や所在不明者の数の報告に加え、今年4月からは退学・除籍の理由と長期欠席者の報告も求めている。

 同省は、不適切な在籍管理が続く大学を「在籍管理非適正大学」に認定。法務省に通告し、4月に新設された出入国在留管理庁が大学名を公表し、改善まで新規留学生への在留資格を与えない。

 また、これまで法務省が不法残留者の多い大学を「慎重審査対象校」として留学生の在留資格審査を厳しくしてきたが、今後は、同庁が3年連続で認定すると留学生への資格付与を停止する。

 専門学校も所管する都道府県を通じ同様の措置を徹底させる。

収入を過少報告、定員超隠す 教員数も、東京福祉大系専門学校

収入を過少報告、定員超隠す 教員数も、東京福祉大系専門学校
共同通信 2019/7/25(木) 16:43配信

 定員を大幅に上回る留学生を在籍させていた東京福祉大系列の「保育・介護・ビジネス名古屋専門学校」(名古屋市)が2015年度以降、収入や教職員数を愛知県に過少報告していたことが25日、分かった。同校は「定員超過の発覚を防ぐためだった」としている。

 県によると、15年度の収入は10億1616万円だったのを10億572万円と報告。17年度は24億8851万円を10億4911万円としていた。教職員数では15年度は1人少なく42人としていただけだったが、19年度は74人との申告に対し実際は165人いた。同校は、運営する学校法人の理事会の承認を得て報告したとしている。

東京福祉大系列の専門学校が愛知県に虚偽報告 4000人超の留学生を640人以下に

東京福祉大系列の専門学校が愛知県に虚偽報告 4000人超の留学生を640人以下に
毎日新聞 2019/6/13(木) 21:40配信


 多数の留学生が所在不明となっている東京福祉大(本部・東京都)の系列校で、定員を大幅に超える外国人留学生が在籍していた名古屋市中区の「保育・介護・ビジネス名古屋専門学校」が、学生数を少なく見せるため、愛知県に虚偽の報告をしていたことが13日、県などへの取材で判明した。

 同校には留学生のみを受け入れる国際教養と国際ビジネス情報の2学科がある。関係者によると、2学科には今年5月時点で4000人を超える留学生が在籍。2015年から定員超過の状態が続いていたが、県の毎年の調査に対し、学校側は両学科の定員計640人より少ない学生数を報告していたという。

 同校を運営する学校法人「たちばな学園」は取材に「県に定員増加を申請する準備をしているところだった」と説明。教員を増やしたり、周辺のビルと売買・賃貸契約したりするなどして分校舎5棟を用意し、新たに約5000人を受け入れる予定だったと主張している。ただ、県の認可基準によると、校舎は原則、自己所有物件と定めており、賃貸物件は認めていない。

 同校は全国の日本語学校から留学生を受け入れており、ネパール人が約6割、ベトナム人が約3割を占めている。法人側は「留学生の多くは真面目に勉強しており、所在不明になっている学生はほとんどいない」としている。【竹田直人】

教室にトイレ、銭湯2階で授業…東京福祉大の杜撰さ、報告書が列挙

教室にトイレ、銭湯2階で授業…東京福祉大の杜撰さ、報告書が列挙
産経新聞 2019/6/11(火) 21:58配信


 東京福祉大(東京都豊島区)で多数の留学生が所在不明になっている問題で、文部科学省と出入国在留管理庁は11日、留学生の不適切な受け入れや不十分な管理体制が大量の所在不明者を発生させたとして、同大に対し、特に問題の多い学部研究生の新規受け入れを停止させる方針を明らかにした。所在不明者数は過去3年間で計1610人に上る。

 「安易な留学生の多数受け入れ」「授業欠席者への不十分な履修指導」「受け入れ規模に見合わない脆弱な組織体制」…。文部科学省と出入国在留管理庁が11日に公表した東京福祉大の調査結果の報告書には、3年間で1600人以上の所在不明者を出した同大の杜撰な体質を厳しく指摘する文言がずらりと並んだ。文科省が大学に対し、ここまであからさまな批判をするのは異例だ。文科省幹部は「レッドカードに近い。徹底して改善指導を行う」としている。

 同大の留学生のうち、とくに問題となっているのは学部研究生だ。文科省によると同大は平成28年度以降、それまで数十人程度だった研究生を一気に1千〜2千人以上に増やしたが、日本語能力が基準を大幅に下回る研究生が多数在籍していた。

 施設の整備も不十分。同大のキャンパスでは急増する留学生を収容しきれず、雑居ビルやマンションの一室を教室として使用し、銭湯の2階を借りて授業をしていたケースもあった。別の教室では、室内にトイレがあるため授業中でも別のクラスの留学生が出入りしていたという。

 文科省は同大に対し、7月末までに改善計画を提出するよう求めている。一方、同大は産経新聞の取材に「指導を真摯に受け止め、改善に努めていく」とコメントした。

学部研究生はN2相当の日本語力 文科省が要求、大学に確認徹底

学部研究生はN2相当の日本語力 文科省が要求、大学に確認徹底
共同通信 2019/6/11(火) 18:28配信

 東京福祉大の留学生所在不明問題を受け、文部科学省は11日までに、正規課程への準備段階となる「学部研究生」課程に外国人留学生を受け入れる場合、大学レベルの講義が理解できる日本語能力があるかどうか、各大学に確認を徹底させる方針を示した。具体的には正規課程の留学生と同じく、5段階の日本語能力試験で上から2番目のN2相当が必要とし、専門学校にも対応を求める。

 不適切なケースが見つかった場合は、留学生の在留管理を担当する法務省に通告。出入国在留管理庁が、留学生として在留資格を認めないなどの措置を検討する。

東京福祉大、学部研究生の新規受け入れ停止 留学生所在不明で文科省指導

東京福祉大、学部研究生の新規受け入れ停止 留学生所在不明で文科省指導
産経新聞 2019/6/11(火) 10:51配信


 東京福祉大(東京都豊島区)で多数の留学生が所在不明になっている問題で、文部科学省と出入国在留管理庁は11日、同大に対する調査結果を公表。留学生の不適切な受け入れや不十分な管理体制が大量の所在不明者を発生させたとして、同大に対し、とくに問題の多い学部研究生の新規受け入れを停止する方針を明らかにした。平成28〜30年度の所在不明者数は計1610人に上り、文科省では今後、私学助成金の減額や不交付も検討する。

 調査結果によると、同大留学生の所在不明者数は28年度が在籍3000人中305人(10・1%)、29年度が3733人中482人(12・9%)、30年度が5133人中823人(16・0%)−と年々急増。管理体制が不十分なまま安易に留学生を受け入れているためで、「大学の責任は重大」と厳しく指摘した。

 また、同大の留学生には(1)学部や大学院で学ぶ「正規課程」(2)同大進学のために日本語能力などを修得する「留学生別科」(3)正規課程に進む準備課程として心理学などの専門分野を学ぶ「学部研究生」−の3種類があるが、所在不明者の8割が学部研究生であることも分かった。

 文科省によると、同大は28年度以降、それまで数十人程度だった学部研究生を一気に1千〜2千人以上に増やしたが、入学者選考で求められる日本語能力水準を大幅に下回る研究生が多数在籍していた。新学期から欠席し、そのまま所在不明になる研究生も多数いたという。

 施設整備も不十分で、例えば雑居ビルやマンションの一室を教室として使用。室内にトイレがあるため授業中でも別のクラスの留学生が出入りするような教室もあった。

 こうした状況を受け、文科省では当面、同大に対し学部研究生を新規に受け入れないよう指導する。同大が受け入れを申請しても、出入国在留管理庁は「留学」の在留資格を付与しない。正規課程と別科の留学生受け入れは認めるが、これまで以上に審査を厳格化することにした。

 文科省では「適正化に向けた指導を行うとともに、大学に改善計画の提出を求め、その実施状況をフォローアップしていく」としている。

--------

留学生の在籍管理厳格化へ 改善なければ「非適正大学」に
産経新聞 2019/6/11(火) 10:53配信


 東京福祉大による不適切な留学生受け入れ体制が判明したことを受け、文部科学省と出入国在留管理庁は11日、留学生の在籍管理を徹底する新たな対策を発表した。所在不明者が多数発生した大学などへの改善指導を強化するほか、改善しなければ「在籍管理非適正大学」として法務省に通告する。留学の在留資格の付与も停止し、大学名を公表することにしている。

 管理庁ではこれまで、不法残留者や所在不明者の多い大学や日本語学校などを「慎重審査対象校」とし、在留資格審査を厳格に行ってきた。今回、それより処分の重い「非適正大学」としての通告制度を新設することで、在籍管理の徹底を図る狙いがある。

 このほか文科省では、東京福祉大で問題となった学部研究生について「ほかにも日本語能力が十分でない留学生を受け入れている実態が懸念される」と分析。入学時に一定水準の日本語能力を求めているかどうか、各大学の実情を確認する方策も明らかにした。

【現場から、】消えた留学生、パンフレットには・・・

【現場から、】消えた留学生、パンフレットには・・・
TBS News i 2019/6/10(月) 20:31配信


 留学生の所在不明問題が起きた東京福祉大学。系列の専門学校で定員の9倍もの留学生を入学させていました。なぜ、こんなに多くの留学生を集めることができたのか。新たに入手したパンフレットに書かれていたこととは?

 階段をのぼった先・・・この部屋でベトナムから日本にきた留学生が友達と2人で住んでいます。

 「これは漢字の。こちらは文法ですね」

 見せてくれたのは、日本語の教科書。特に、漢字が難しいといいます。

 「難しいですよ。漢字は読み方もいろいろあるから難しい」(ベトナム人留学生)

 彼女が通っているのが、名古屋市にある東京福祉大学系列の「保育・介護・ビジネス名古屋専門学校」です。4年前に来日し、2年間、日本語学校で学んだ後、この専門学校に入りました。

 「ビジネスマナー、経営とかも勉強した。日本で働きたい。就職してお金を稼いで、親にやってあげたいから」(ベトナム人留学生)

 問題となっているこの専門学校は、全国各地の日本語学校を出た留学生を集め、今年度、およそ2100人を入学させていました。

 「最初、北海道の日本語学校、札幌で」(留学生)
 「福岡の学校。(Q.日本語学校?)はい」(留学生)

 留学生を受け入れる国際教養学科の1学年の定員は240人。およそ9倍近くにあたり、専門学校は学生の数を愛知県に虚偽申告していた疑いがもたれています。いったいなぜこんなにも多くの留学生が集まってきたのでしょうか。

 「日本三大都市の1つ『名古屋』」「アルバイト先も豊富」「住居費も安くて安心」
 これは、JNNが新たに入手した、この専門学校の来年度の留学生募集のパンフレット。

Q.どうしてこの学校を選んだ?
 「入りやすいし(学費も)安いから」(留学生)
Q.どこでアルバイトを?
 「マクドナルド」(留学生)
 「ラーメンショップ」(留学生)

 さらに・・・

 「大学卒業資格を取得できる!」
 この専門学校は4年間にわたって通い、東京福祉大学の通信課程を並行して学べば、「大卒の資格」も取れるといいます。

 「東京福祉大学の通信制課程の3年次に編入することができて、ダブルスクールという形で2年間で学士号を取ることができますと、留学生に対して一つの売りになっている」(東京福祉大系列の専門学校の元職員)

 その後の関係者への取材で、この専門学校は留学生の受け入れ拡大に伴って教室として使用するビルを次々と借りていましたが、県の認可を得ていない建物で授業を行っていた疑いがあることも新たに分かりました。専門学校側はJNNの取材に対し、定員超過の事実は認めたうえで「日本語学校からの受け入れ要請を断り切れなかった」としています。(10日17:03)

【現場から、】消えた留学生、県の認可得ていない建物で授業か

【現場から、】消えた留学生、県の認可得ていない建物で授業か
TBS News i 2019/6/10(月) 13:36配信


 東京福祉大学系列の専門学校が定員の9倍近い留学生を入学させていた問題で、この専門学校が、愛知県の認可を得ていない建物で授業を行っていた疑いがあることが分かりました。

 「日本三大都市の1つ『名古屋』」
 「アルバイト先も豊富」
 「住居費も安くて安心」

 こうした文字が並ぶのは、東京福祉大学系列の「保育・介護・ビジネス名古屋専門学校」が作成した留学生募集のパンフレットです。

Q.どういう授業?
 「ビジネスマナー」(留学生)

Q.どこでバイトを?
 「マクドナルド」(留学生)
 「ラーメンショップ」(留学生)

 パンフレットには、さらに・・・
 「大学卒業資格を取得できる!」

 この専門学校は4年間にわたって通い、東京福祉大学の通信課程を並行して学べば、「大卒の資格」も取れると言います。

 「東京福祉大学の通信制課程の3年次に編入することができて、ダブルスクールという形で2年間で学士号を取ることができますと。留学生に対して、ひとつの売りになっている」(東京福祉大系列の専門学校の元職員)

 こうした点を強調して、全国各地の日本語学校などを出た留学生を集め、今年度はおよそ2100人が入学していました。しかし、留学生を受け入れている学科の1学年の定員は240人。この9倍近くが入学していたことになり、学生の数を愛知県に虚偽申告していた疑いがもたれています。

 さらに、その後の関係者への取材で、この専門学校は留学生の受け入れ拡大に伴って教室として使用するビルを次々と借りていましたが、県の認可を得ていない建物で授業を行っていた疑いがあることも新たに分かりました。専門学校が教室として使用する建物は、都道府県から認可を得る必要があり、愛知県は詳しく調べています。(10日09:54)

東京福祉大の系列校、留学生の大幅定員超過は5年以上

東京福祉大の系列校、留学生の大幅定員超過は5年以上
TBS News i 2019/6/8(土) 18:09配信


 東京福祉大学系列の専門学校が定員を大幅に超える留学生を入学させていた問題で、この専門学校が少なくとも5年にわたり、定員を大幅に超える留学生を受け入れていたことが分かりました。

 名古屋市にある東京福祉大学系列の専門学校「保育・介護・ビジネス名古屋専門学校」は、留学生を受け入れている「国際教養学科」で、一学年の定員240人の9倍近くにあたる、およそ2100人を今年度、入学させていました。その後の関係者への取材で、この学科では少なくとも5年にわたり、定員を大幅に超える留学生を受け入れていたことが分かりました。

 2015年度はおよそ500人で、年を追うごとに増え続けていて、愛知県もこうした情報を把握しています。愛知県は、在籍している学生の数について、県に虚偽報告を行っていた疑いがあるとして実態調査を進めています。

 専門学校側は、JNNの取材に定員超過を認めたうえで、「日本語学校からの受け入れ要請を断り切れなかった」としています。(08日15:16)

【現場から、】「消えた留学生」、系列専門学校でも定員8倍

【現場から、】「消えた留学生」、系列専門学校でも定員8倍
TBS News i 2019/6/6(木) 13:11配信


 「消えた留学生」と題してお伝えしてきた問題で、新たな展開です。およそ1400人の留学生の所在不明が発覚した東京福祉大学。名古屋市にある系列の専門学校では、定員の8倍を超える留学生を受け入れている疑いが浮上、愛知県などが立ち入り調査に乗り出しました。

 名古屋の中心部にあるオフィス街。朝9時をすぎると、地下鉄の地上出口から留学生がどんどんどんどん上がってきます。歩道を埋め尽くす外国の人々。聞こえてくるのは、アジアの言葉です。

 周囲のお店の人たちは・・・。
 「去年くらいからむちゃくちゃ入ってきたなと思って留学生が」(男性)
 「朝9時半ごろにすごい数が来ます。日本の方はほとんどいない」(女性)

 彼らが向かうのは、名古屋市にある東京福祉大学系列の専門学校です。この専門学校は、保育や介護のほかビジネスを学ぶという部門があり、そこで留学生を受け入れているといいます。

 「(Q.どういう授業?)ビジネスマナー」(留学生)
 「僕の将来は貿易のビジネスをすると思って」(留学生)

 この専門学校で、新たな問題が浮上しました。留学生を受け入れている「国際教養学科」の1学年の定員は240人と愛知県に届け出ていますが、関係者によると、今年度はその8倍以上にあたるおよそ2000人の留学生が入学していた疑いがあることが分かったのです。

 留学生はネパールやベトナムなどの出身で、来日後、全国各地の日本語学校を出てからこの専門学校に来た人が多いといいます。

 「最初、北海道の日本語学校、札幌で」(留学生)
 「福岡の学校。(Q.日本語学校?)はい」(留学生)
 「(Q.どうしてこの学校を選んだ?)入りやすいし(学費が)安いから」(留学生)

 専門学校の元職員の男性は・・・。
 「何人合格させるんだという話は一切なくて、(留学生を)採れるだけ採ろうというのが基本的なスタンスですから、採れるだけ採った結果が2000人だった」(東京福祉大系列の専門学校の元職員)

 こうした実態を調べるため、愛知県などが立ち入り調査に入りました。専門学校側は、JNNの取材に定員を超えた受け入れは認めたうえで、「調査後に改めて回答する」としています。(06日10:31)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Categories
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ