教師不祥事列伝

淡々と記録していきます
日頃人権にうるさい市民活動家たちは、政治家や警察に自衛隊の動向ばかり監視せず、学校教師の言動も監視してください。
それができないのは、その活動がニセモノだからです。
2013/5/22追記
114.155.192.95からのコメント書き込みはブロックさせていただきます。 どうか新しいお仕事を見つけて下さい。

2013年熊本県山高校1年女子生徒自殺問題

県立高校いじめ裁判で原告が控訴(熊本)

県立高校いじめ裁判で原告が控訴
RKK熊本放送 2019/5/29(水) 19:25配信


6年前県立高校に通っていた女子生徒が自殺したのはいじめが原因として遺族が県や同級生に損害賠償などを求めた裁判で、原告側は熊本地裁判決を不服として29日控訴しました。
今月22日の熊本地裁の判決では
同級生のいじめの一部を賠償の対象とし11万円の支払いを命じた他、担任の教諭にいじめから守る安全配慮義務違反があったと判断しました。
一方で、担任への賠償命令は無くいじめの現場となった寮の監督者の落ち度も認められませんでした。
そのため、原告側はきょう地裁の判決を不服として控訴しました。

高1自殺、熊本県の責任認めず いじめで元同級生に賠償命令

高1自殺、熊本県の責任認めず いじめで元同級生に賠償命令
西日本新聞 2019/5/23(木) 12:15配信

 2013年に熊本県立高1年の女子生徒=当時(15)=が自殺したのは寮でのいじめで苦痛を受け、学校側が対応を怠ったことが原因として、遺族が元同級生と県に計約5800万円の損害賠償を求めた訴訟で、熊本地裁(小野寺優子裁判長)は22日、「(教員の対応と)自殺との間に因果関係はない」として県に対する請求を棄却した。いじめを一部認め、元同級生には11万円の賠償を命じた。

 小野寺裁判長は県の責任について、担任教諭の対応の一部が「安全配慮義務に違反した」と判断したが、元気な様子も見られたことなどから「自殺を具体的に予見できたとは言い難い」として、自殺との因果関係は認めなかった。その他の担任と学校寮の舎監長の対応は「合理的」とした。

 元同級生に関しては、無料通信アプリLINE(ライン)で「レスキュー隊呼んどけよ」などと送った行為が脅迫、中学の卒業アルバムへの書き込みが器物損壊に当たる不法行為と認定した。

 女子生徒の母親(51)は「(寮の)舎監長の責任が認められなかったことは残念」とし、控訴する意向を示した。蒲島郁夫知事は「県の主張が認められたものと受け止めている」とのコメントを出した。

------

「まだ娘にいい報告できない」控訴の意向 熊本高1自殺
朝日新聞デジタル 2019/5/22(水) 23:18配信

 2013年に自殺した熊本市内の熊本県立高校1年の女子生徒(当時15)の遺族が、自殺はいじめに学校側が適切な対応をしなかったためなどとして、県と元同級生1人に損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、熊本地裁であった。小野寺優子裁判長は元同級生に11万円の支払いを命じた一方、県に対する請求は棄却した。

 「担任の落ち度が認められたのは良かった」。亡くなった女子生徒の母親(51)は、判決後に記者会見し、判決について一定の評価をした。

 ただ、寮生を指導する教諭である「舎監長」の落ち度や県の責任が認められなかった点については「寮の中で起きたいじめ行為なので、舎監長の責任が認められるまでは、娘にいい報告ができない」と語り、控訴する意向を示した。

 会見では、時折涙をぬぐいながら、これまでの日々も振り返った。

熊本・高1自殺、再調査へ 県が第三者委設置

熊本・高1自殺、再調査へ 県が第三者委設置
朝日新聞デジタル 2016年3月29日(火)13時39分配信

 「LINE(ライン)」の書き込みなどでいじめを受けていた熊本県立高校1年の女子生徒(当時15)が2013年に自殺した問題について、県は29日、外部の第三者委員会で改めて調査することを決めた。学校が設置した調査委員会は今年2月、いじめと自殺との因果関係を認めないとの判断を示し、遺族が第三者委での再調査を求めていた。

 学校調査委の2月の報告書は、LINEでの脅迫的な言葉など五つのいじめを認定しつつ、「自殺に直接的な影響を与えたとは認めがたい」とした。一方、遺族は、調査委に校長らが含まれていたことなどから「公平中立な調査ではなかった」などと反発。第三者委による再調査を求める意見書を県に出していた。

 今後、大学教授ら5人による第三者委が調査を進める。29日午前、県から説明を受けた女子生徒の母親(48)は、自らの気持ちを委員に伝える場を設けるよう求めたという。取材に対し、母親は「学校側には2年半、時間稼ぎされたと感じている。再調査に期待したい」と話した。(籏智広太)

------

2年半という時間で当時の生徒を全員卒業させ、調査困難で幕を引くつもりとみた
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Categories
Recent Comments
Archives
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ