April 16, 2005

DO or DIE?

 
 夜勤明けに駅のそば屋に行って、たぬきそばを注文したら、
 
 愛想のいい店員(男)に
 
 
 
 「お客さん、たぬきだね?」 (ニヤリ)
 
 
 と言われ、
 
 
 「そんなでもありません!」
 
 
 と答えてしまい、気まずい雰囲気を醸し出した駄メンです。
 
  こんばんゎ。
 
  
  
 先日からの文字だけテキストが思いのほか好評だったので、
 
 今後も続けて逝きたいと思います。
 
 
 今日は何日か前の記事について書こうと思います。
 
 
 
 合成麻薬「MDMA」をネット密売、少年ら6人逮捕
 
 
 新宿歌舞伎町のクラブDJがインターネットを通じて、MDMAや大麻
 
 などを密売していたらしい。
 
 
 MDMAとは、覚せい剤に似た合成麻薬で、別名エクスタシーと
 
 呼ばれ、一般的には錠剤またはカプセルの形で流通しており、
 
 若者の間で服用者が近年、増加している。
 
 
 MDMAを乱用するとどうなってしまうか。
 
 
 興奮状態になったり幻覚を起こしたり、精神の錯乱など強い
 
 副作用が摂取した人間を襲う。
 
 影響は投与後15分以内に現れ約2〜8時間残る。
 
 
 このMDMAの怖いところは、LSDなど他の幻覚剤よりも
 
 作用が弱いとされていることである。
 
 しかし、他の薬物との組み合わせにより依存度が強くなり
 
 結果的に過剰摂取により死に至るというケースが多いのだ。
 
 
 日本ではMDMAによる検挙人数は年々倍増してきている。
 
 
 日本でさえ、こんな有様なのだ。他の国はどうだろう。
 
 
 
 私は小さい頃から外国に対し強い憧れがあり、旅行や
 
 留学などで様々な国に行った事がある。
 
 楽しいことがほとんどだが、恐ろしい体験も多々している。
 
 
 アメリカのロサンゼルスでは毎晩のように銃声を聞いていたし、
 
 サンディエゴではひったくりにあった。
 
 
 そしてメキシコではクラック(コカインと重曹を固めたもの)を
 
 売りつけられたことがある。
 
 それも夜ではなく、白昼堂々と信号待ちの間にだ。
 
 
 もちろん言葉が通じない振りをして断ったが。。。
 
 
 しかし、私が訪れた国の中で一番の麻薬天国・・・
 
 
           それは タイ だ。
 
 
 私は大学生の時に、卒業旅行としてタイへ行った。
 
 首都・バンコクは クルン・テープ(天人の都)と云われ、
 
 それはそれは清々しい街だった。
 
 寺院は金ピカで綺麗だし、本場のタイ料理は美味しかった。
 
 
 旅行者が 「絶対にまたタイに来るっ!」 という理由は
 
 数多くあると思う。人々が優しいのもあるだろうし、料理が
 
 美味いのもあるだろう。
 
 
 しかし、私が思うのは違う。
 
 
       オンナ  麻薬  だ。
 
 
 近年、この2つの理由で日本人旅行者がお縄についている。
 
 少女買春で日本人一斉検挙などは耳にしたことはあるだろう。
 
 
 麻薬に関しても、タイの北部に 『ゴールデン・トライアングル』と
 
 呼ばれるエリアがあるが、ここは観光名所で栄えている一方、
 
 麻薬の一大産地として悪名を馳せているのだ。
 
 
 このため、日本人の中には
 
 「タイなら気楽に麻薬が買えるんじゃないの?」
 
 と思っている人がいますが、それは大きな間違いである。
 
 
 私は知っている。
 
 
 違反者にどれだけ重い罰が口を開けて待ち構えているか・・・。
 
 
 
 それは私が友達と一緒にタイ北部のユースホステルのような
 
 宿舎に泊まった時のことだ。
 
 隣の部屋で何やらにぎやかな話し声がするので行ってみた。
 
 すると日本人の男3人とタイ人が話している。
 
 聞いてみるとどうやら、ヤー・イー(MDMA)を使って一種の
 
 薬物パーティーをやろうと言っているらしい。
 
 そしてタイ人はその日本人からお金を受け取り、帰っていった。
 
 その日本人は私たちにも勧めてきたが断った。
 
 ジャンクなものは受け付けないタチなのだ。
 
 
 私と友達は自分たちの部屋に戻った。
 
 友達は惜しそうな顔をしていたが。
 
 
 しばらくすると彼らのハイな声が聞こえてきた。
 
 楽しそうだ。 
 
 
 
 しかし、次の瞬間 誰かが隣の部屋に駆け込んできた!
 
 
 
 警察だ!
 
 
 
 日本人3人は現行犯逮捕。
 
 顔面蒼白のまま警官に連れられていった。
 
 
 
 しかし、何故だ?
 
 何故こんなにも早く警察へ知れたんだろう。
 
 
 
 答えはすぐ目に飛び込んできた。
 
 
 
 さっき日本人に薬を売った男が、警官に金をもらっていたのだ!
 
 
 タイの警察は麻薬に対して 「密告奨励制度」 を採用している。
 
 (いま現在はわからないけれど)
 
 つまり、売人や所持者を報告すれば報奨金がもらえる。
 
 
 だから簡単に言うと、持っている麻薬を売りつけて、すぐに
 
 警察に密告すればいいわけだ。
 
 
 売人は麻薬の代金を懐にしまい、密告者として更に褒美をもらう。
 
 密告された人は被害者どころか容疑者として、即留置所に直行。
 
 
 「そんなアホな!」 は悪の世界には通用しない。
 
 
 この逮捕された日本人はその後どうなったかは知らない。
 
 しかし、タイの法律は麻薬には厳しく、実刑には恩赦もない。
 
 無期懲役、もしくは極刑も・・・
 
 
 さぁ これを読んでも あなたは麻薬に手を染めますか?
 
 
 
 
 DO or DIE?
 
 
 
 
 お目汚し、失礼しました。
 
 でゎ 股。


Posted by damen_goroku4_101 at 00:13│Comments(4)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
昨日今日で【駄メン色】が確立しようとしているのではと思いました。今日のが一番良かったです。ガラっと雰囲気が変わりましたよね。駄メンサンのHPに来る、日々の楽しみがもっと楽しみな日になりました。
Posted by ゲレーロ at April 16, 2005 09:40
こんにちわさビーフ(←ポテトチップだよ)

今日の社会派な日記もいいですね。
駄メンさんも、とゐち氏同様に沢山引出しがありそうで楽しみです。あら?ゲレーロさん、朝早くからカキコですね。私は爆睡していました。スンマソン。

ちなみに、私は「たぬきですね?」と言われたら「ハイ」と言うしかない実写版ドラえもんです。

でゎ、股=3
Posted by Jun at April 16, 2005 13:02
こんにちくわ。
駄メンワールドがどんどん濃くなってきましたネ(´∀`)
ますます楽しみでありマス!

あ、今気付いたのですが…
リンクどうもアリガトウゴザイマス(・∀・)

☆(´A`)ノシ

Posted by キノコ at April 16, 2005 22:03
みなさん、ようこそおいでませwww

>ゲレーロ氏
お察しの通り、今は自分の色を出すために
暗中模索のジョータイでございます。
今回のが良かったですか♪ 嬉しいです☆
きっちり自分を確立したらもっと楽しんで
頂けると思います。 乞うご期待っ!

>Junさん
こんばんワイドショー(ライブドア ショセンハマネーゲームデスネ)

いつもお越し頂き大感謝ですタイwww
引き出しイパーイ出していくので、バンバン開いてくらさい♪


>キノコ姫
いらっしゃいまセ♪ 
駄メンワールド炸裂させるためにただ今準備中デス
色んなトピックで書いていくんでよろっす♪
Posted by 駄メン at April 18, 2005 21:20