DAMEYA@144へようこそ!

1/144スケールモデルのオリジナルガレージキットディーラーDAMEYAのブログです。
日々の製作記録やWebショップ DAMEYA-NETの運営情報などをUPしてゆきます。


DAMEYA-NETにてオリジナルモデルを販売中!



 

 

 

  
 

◆1/144模型の専門イベント"Project144"◆
ちっちゃい模型はお好きですか?DAMEYAは1/144スケールモデル専門のイベント、
Project144の運営も行っております。

※Project144とは?
・参加要綱 ( 東京開催 静岡HS合同作品展
・イベントレポート (秋の合同展)
・イベントレポート(静岡HS合同展)

第20回開催後の2014年11月より、運営が前任のfumiさんよりDAMEYAへ移行しました。
今後の開催情報等につきましては当ブログにて発信してまいります。

※Twitterでも1/144スケールモデル情報を配信中!
Twitter上でもProject144参加メンバーの方々をはじめ、
様々な1/144スケールモデラーの方が作品情報などを配信中です。
詳しくはハッシュタグ「#144スケモ」「#P144」などで検索をしてみてください。

なお、DAMEYAのアカウントはこちらになります→ @yuunagi_dameya


にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村

2020年05月28日

DAMEYA-NET近日取り扱い品情報(グレイキューブ)

3DプリンタのPhozen Shuffleを使って様々な造形をされているグレイキューブさんの製品を近日中にDAMEYA-NETにて取り扱わせていただくこととなりました
当面は1/700スケールの製品を扱わせていただく予定で、いくつかサンプルを送っていただきました。送っていただいたサンプルがこちら↓1/700スケールの陸上自衛隊車両各種と港湾警備用の巡視艇などのセットです。
RIMG1900

各パーツは非常にカッチリと造形されており、出力機の特性を的確に把握していることが伺えます。
RIMG1901

RIMG1907


RIMG1904

特にこの74式戦車の車載機銃の造形は秀逸でした
RIMG1905

サポートから切り出したパーツの状態です。
73式大型トラック(改良型・新型)
RIMG1902

軽装甲機動車(通常型・銃座装甲追加型)
RIMG1908

高機動車、120mm重迫撃砲、重迫牽引車
RIMG1909

塗装前の74式戦車の写真は撮り忘れてました

非常に小さなモデルのためパーツをサポートから切り離す際は注意を要しますが、薄刃のニッパーを使えばそれほどストレスを感じることなく切り出すことができます。
数が多いので基本色の濃緑色だけはエアブラシでまとめて吹き付けました。
RIMG1911

タイヤや幌部分は個別に筆で塗り分けます。
ちょっと老眼気味になってきたかなぁ?と苦笑いしつつ塗り分けました
73式大型トラック(改良型・新型各3)
RIMG1913

RIMG1917

軽装甲機動車(通常型x4、銃座装甲追加型x2)
RIMG1914

RIMG1918

高機動車x4、120mm重迫撃砲x2、重迫牽引車x2
RIMG1915

RIMG1919

74式戦車x4
RIMG1912

RIMG1916

陸自車両を仕上げるまでで集中力が切れてしまい、まだ手を付けていませんが同じ1/700スケールの港湾警備セットも非常に楽しそうな製品構成です。
RIMG1923

セット内容は海上保安庁ひめぎく型巡視艇、17m型警察用船舶、プレジャーボートが各2隻ずつとなっています。
RIMG1924

パーツの状態がこちら。
RIMG1920

船名やハルナンバーのデカールも付属してます。
RIMG1922

現在製品は販売に向けて準備を進めている段階です。
近日中にグレイキューブのブランド名でDAMEYA-NETにて販売開始予定ですのでお楽しみに

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村



dameya at 21:08|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック DAMEYA-NET情報 

2020年05月27日

1/2000 航空母艦蒼龍、原型製作記(その10)

1/2000航空母艦蒼龍の原型製作その10、作成した原型データを2D図面に落とし込み、2DCADのDWG形式に変換します。ここからはAutoCAD上で作業を進めて飛行甲板の白線などのデカールのデータを作成します。個艦識別用の標識である「サ」の字は蒼龍の場合には描かれていたかが不明なようですが、描いてあった方が面白いので入れてみました
コメント 2020-05-26 165547

作成したデカールのデータをMDプリンタで印刷して飛行甲板の白線のデカールが完成です。
RIMG1890

続けて蒼龍の完成サンプルの製作に取り掛かります。
主だったサポートをニッパーで切り離し、船体からラフト(土台)を剥がします。艦底部分は手でべりべりと剥がすことが可能です。
RIMG1887

艦底をフラットに整えて船体の反り防止用のピアノ線を埋め込み、目立つ積層痕をスポンジヤスリで処理します。
塗装はまずデッキタンを吹き付けて木甲板部分をマスキング。
RIMG1888

続けて軍艦色(2)を全面に吹き付けます。煙突の先端や機銃などは筆塗りで塗り分けました。
塗装が完了したところで先ほど印刷したデカールをマークソフターを使って馴染ませながら飛行甲板に貼り付けてゆきます。
RIMG1892

デカールを貼っただけの状態だとニスの部分のツヤの違いが目立つため、スーパークリアグレートンを吹き付けて色調を整えます。
完成した蒼龍がコチラ↓
RIMG1894

答え合わせのつもりで手元にあった艦船キットコレクションの蒼龍を素組みで組み立てて比較してみました。飛行甲板のモールドなどディティールの取捨選択が意外と異なっていて興味深いです。
RIMG1895

RIMG1896

RIMG1897

RIMG1898

これで今年は戦艦比叡に続き2隻目の大型艦が竣工しました
RIMG1899

この後は販売用のキットの生産を進めてゆきます。



dameya at 20:50|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 原型製作記録 

2020年05月26日

1/2000 航空母艦蒼龍、原型製作記(その9)

1/2000航空母艦蒼龍の原型製作その9です。
原型データがまとまったため、3Dプリントの準備を進めてゆきます。
今回の蒼龍の場合、飛行甲板脇の信号檣や無線檣以外は全て一体造形としています。
構成部品ごとに分解して配置し直したのが下の画像です。船体を立てているのは設計に使用しているCADソフトとHunterで出力する際のスライサーで座標系の向きが異なるためです。
このため実際の3Dプリントは下の画像の奥側から手前側に向かって積層してゆく形となります。飛行甲板の前後端や着艦標識など大きくオーバーハングしている部分はサポートを付けて積層時に脱落しないようにしてやる必要があります。
サポート付けはスライサー側でもできるのですが細かい位置決めが難しいため「ここは絶対にサポートが必要」という部分はCAD側でサポートを付けてしまっています。
蒼龍_21

3Dプリント時のモデルの配置が決まったらデータをSTL形式に変換してスライサーに読み込み、3Dプリントするためのデータを作成します。
スライサーには指定した太さ、間隔で自動的にサポートを付ける機能が備わっていますが、これを使うと下の画像のように無駄なサポートが大量に付いてしまいます。
コメント 2020-05-25 200739

サポートの自動生成で楽なのは実質的には艦底部分のみということになりますね
ちなみに艦底部分には船体の反り防止のためにピアノ線を埋め込む溝を予め設けてあります。
コメント 2020-05-25 201651

Hunterの造形エリアを目一杯使えば蒼龍であれば2隻同時に出力が可能です。
コメント 2020-05-25 202205

こうして作成したスライスデータをHunterに読み込ませて3Dプリント開始。
モデリングの段階で太すぎた部分、細過ぎて形が崩れてしまった部分などを何度かトライ&エラーを繰り返して調整してゆきます。
調整が終わった出力品がコチラになります↓
RIMG1885

信号檣の横桁なども綺麗に再現できました
RIMG1883

この後は完成サンプル作成のため、飛行甲板の白線等のデカールを作成してゆきます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村



dameya at 18:47|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 原型製作記録 

2020年05月25日

DAMEYA-NET情報(2020年5月25日)

dameya at 18:20|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック DAMEYA-NET情報 

2020年05月24日

1/2000 航空母艦蒼龍、原型製作記(その8)

1/2000航空母艦蒼龍の原型製作その8、土日でまとまった作業時間を取れたため一気に作業を進めました。
まずは飛行甲板のアウトラインをモデリングします。
飛行甲板が付くだけでも印象が大きく変わってきますね。
蒼龍_10

蒼龍_11

続いて飛行甲板上にエレベーターや着艦制動索、遮風柵などのディティールを入れます。
蒼龍_12

蒼龍_13

蒼龍の艦橋は時期によって何度か形状が変わっていますが、今回は上空直掩指揮所が拡大された昭和16年当時の形状としました。
蒼龍_14

蒼龍_15

最後に高角砲や機銃、高射装置といった艤装を配置して原型データが完成しました
蒼龍_16

蒼龍_17

蒼龍_18

蒼龍_19

この後は3Dプリントの準備を進めてゆきます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村



dameya at 22:03|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 原型製作記録 

2020年05月23日

DAMEYA-NET情報(2020年5月23日)

いつもDAMEYA-NETをご利用いただきありがとうございます。
本日リリパットエアーフォース製の以下の製品が入荷いたしましたのでお知らせいたします。

新製品

・1/144 73式小型トラック






再入荷品

・1/144 ZSU-57-2自走対空機関砲



以上皆様のご注文をお待ちいたしておりますので、よろしくお願いいたします

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村



dameya at 18:00|PermalinkComments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック DAMEYA-NET情報