若冲の鶏の絵が、我が家で昔飼っていた鶏に似ているのです。
こんばんは、つまです。
その鶏は近所で拾ってきたんですが、名前呼んだら来るし構ってほしいときも寄ってくるし
すごくかわいいおじじ鶏でした(*´∀`*)飼われてたのかな。

で!
行ってきました!!
4936dd31.jpg

満喫してきましたよー。
使わないのに、金地のクリアファイル買っちゃった…。
いろいろと見て、幸せなひとときを満喫しました。
帰りに、茶道教室の先生が行きたいとおっしゃってたチェブラーシカ展見に行ったり
先生が行きたいとおっしゃってたジュンク堂見に行ったり
と、天神ぐるりと歩きました。

次は、ベルリン国立美術館展だそうです。これも気になる。
フェルメールは見てみたい!(*゚∀゚)



ところでちょっとグチなのですが
絵を見てる時、私たちの前に二人連れの若い女性がいらっしゃったのですが
とにかく長い。一つの絵の前で過ごす時間が長い。
後ろがぎゅうぎゅうになっているのに長い。
長いだけなら構わないけど、二人で語り合いながら見てるからもう…
「やっぱり画集よりいいよねー」「このうねりがさー」「ここの表現は…」
みたいな感じで語りまくりながら長くとどまるわけですよ。
顔がはっきり見えるわけではない位置関係だったので、私の頭の中ではミサワな感じ。
語るのは構わないけど周り見てくれ。
そしてできれば後から二人でお茶でも飲みながらアツく語り合ってくれ。

ちなみに、後半になってから「疲れたねー」なんて言いつつさっさと進んでいっていらっしゃいました。
押さえられないくらい好きなんだろうなってのはわかったけども、ペース配分大事ね。