真・踊り子の雑記

マンガ「ハヤテのごとく!」を中心に、読み物のレビューやら考察やらを書き綴っております。


ブログがこの有様(超マイペース更新)なので、直近の連絡事項やらをここに書いときますw

詳細は続きからドウゾ続きを読む


既に前編書いてから3週間くらい経ってる気がするけど気にしない
(これはひどい)

というわけで、4月にあったナナシス3rdライブの感想の後編です。

前編はこちらから

相変わらず長ったらしい上に実のない感想だがいいのだ。こういうのは書き留めておくことに意味があるのさと自分に言い聞かせつつ、ご覧になりたい奇特な方は続きからどうぞ。

続きを読む

まあ前置きはさておきまして、ご無沙汰オブご無沙汰です。風車です。いくつかの感想サイトも渡り歩きつつ、参考にさせてもらいつつ、自分なりに最終回周りをまとめてみました。というわけで最後の?ハヤテ感想お品書きはこちらに。

1:畑先生の真意とは
2:王道ヒロインの選択
3:そして咲夜嬢。そしてハルさん(考察のような何か)
4:才色兼備なラクロススーパー美少女(おまけ)


以下格納しまする
続きを読む


はい、何年ぶりかの更新のくせにハヤテの最終話より先にこっちに手を付けた私をお許し下さい。でもどうしても熱い内に書いておきたかったのです。ちなみに正式名称は

「Tokyo 7th シスターズ 3rd Anniversary Live 17'→XX
      -CHAIN THE BLOSSOM- in Makuhari Messe」※公式サイト

なげえw

4月22日・23日の2日間3公演全通で参加させていただきました。なんしろ地理的に幕張メッセは自分の住み家から一番近場のイベント会場なので「ここで行かんで何とする」というスタンスだったのですが、流石に3公演終わった後の疲労感がすごかったですね。

猛烈にコールを浴びせる曲がいくつもある上、メドレー一切なしで30曲近く全ぶっぱ。繋ぎのMCも5分もせずに次の曲へというスタイルだったので本当に「座る暇がない」状況でライブが続きます。余裕をもってMCでいろいろやっていたのは3公演目だけだったと思います。(「みんなで『ふちがみまいだよー』現象」)

ぼーっとしていると置いていかれてしまう、そんな密度の濃いライブでした。言うなれば「激流」のごとし。

以下、続きにてセトリ順に感想をば
続きを読む


今回の冒頭での常務と今西部長との会話、更に美嘉と担当P達との会話から、常務自身の方向性や346プロの現状について垣間見える情報が新たにいくつか提示されていたように思いますので、その辺を少しまとめてみました。

・常務の掲げる方針とは
・なぜ美嘉は常務の方針に従ったのか
・常務の方針の反響は


気になるという奇特な方は続きからどうぞ。なお、アニメ本編のネタバレ注意です。月曜にニコ生で見たいという方はバック推奨です。

続きを読む

↑このページのトップヘ