どうも風車です。そろそろ年度末が近くなってるので忙しくなるはずなのに、一向に何もする気がありません。挙句みっくみくのまっこまこにされている今日この頃。こんな輩が社会に出てマジメに働けるのか、本気で不安になってきました。

 まあそれはさておき「英雄っていうのは、英雄になろうとした瞬間に失格なんだよ」という某スーパー弁護士ライダーの言葉をふと思い出してしまった今週のハヤテでした。果たしてしおらしく、優しくあろうと心に決めたヒナギクの方はどうなるのやら、という感じの162話の感想です。例によって絵入りでサクサクと参ります。

1:いろんな意味で病んでます。

 本編の感想とはちょっとずれますが、咲夜嬢が登場した次の回では、何故か知らないけれど感想を書くパワーが減殺される気がするワタシ。改めてお嬢はワタシの原動力だと実感。明らかに「咲夜嬢欠乏症」と「咲夜嬢依存症」を併発しております。
 今週は生徒会娘の中で泉ちゃんだけが登場しておりませんが、バックステージを見る前はあまりにあからさまだったので、こちらの方あたりが「いいんちょさん欠乏症」と「いいんちょさん依存症」を併発していないか、少し心配になってしまいました(オマエが言うなって感じではありますが……)。でも多分、出番は近いと思うので……


2:素で読み間違えたんだ


コンビニでの立ち読みしたときのこと。このページで異変は起きた。

P-1











ハヤテのこのセリフ。どういうわけかお嬢さまの「さま」の字が目に入らず

「僕にはお嬢がいますし……」と読んでしまいました。

 案の定「え? お嬢? 僕には咲夜嬢が??」と脳内のニューロンが光速で反応を起こしましたとさ。

……もうどうしようもありません。ええ、重症です。手の施しようがないくらい重症だと自分でも分かりました。極度の咲夜嬢依存症です。自重とかそれ以前の問題のようです。少なくともtake23さん奥さんと比べれば、自分はまだお嬢への偏愛レベルが低いと思っていた。そんな頃がワタシにもありました……すみません、お2人と同じか、それ以上にワタシは危険な領域に足を踏み入れているようです。

もーおーもーどれーなーいー(君望のOPっぽく)


3:凛々しいハルさん

P-2








 とにかく今週は流し目と冷たいすまし顔の連続コンボを叩き込んでいたハルさん。後輩である日比野ちゃんに対しての先日の接し方とは違い、タメの2人と世界史教師には容赦のないクールさで攻めます。こりゃメイドの事実がバレたら確かにエライことだわ。そんな普段とのギャップを改めて再認識できるエピソードでした。

P-4








 そもそも、こういう学院における彼女の印象や立ち位置が、他の学院キャラとの比較によってハッキリと描かれたのは、今回が初めてじゃあないでしょうか? そして今週ハルさんに言い込められた3人は、ハルさんが持つもう1つの顔を知らないというのが、読者からするとまた面白い。更に、彼女の隣で同様にすました顔をしている愛歌さんがキッチリその弱みを握っているという倒錯したような事実。
 今週の話ではあくまで脇に徹している2人ですが、その辺を考えると非常に興味深かったです。

 良くも悪くもクールで現実的な学院でのハルさん(ワタシにとってはそこが彼女の良さなのですが)。ワタシとしてはこういう流し目やすました顔が彼女にピッタリ似合っていたもんで、それが自分に向けられると思うとちょっとゾクっときました(最低だ)


4:黒は誰かさんの専売特許ではないと!

P-3











黒いよ愛歌さん。黒すぎるよ愛歌さん。

 けれど何故か可愛いと感じてしまう、そんな魔性のような魅力を感じた1コマ。いや、背景のベタさえなけりゃ何の躊躇もなく「美人だ!」と思ってしまう1コマだったんですがね。そんな彼女を年上キラーのワタル君がどういう風に攻略していくのかがスゲー気になります。今週の話とは何の関係もないけど。


5:これはやる、すげえよくやる

布団をかぶりながらゲームをするナギの姿がツボった。

P-7











 いや、子供の頃すげえよくやりましたよ、このカッコは。よく弟と2人して布団の中にもぐりこんで遊んでいたのを思い出しました。けれどナギよ、そのカッコはゲームを長時間続けるにはしんどいと思うんだ。徐々に布団の重さで首が痛くなってくるから。しばらくしたら疲れてきて、あれこれ姿勢を変えながら、それでもゲームを続けようとするナギの姿が容易に想像できました。まあ、そうなる前に美希と理沙が彼女をファミレスに呼び出すかもですが。


6:今週の1枚

P-6








 描写的に今週最も秀逸だと思った1コマ。ヒクヒクした笑顔が大変印象的でした。「ムリしてるな〜ヒナギク」みたいな感じで。同時に引きつっているであろう彼女の声が脳内再生されてしまった。アニメ見てないのに。今週はデフォ絵やちびキャラっぽい絵がかなり多かったように思うので、こういうコマがより際立って印象に残ってます。

 あとこのコマも。
P-5








生徒会長。拳を握りすぎです。


※BGM※
「HEAVEN」(HIM)

なんだかんだ言って、20世紀末のNHKアニメのクオリティは異常だったと思う。異論は認めない。


〈トラックバック送信先〉

ゲームの戯言+α さん
⇒確かに美希の思考は読み取りにくいですね。一応ヒナのハヤテに対する気持ちに多少感づいてはしてるんでしょうが……あと、咲夜嬢ファンとしては今後いろいろ自重したいと思います……

サクラ咲く夜に さん
⇒ラストの黒ベタ背景の2人のインパクトがヤバすぎです。怖い、この並び方は怖すぎる……作り笑顔が……

器用貧乏人宝 さん
⇒ですよね。学校でのクールでキツいハルさんもまたイイですよね。メイドの時とのギャップをより強く感じますし。

蒼のごとく! さん
⇒雪路の所持金12円で、ワタシもやよいを思い出してしまいました。確かにハルさんの方は作り笑顔をバッチリマスターしてますね。でもバイトが秘密だし、それをヒナに教えるわけにもいかないんだろうなあ。

パワAのいろいろ日記 さん
⇒ヒナを怒らせないハルさんと愛歌さんの凄さには思わず納得です。さも当たり前のように言ってるあたりがなおさらに。やはりスゴイ2人だなあ。

Como el viento racheado さん
⇒今回も含めて、喫茶どんぐりの使い勝手のよさは、確かにすごいですね。個人的にはメインキャラが入れ替わり立ち換わりで舞台に上がったり袖に戻ったりを繰り返すのと似たような印象を受けています。


どうもありがとうございます。いつもお世話になっております。