どうも風車です。二兎を追うものは一兎も追えず、とはよく言ったものですが、それでもどうやらワタシはそういう無謀なことにしか挑戦しないタチのようだと実感しました。そうやっていろいろやりたいことは増えていくのに、時間がそれを許してくれません。社会人ブロガーの方々のバイタリティと器用さをしみじみと感じております。

そんなわけで大変遅くなってしまいましたが、今週のハヤテ感想行ってみます。いつもよか短め……かも。そのぶんサクサクいきまっせ。

1:タイトル見て元ネタ補足余裕でした(←変態警報発令中)
2:条件反射でした。(←変態警報発令中)
3:笑顔の対抗馬



1:タイトル見て元ネタ補足余裕でした

「肉体言語」なんて単語が出てくる話、ワタシは1つしか知りません。問答無用の奇才、大和田秀樹が描くマジカル血煙コミック「大魔法峠」です。パロネタのカオスっぷりはある意味ハヤテ以上かもしれない。そしてこのタイトルだけで本日のBGMが確定しちまったい……

でもぷにえちゃんはともかくとして、仮にお嬢にサブミッション(=関節技)かけられるってんならワタシ……昇天しちゃうかも(←オイ)

だって考えてもみなさい! 関節技よ!?
思いっきり抱き締められるのよ!? 胸も当たりますよ!?

いや、お嬢じゃなくてもいい!
皆さん、自分の嫁にサブミッションかけられたらどんな感じか、想像してみごらんなさい!!

ね? 分かるでしょ?(←何が)

0228-5








わーるかったな!! 確かに読み返してみると相当キモイですけどもね!! というか危険人物にしか見えないってか!!

……ドションパのトピックスで日比野ちゃんが突っ込み始めてる時点で、今週の感想の惨状を察していただけるとありがたい。


2:条件反射でした。

0425-2











何言ってるんだ、当たり前だろ! ワタシにとってお嬢は生きる希望ソノモノなんだから!!!

落ち込んだときだってなあ! 隣にお嬢がいたら「しっかりせんかい!」って背中叩いてくれると思って、いつも元気を取り戻してるんだよ!!

お嬢が……咲夜嬢が大事じゃないだなんて、エイプリルフールでも言えるもんかあ!!!

0413-6









……アレ? 咲夜嬢の話じゃねーの? 泉ちゃん?
いや、お嬢って言うからてっきり……



3:笑顔の対抗馬

0425-3








あーもう、カワイイ笑顔ですこと! しかも表情がこそばゆいこと!!
 
もうね、なんていうか思春期まっしぐらな表情でさあ!!
うにょ〜〜〜!! て感じでゴザイマスよ!


あー柔らかい柔らかい!!(←黙れ)

ただ、この笑顔の背景にあるだろう彼女のハヤテへの好意やフラグといったものに関しては、パレットさんのコチラの記事を見て思わず「ほほ〜」と考え込んでしまった。まあそれでもこのコマの泉ちゃんは「ちょっと気になるオトコノコ」へのなんともいえない気持ちをないまぜにした、なかなかの表情だと思います。

そしてどうやらこちらの2人のFC会長が、嫁キャラの笑顔についてアンケートを取っているとのこと。

 ワタシはといういと、通常なら躊躇なくお嬢に投票するところですが、今回は笑顔という一点に限定されてるので、ちょっと考え込んでいる次第です。咲夜嬢の笑顔は確かに魅力的ですが、笑顔のみに限定すれば、今週がそうだったように泉ちゃんも負けず劣らずのスペックを有しているわけで……しかも双方の笑顔の志向性は似ているようで少し違うというのが個人的な見解だったり。

 少なくともマンガの本編で咲夜嬢は、ハヤテに対して泉ちゃんの様に恋する乙女としての笑顔を見せることはないでしょうし。そういう表情が描かれないとなると(まあ、紳士なら妄想で補えって声が聞こえてきそうですが)その辺の笑顔では泉ちゃんに分があるでしょう。

 ただ咲夜嬢と他の男キャラとの関わりを見る限り、くだんのお兄ちゃん発言のように、相手を頼りにしたり期待したりする一方で、彼女自身がしっかりしていることも関係してか「面と向かって見つめ合う」関係よりも「互いの背中を預けられる」ような関係の方がしっくりくると、ワタシは考えてます。ハヤテやワタルもそうなんでしょうが、自分が見込んだ相手にこそ、咲夜嬢は信頼の証とともに最上級の笑顔を見せてくれるのではなかろうか。まあ、普段から笑顔の似合う子なのも間違いないんですが。

 そんな見解も含めて、この企画への投票はちょっと難しいものになりそうですね。そして発表も気になります。

しっかしマトモな感想が何一つないな、今週は……
まあ、ある意味風車クオリティを体現している感想記事だとは思う……


※BGM※
「大魔法峠」(田中ぷにえ(=佐藤利奈))


 魔法よりも肉体言語が主力の異色魔法少女アニメのタイトルであり、かつOPテーマでもある。マンガは持っていてもアニメの方は見てなかったのですが、スタッフを見て気が変わった。
 原作が「ガンダムさん」の人ってだけでも十分カオスなのに、監督はなんと水島努(ドクロちゃんやハレグウの演出にも携わっていたお方)。しかも音響監督が岩波美和(ビーストウォーズを声優無法地帯にしちゃったお方)ときたもんだ。いい意味で酷くなる要素が揃いすぎてます。
 ちなみに主人公でOPも歌っている田中ぷにえの中の人は、アニメ版ハヤテで牧村さんや神様を演じていらっしゃったあの方。多分キャラ的に見る影もないとは思うけど……