ダンちゃん倶楽部


12
8日(土)にダンちゃん倶楽部の収穫祭を開きました。
9名の参加者で小松さんの料理を堪能し食べつくしました。
メニューは野菜たっぷりの汁もの、シャキシャキのサラダ、野菜ハンバーグ、生ハム、甘酢漬けの漬物、青野菜入りの炊き込みご飯、田楽。
前日夜勤で9時半から作り始めたという。
料理することが全く苦にならないとか。
長坂さんの手作りパンもそれに加わりお腹がパンパンとなりました。
とてもしっとりとしてほんのり甘く食感も抜群でした。
辻さんの娘さんの食べっぷりは見事ついついつられて食べ過ぎました。

長坂さんが2箱貯めておいたダンちゃんを持って来てくれました。
若槻さも初めての堆肥を持って来てくれました。
それを早速畑の畝の間に小松さんが撒いてくれました。

料理一覧

PC080015
朝方は寒く火が欲しいかなと思っていましたが風もなく寒くは有りませんでした。
PC080017
料理はいい加減で時間を掛けないのがモットー。
PC080018
長坂さんの段ボール箱はダンちゃん規格のものではありません。
初期の頃はスーパーで段ボール箱を貰って来て、
ダンちゃんの基(腐葉土、米ぬか、もみ殻燻炭)だけを渡していました。

PC080019
若槻さんの初めて作った貴重な堆肥です。
PC080020
早速長坂さんが作ったダンちゃん堆肥を箱ごと持って畑に蒔きました。
PC080021
若槻さんの堆肥です。
PC080022
長ネギよ大きくなれ。
PC080026
大根の種類は多く、聖護院大根、青首大根、赤大根などなど
20181208大野4_files
オレンジ白菜はこれから巻き始めてそれが終わって収穫。
見事な葉っぱだ。
PC080029
袋に入り切れない程の野菜を土産に。
PC080024
ここの畑は5分程歩いたところにある。
PC080035
紫白菜。
PC080032
赤カブ。
PC110048
早速、甘酢に昆布だしいれて皿の上に水を入れた鍋を置いて重石にする。
あるもので何とか出来るものである。
PC110049
赤カブの皮から赤い色素が出るようである。

今回は色々と用事とぶつかり来られなかった方々が多かった。
これからも収穫や苗を植えたり畑での企画が出来たらと考えています。
次回の参加をお待ちしています。

ダンちゃんの堆肥は見てお分かりだと思います。
畑が広いために全く足りない状況であります。
もし、使わない様であればご連絡ください。
取りに行きます。

文責 守谷

113日に子ども環境フォーラム2018に参加された3人分のダンちゃんを4日程預かりました。
その間のちょっとした出来事です。
駐車場に置いていたので雨に濡れると思いレジャーシートを被せて置きました。
そうしたら被せた部分だけに生ごみの水分が外へ発散できずしっとりと濡れていました。
また全体を被せたところ蓋の上は水滴がビッシリと付いていました。

生ごみの持っている水分量とその発散するだけの熱量はどのぐらなんだろうと考えてみました。
微生物の力はパワフルである。
それと段ボールの優れた通気性には感心しました。

20181106段ボールの通気性 (3)
ラベルのところだけ水分が抜け切れていない。

20181106段ボールの通気性 (4)
レジャーシートを中途半端にかけて置いたら

20181106段ボールの通気性 (5)
このように水分が被せた部分だけに集中。

20181107典竹木(9)
この時は全体にレジャーシートを被せました。

20181107典竹木(8)
ビッシリと生ごみの水分が溜まっています。


小松さんの畑にダンちゃんの堆肥を入れて一部分ではありますが野菜を育てています。

まだまだ堆肥の量が少ないのが現状です。

ダンちゃん倶楽部は生ごみから循環型社会を考えようという試みでもあります。

自分で作ったダンちゃんの堆肥を提供してくれた方には野菜をお届けしています。

アップ
小松さんは調理師の資格を持っている料理人のプロでもあります。


12月8日(土) 10:30~13:00頃まで

場所は須賀さんの畑
    ☆初めての方は マルエツ安行慈林店入口へ10:15集合

マルエツと須賀さん宅
昨年の12月24日に開かれた「収穫祭と芋煮会
PC240023
持ちきれない程野菜を貰ってご満悦なみなさん。
PC240007
芋煮会と言いながら芋はなく西洋風の野菜スープでした。
生ハムも出ました。
今年はどんな料理が出るか楽しみです。

☆今年の夏は暑さと台風で作物は不作、それでも新たに苗を植えて畑は甦っていました。
大根は4~8種類、青首大根、赤い大根、源助、カブ、聖護院カブ、シャクシナ、カリ―フラワー
長ネギ、紫の小松菜、便利菜、などなどを植えたとの事でした。


PB070022
PB070015

PB070025
PB070024
PB070021
PB070019
PB070016
PB070027
PB070032
皆さんから集めたダンちゃんの堆肥を畑へ運ぶ
20181111堆肥 (1)
20181111堆肥 (3)
11月3日(日)に「子ども環境フォーラム2018」(主催:NPO川口市民環境会議)が鳩ケ谷小学校で開かれました。
ダンちゃんのワークショップを開いたところ10名が参加してくれました。
皆さんとても熱心に取りくまれ、質問が次から次へと出てとても楽しい雰囲気でありました。
そして、典略さん、竹田さん、木本さん、鈴木さん、関さん、関さんの妹さんと6名の方々がダンちゃんを始めました。
鈴木さん宅は小学5年生の息子さんが楽しくやっているとメールが来ました。

PB030003
PB030001
ワークショップですから実際に生ごみを入れました。
和澄さんがスーパーでキャベツの葉っぱを取り寄せてくれました。
またDXNの会の石黒さんもご近所の飯田で同じくキャベツの葉っぱを貰えるように手配してくれました。
包丁とまな板が必要でしたが用意が出来ず、手でちぎってダンちゃんに入れて混ぜました。
PB030002
是非12月8日(土)は時間を空けておいて下さい。
お知り合いの方にも声を掛けて来て下さい。
準備も有りますので参加される方は連絡をお願いします。

ダンちゃん倶楽部事務局 守谷
メール:hiro_1953731@hb.tp1.jp
携帯:080-3414-1441

待ってます。

このページのトップヘ