2009年01月

2009年01月19日

イリーナ スイロワ先生 のレッスン

 
 発表会の興奮もさめやらぬまま、1月7日から 毎年恒例の イリーナ先生講習会が始まっています。先生は現在モスクワ国立バレエ学校の副校長先生で、多くの世界トップのダンサーを育てられています。(余談ですが、以前ウラジーミルマラーホフが jokeで先生をフィッシュダイブ(パートナリング、リフトの1つ)している写真を大事にお財布に入れられていました!私もいつか教え子の男の子にリフトしてもらおうかな?!))

 日頃先生は、入学の時から厳しい検査をパスして、プロフェッショナルになる事を目標にした生徒さんだけを(そして優秀な選抜的クラスをもたれているそうですが、)教えていらっしゃるので、うちの子供達に(しかも1年生以上のクラスを全て教えてくださっています)途方にくれられる事や、ご苦労がおありと思いますが、8年来 来てていただいているので、日本のバレエ環境、私達の状況や立場,子供達の事を良く理解していただき、素晴らしいレッスンを戴いています。決して声を荒げず、いつも笑顔で、それでいて生徒の集中力をそらさず、バレエの基本にはとてもとても厳しく、、の指導です。

 とかく、日本でしか通用しないような踊り方や,日本の異常な程の“バレエコンクール熱”(特に年少の子供達の)に踊らされたバレエ。”これはどうなのかしら?”と思うようなバレエに対する姿勢に戸惑いを感じる昨今 ですが、’バレエ’ってこういうもの。というイメージを正しく修正していただいている、また伝統ある芸術としての’バレエ’に対する真摯な誠実な姿勢を思い出させていただいている貴重な時間です。先生の品のいい雰囲気やご指導方に毎回大変気が引き締まり、ビデオに記録し,ノートに残して毎年勉強させていただく喜びをかみしめています。

 モスクワボリショイ学校の生徒さんさえもなかなか先生のクラスには入れないと聞いています。うちの子供達、それをわかっているのかしら!!??? 高価なチケット代を出してお母様が連れて行ってくださった「白鳥の湖」で2幕と4幕はぐうぐう寝ていた○○ちゃん!!先生のレッスンも眠そうで目がうつろでしたよ!(先生は笑って許していただいていたけど、、)この幸せに感謝して 起きてね!(笑)

dancingbutterfly at 14:52|PermalinkComments(2)mixiチェック Clip to Evernote 講習会の様子 | 生徒達の様子

2009年01月06日

あけましておめでとうございます。そして ありがとうございました。

 あけましておめでとうございます。

 新年早々,1月4日 日曜日 立脇紘子バレエ研究所発表会を幸せにうちに無事終了する事が出来ました。

 第1部、第2部の延べ人数で 約2500人以上のお客様が来ていただきました。お忙しい中、観に来ていただいた皆様、本当にありがとうございました。また、お越しにはなれなかったけれど、この日の成功を祈っていただいた方々、ありがとうございました。皆様のお気持ちが 皆の踊る力,生きる力となって 舞台や裏方のそれぞれの皆の心に届きました。

 この感動は言葉では言い表せないけれど、出演した下は3歳の小さな子供達から上は卒業生として出演してくれた20歳の生徒達まで私の生徒達は世界一素晴らしく心から誇りに思います。彼らは皆立脇バレエの財産であり宝物です。ほんとうにありがとう!!

 毎回発表会の度に思う事ですが、立脇バレエは本当に幸せだと思います。今回は多くの卒業生が帰って来て舞台を盛り上げてくれました。それは 教師にとっても在籍の子供達にとってもこの上ない喜びでした。特に舞台に出演していない生徒達や卒業生、そしてその父兄の方々が 舞台袖や楽屋や客席で一生懸命お手伝いをして応援してくださいましたことは、’有り難い’こと、と感謝の気持ちでいっぱいです。
 スケジュールの都合で本番にお手伝い出来なくても”前日のリハーサルだけでも” 又 ”数日だけでも、”と年末年始の忙しい中帰省してお手伝いしてくれる卒業生、怪我で出れなくなって 悔しい思いを乗り越えて 舞台袖でお友達の早替えのお手伝いや小さな子供達の世話をしてくれて、皆とともに懸命に舞台を作った生徒、自分がアメリカで学んだアスレティックトレーナーとしての知識を生かして、生徒達やゲストのダンサーの方々に身体のケアー、心のケアーをアドバイスしてくれ、緊張の続く舞台練習の中、緊張をほぐし優しく支えてくれた卒業生。また、今回はスケジュールの都合で出演出来なかった海外在住の卒業生が発表会当日に応援の暖かいメールをくれました。そして以前に立脇バレエの生徒だった方々(10年以上も前の生徒達もいます。)そしてその父兄の方々、が客席で惜しみない拍手をしてくださり、涙を流して成功を喜んでいただきました、、、、、、、。ここには書ききれませんが、(本当は全部書きたいのですが、、、)沢山の方々の応援で立脇バレエはここにあるのだと、改めて幸せをかみしめております。

 このような素晴らしい発表会で始まった2009年はとても良い年になるに違いありません。文字どうり、HAPPY NEW YEAR!! となりました。今年もよろしくお願い申し上げます。皆様の健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。



dancingbutterfly at 15:31|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote 舞台を終えて | 立脇紘子バレエ発表会