2009年12月

2009年12月07日

12月 バレエコンサートのお知らせ

 
 今までにも幾度かblogに様子を載せておりますが、改めてお知らせします。

 12月26日(土)13:30〜 西予市宇和文化会館にて 宇和教室バレエコンサート
 12月29日(火)13:30〜 ひめぎんホール サブホールにて 松山教室バレエコンサート
が開催されます。 
 
 私達は 年に一度 生徒達全員参加の会を開いています。今回のように基本的に12月の末、各教室ごとで行う小作品集の舞台と 基本的に1月初旬、2教室合同で行われ 海外,国内から多彩な振付家や男性ダンサーをゲストに迎えての舞台とを隔年で開催しています。立脇バレエの行事では 最も大きい行事で 前記を『おさらい会』、後記を『発表会』というふうに 何となく 分けて呼んでいます。

 宇和教室おさらい会は プログラム1番「プロローグ」で皆様に舞台からご挨拶した後、15の小品を発表。5年生以上の生徒が一人ずつ踊るバリエーション。2009年5月30日のblogでご紹介したビギナーズクラスの皆さんの作品。笑顔一杯にとてもしっかり踊ってくれるJB(1,2、3年生)クラスの作品。かわいい年長さん2人の作品。宇和教室で一番元気のいいJAクラス(4,5、6年生)の明るい作品。部活やテスト勉強やと忙しい学校生活と見事に両立してお稽古を辛抱強く続けたシニアクラス(中学生以上)の落ち着いた作品。松山教室のシニアクラスが応援に駆けつけ発表するルーシー・フランソワ作品。全日本コンクール決勝出場作品の発表など。5分休憩の後は「Comedia Del Arte Suite」ヨーロッパの舞台芸術の歴史に傾倒の深いルーシー先生ならではの楽しくコンパクトな作品を宇和教室生徒全員で締めくくります。

 松山教室おさらい会も同じく『プロローグ』から始まります。このプロローグは立脇バレエが松山市で発表会の開催を初めて以来ずっと出演者全員の作品として続けています。今回高校2年生や3年生の生徒達にとっては最後の「プロローグ」になる”かも”しれません。(卒業の年になるので,,,でも来年も再来年も出て欲しい、、、)彼らにとっては3歳、4歳、5歳の時、初めてこの「プロローグ」で舞台にデビューした日から何回目の「プロローグ」になるのでしょう。
 今回が初舞台で初めてプロローグを踊る子供達と今回最後のプロローグを踊る子供達で創るこの「プロローグ」の舞台は 毎年本当に感動的です。保護者の方もそれぞれに様々な思い出がよみがえってくる事でしょう。そして袖から子供達を送り出す時 私はその感慨深さに耐えきれず何時も涙ぐんでしまいます。(裏方の方々、見に来ないで下さいね(笑)) 
 このあと30の小品プログラムが続きます。シニアクラスが一人ずつ踊るバリエーションや石原完二先生振付けのコンテンポラリー作品。ビギナーズ/クラスレデースクラスの方々が楽しんで踊られる作品。(今年は16人もの参加がありました!!)いつもながら何が起こるか分からないリトルクラス(就学前生徒)の愉快で明るい舞台。(でも3歳の子供達までも「今が本番で自分は舞台の上で表現者になっている事」を理解し、しっかり自分の責任をはたします。)今一番面白くて元気な笑顔のJBクラス作品。トゥーシューズを履いて間もなく、バレエの楽しさと共に厳しさや奥深さを学び始めたJAクラスの作品。そして 各地で活躍中の卒業生のバリーエションなど盛りだくさんです。

 なお、おさらい会はもちろん入場無料。冊子となったプログラムがございますが,チケットはありません。自由にご入場ください。上演時間は宇和教室おさらい会が約1時間半。松山教室おさらい会が約2時間25分。小品の連続ですので 演技中以外は自由に出入り出来ます。
 年末お忙しい中ですが、子供達の”生き生きと今を楽しむ姿の美しさ”を どうぞご覧ください。お客様も舞台の子供達や裏方のお手伝いのお母様方もスタッフも,,皆で楽しい思い出を重ねるかけがえのない時間にしたいと思っています。

 

 


dancingbutterfly at 14:34|PermalinkComments(4)mixiチェック Clip to Evernote お知らせ | バレエコンサート(年末おさらい会)