2010年01月

2010年01月06日

おさらい会無事終了。インフルエンザに勝った立脇紘子バレエ!!??

新年あけましておめでとうございます。年末のおさらい会にはたくさんのご来場,多くの暖かな拍手をいただきありがとうございました。
 宇和教室、松山教室共に いつもながらとても良い雰囲気で舞台が進行し、スタッフも生徒も充実した幸せな気分で舞台を終える事が出来ました。文字どうり 初舞台の子供から卒業の舞台になった子供達まで 1年間の毎日のお稽古で履修した事をおさらいし、その努力の成果を立派に発表出来たと思います。また、ビギナーズ、レディースクラスの一般大人クラスの方々もそれぞれにそれぞれの思いを胸に 日常の自分からしばし離れて、自信を持って立派に舞台に立たれました。
 2009年という1年をとても気持ちよく締めくくり、新たな清々しい気持ちで新年を迎えられた年末の行事でした。私達の為に 舞台裏から客席からそして遠く離れた所から いつものように多くの応援と励ましをくださった皆様に心から感謝いたします。
 ここで 声を大にして言いたいことがあります! ’’当日は 両教室共に 誰一人 病気で出れなかった生徒がいませんでした!!”” 
9月からこのおさらい会の振付け練習に入りましたが,10月頃から何人もの子供達がインフルエンザに悩まされました。お稽古の進行にも支障が出るかとも思われました。松山教室のプロローグで メンデルスゾーンのバレエ曲「真夏の夜の夢」から”結婚行進曲”を 不安な、この’どんより’とした空気をお祝いムードで皆で吹き飛ばそう!という気持ちで選び、なんとかこのネガティブな雰囲気から抜け出そうと小さな努力もしたりして過ごしました。(12月頃から毎日毎日 何十回もこの曲をお稽古場で流し、立脇バレエはどうしたのだろう、、、。と ご近所の方に思われたかもしれませんね。)
 衣装合わせも 子供達のお休みが次から次へと連続するので、最後まで出来ない子もあり 直しや補正は前日までかかりました。宇和教室では 前日のリハーサルの日、 学級閉鎖などの影響で 多くの子供達が終業式の後も6時間授業が入ったりしたので 予定していた時間を急遽変更して遅らせ,夜にかかる舞台稽古でした。松山教室でも 前日の舞台稽古では数人が身体の不調で休んだり 早引きしたりしました。誰もが心の片隅で「多くの子供達がインフルエンザで当日舞台に立てないのではないかしら?」と心配したと思います。
 でも 私達皆の思いは ついにインフルエンザをも吹き飛ばし、一つの目的を皆一緒に元気で成し遂げる事が出来ました。大げさなようですが、私は一つの奇跡のような出来事だったと思います。本当に嬉しいおさらい会でした。
 そして今回も多くの方々に支えられました。当日は仕事が休めないからと有給休暇をとってまで前日のリハーサルの日に観に来て下さった方、かつて共に舞台に立って学んだお友達のいる立脇バレエを応援しようと岡山の遠方から観に来て下さった方、などなど 本当にありがとうございました。いろいろな事情でバレエを断念した元生徒達も懐かしそうに楽屋を訪ねてくれました。ありがとう。 そして卒業生の皆さんも舞台で舞台裏で客席で応援ありがとう。
 ありがとうで締めくくられ ありがとうで始まった立脇バレエの1年。これからも 皆さんの力に支えられ最強のバレエ教室でありたいと思います!!

dancingbutterfly at 22:43|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote 舞台を終えて | バレエコンサート(年末おさらい会)