2011年05月

2011年05月27日

現在進行中

 あっという間に、例年より早めの「梅雨」時期に入ってしまいました。皆様お変わりございませんか?せっかくの美しいさくらの時期、最も私が好きな季節にblogを書けずにおりました。
 
 私の怠慢のせいで、blogの上では 行事の紹介が止まっておりましたが、現実はめまぐるしく色々な活動が始まり、終わり、立脇バレエの生徒達もそれぞれ元気に過ごしています。
 
 3月の行事の一つ、第1回バレエコンディショニングの後は 3月末日の四国バレエコンクールの参加。一人の生徒が、ジュニアBの部(主に中学生出場の部)で第2位になり、8月に行われる全日本バレエコンクールの出場権を得ました。
 
 4月の新学期、今年は例年ほど転勤等でお別れする生徒も少なくほっとしましたが、何人かの卒業生が県外へと旅立ち、寂しくも感じていました。
 一方で、新しい子供達も入所しました。在籍生徒の保護者の皆さんにご紹介頂いた新入生がほとんどで、何よりも嬉しいご好意、心から感謝いたします。
 今学期は、西条市や新居浜市から週二回、三回と通ってくださる方もあり、有り難い事と身が引き締まる思いです。

 4月中旬からは、7月に行われる行事「ヴァリエーションの会」の振り付け。参加者一人ずつの生徒に振りが渡されました。5月初旬のゴールデンウィーク中は全て11月に行われる県民文化祭の合同作品の振り付け、が行われました。

 そしてゴールデンウィークあけから毎日、平常基礎レッスンが全て終了してから夜遅くまでの時間、土曜日の平常レッスン前の時間、を使って子供達の練習の日々が始まっています。子供達も教師も保護者もそしてその家族の方々、衣装製作の方他、それに携わる全ての人達が、努力の日々を送っています。 
 
 さてさて ほっと一息 紘子先生のアレンジした「立脇バレエの庭のバラ」を紹介します。忙しい中、お花を見るとほっとしますね。
IMG_0145


dancingbutterfly at 22:38|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote 雑記 | 花,ローズ、立脇の庭