2011年11月

2011年11月07日

近況報告

おさらい会の振り付け、各クラスの25作品とシニアクラス全員が一人ずつ踊る30のヴァリエーション全て終了しました!!
 後は 全員で参加するプログラム最初の作品”プロローグ”を残すのみ。
 
これからは 各作品のお稽古、JAクラスはトゥシューズでのお稽古、舞台出入りのお稽古、正確なフォーメーションの確認等、細かい部分のお稽古が行われます。

 この後私がする事は プログラム原稿作り、アナウンス原稿作り、本番用音楽の編集、子供達の舞台板付配置表、発表会前のスケジュール表作り、一つずつの作品の照明プランの作成、衣装、頭飾りの配備等を残すのみ??!! 結構残っています、、、、。 もちろん お衣装作成の方々は毎日寝ずの作成をしてくださっています。
今回も皆の努力と熱意が結集して いい1年の締めくくりの「おさらい会」が出来る事と信じています。 
 
 さて それと同時進行で 先日の日曜日には宇和教室の芸能祭が行われ、西予市宇和地域の方々と共に、文化のお祭りに参加しました。宇和生徒の子供達はいつものびのびと笑顔で踊ってくれるので見ていてとても元気をもらいます、ありがとう。
 
 また、今度の日曜日13日には県民総合文化祭が開催。バレエ部門はひめぎんホールで「くるみ割り人形全幕」を発表します。
 
今回は愛媛バレエ協会所属の各バレエ教室が合同で一つの作品を発表します。東京より振付家を招いて5月から振り付け、練習を重ねてきました。
 
 立脇バレエからは JAクラスの5、6年生9人が「ネズミ(1幕)」として、シニアクラス中学生18人が「兵隊(1幕)」として参加。他卒業生の女性2名が「クララの母親」役と「金平糖の精」として 男性2名が 「客人・雪の王子(1幕)」と「スペインの踊り(2幕)」、「ハレルキン(1幕)」と「ロシアの踊り(2幕)」のお役をいただき踊ります。
 2011年1月の発表会で 私たちは「胡桃割り人形」の全幕を踊ったばかりですが、違った構成と振り付け、違った仲間達や雰囲気の中で、発表会の時と同じお役や違うお役を踊る生徒もおり、それぞれに色々感じることがあり、大いにお勉強になった事と思います。開演13:30、整理券がございますが、当日会場に来ていただければ無料で入場できます。どうぞお楽しみください。

 9月に前回のblogを書いて以来、やっと近況報告できました。このペースに愛想を尽かさずにいてくだされば幸いです。またこのページをのぞいてくださいね。


dancingbutterfly at 14:36|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote バレエコンサート(年末おさらい会) | 独り言、創作中の様子。