2014年05月

2014年05月22日

子供達と今日を積み重ねるということ。

 今日は,嬉しい事がありました。
 
 嫁ぎ先の宮崎県から、可愛いとてもお行儀のいい息子さんを連れて、一人の若く美しいママが立脇バレエを訪ねてくれました。2日後にご友人の結婚式があり帰省された様でした。16年もの間、お互いご無沙汰していました。
 
 彼女は小学6年生か中1頃まで立脇バレエでバレエを続け、その後,自分はバレエが好きだったのだけど、事情でバレエをやめることになりました。その時に,きちんとお母様とお話に来られた日の事、16年以上も前の事ですが私は覚えています。「また,大きくなったら大人のクラスにでもいらっしゃいね。バレエには色んな楽しみ方があるから」といった事も覚えています。
 そして16数年後の今日,私の母が担当するレディースクラス(大人一般主婦クラス)のレッスンを受けてくれたのです。
 このクラスは担当外なので、普段私はいないのですが、運命がそうさせたようで、私もたまたまその場におりました。お顔をみたとたん、私は彼女を抱きしめずにはいられませんでした。
 彼女は「懐かしいです、、。」と涙を一杯浮かべていました。幼い頃の色々な思いが心をよぎったのでしょう。私も少し彼女の気持ちが分かったような気がしました。
 また帰省の際は遊びに来てくれるそうでとても楽しみです。立脇バレエを離れて10数年たち、遠く離れたりしていても、幼い頃の教室の雰囲気や練習の日々、衣裳や舞台、友人や教師、の記憶は人の心の中に残っているのだなあ。と再認識し,心動きました。
 私側も,今までのべ何百人の子供と接してきましたが,その子が何を踊ったかとか,どんな生徒だったかほとんど全部覚えていますもの。
 
 今日もレッスンに元気で通ってくる子供達、、、。この子達が大人になった後、あの頃は楽しかった,いい時間だったと振り返られる一日を今日も一生懸命創りたいと思いました。それが時に 苦く思い通りにならなかった思い出だったとしても、いつかは、お互いが成長して今日のような再会が果たせる日を夢見て,今日もレッスンに励もうと思います。
 

dancingbutterfly at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Clip to Evernote 独り言、創作中の様子。 | 雑記