2016年05月

2016年05月07日

おめでとう!

 卒業生シリーズ等々、卒業生シリーズ   嬉しい夏〜卒業生に感謝してその◆   卒業国家試験の舞台より今までのblogに再々名前が登場している、立脇紘子バレエ研究所卒業生の上村悠さんが、4月に行われた バレエコンペテイション「アラベスク」(ペルミ国際バレエコンクール)で第3位になりました。
おめでとうございます!


 今は 誰かが外国にいても、近所の友人よりも今日何したか詳しく知ってたりする時代。
lineやFaceBookやYou-tubeや、、、のおかげでコンクール予選通過!準決勝通過!決勝進出!!ええっ!?3位入賞!、、、と本人のお母様からの伝言や、写真、ヴィデオ、そして本人からの喜びの報告メッセージなどが次々飛び込んできて、臨場感いっぱいでした。

 私の誕生日の前後だったので(実は本人のお母様の誕生日とも前後していた)特別な感じでした。

 人生を続けていれば誰もが経験する、劣等感、挫折感、絶望感ですが、バレリーナを目指して進もうとする若者たちは特に、厳しい環境、周囲からのプレッシャー、衰えへの脅威、経済的な自立への焦燥感、才能への懐疑、、、華やかな世界の裏の人間不信、、、そして拙い自分への嫌悪、、。多くの苦悩を早くから経験します。
 
 悠さんも例外ではありませんでした。でも、いろいろな運命が重なり、このコンクールに出場することになり、そしてあることがきっかけで、魂を込めた踊りを踊りきれたようです。
 受賞をした後の彼女と話をしたり、バレエ団でのその後のリハーサルの様子を観たりしていると、彼女は今、幼い時に乗っていた波に、また乗っているような気がします。とても輝いています。

 これからが、また喜びの始まりであり、苦悩の始まりであると思いますが、一度始めた事にその才能や役割をもらったら、最後まで生き抜いて欲しいと思います。心から、応援しています!
 人生、いつチャンスが巡ってくるかはわかりません。そのチャンスに気づくか、気付いていてもそのチャンスから逃げるか、挑戦するか、、。「選択」が、今日の自分を決めるのです!

 7月はまた帰国して、後輩たちに、レッスンの講習をしてくれる予定です。みんなで待ってます!
 
バレエコンペテイション アラベスク2

バレエコンペテイション アラベスク


dancingbutterfly at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)mixiチェック Clip to Evernote 生徒達の様子 | お知らせ