「見えないもの」まで映し出してくれるような舞台をお礼の夕食会◆組しいものは強い!〜

2017年01月27日

発表会 お礼の夕食会

 新年2017年、もう1ヶ月が過ぎようとしています。
1月8日に行われた立脇紘子バレエ研究所発表会も感動のうちに終了しました。お客様をはじめ、携わって頂いた全ての皆様に、遅ればせながら、お礼申し上げます。ありがとうございました。

 毎年発表会が終了すると、ご好意で係の仕事をお手伝い頂いたお母様方にお礼の気持ちを表する機会を設けさせていただき、ささやかなお礼の夕食会を開いています。
 立脇バレエのお稽古場を会場に、各テーブルのお花のアレンジメントも、お料理も司会進行もすべて手作りの会です。
 
 お食事の合間には、毎年レベルの高い声楽、楽器の演奏などが披露されます。今年は、卒業生のお母様のピアノ演奏と、そのお弟子さんで、特別支援学校の教師をしながら音楽活動も続けていらっしゃる女性のサクソフォン演奏でした。
 ピアノ伴奏によるサクソフォン演奏は、「ホールニューワールド」、ピアノ独奏は、リストの「愛の夢」でした。「「愛の夢」の「愛」とは、人間愛の「愛」だと思います。」とおっしゃってから、演奏を始められました。
 2曲が演奏されている間、亡くなった父のこと、発表会のこと、子供達の事、卒業生のこと、これまでの喜びや悲しみ全てが昇華され、ご支援の皆様の愛情に抱かれたような何とも言えない幸せを感じ、涙がこぼれました。

 幼稚園から今日までバレエを続けてきた卒業生のお母様方も、それぞれの思いを、涙あり笑いありでspeechされました。
 「お友達とのトラブルもあり、バレエ熱が下がる時期もあったけれど、『バレエが好きだ』という気持ちだけを大切にして、誇りを持って最後までバレエを続けられました。」
 「発表会が終わった日、『お母さん、私に最後までバレエを続けさせてくれて本当にありがとう。』という言葉が。こんなことが言えるような娘に成長させてもらった立脇バレエに感謝いたします。」(涙)(〜それは、ご家庭が素晴らしいからです!!〜)
 姉妹二人を卒業まで応援されたお母様は、「もう今回は寂しくありません。なぜなら、自分が生徒になったからです!」(笑)(〜二人のお嬢様が卒業されましたが、大人クラスにお母様が在籍!そうです。みんなこのコースで行きましょう!!!子供卒業後=お母様入所(笑))

人の善意は、こんなにも生きる力をくれるんですね。
〜2017.1月 blog お礼の夕食会 △愨海〜

15133


15131




dancingbutterfly at 14:40│Comments(0)TrackBack(0)mixiチェック Clip to Evernote 舞台を終えて | 立脇紘子バレエ発表会

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「見えないもの」まで映し出してくれるような舞台をお礼の夕食会◆組しいものは強い!〜