第25回ヴァリエーションの会 のご案内

2018年09月17日

発表会の準備開始!!

 始まっています。1月の発表会の準備。
 クラシック全幕作品は、6月、8月と振付が始まり、今度の連休にまた通し稽古があります。
 2年に一度の大きな発表会のメインイベント「全幕公演」。
 小学4年生以上のクラスの子供達が参加します。
 
 型やポジション等、それ自体には意味のない動きの組み合わせである「踊り」の部分に、お芝居が加わり、そこに意味を与える物語で完結する全幕公演は、大変やりがいのある一方で、経済的にも、労力的にも、携わる全ての人にとって至難の技です。
 振付家、指導者、舞台装置、音楽、美術、照明、衣装、そしてダンサーなどバレエという総合芸術の総決算。
 そんな大変なものを、子供達をメインに創り、学んでいこうという試みです。

 それでも、リハーサルの最中、自分の出番が来るまで見学する子供達の表情を見ると、毎回毎回、慣れているつもりでも、グッとくるものがあります。
 音楽に合わせて思わず首を振っている姿、キラキラした目で何かに焦がれている姿、主役に感情移入して、赤くなったりびっくりしたり、、、。素直に心を動かされて集中している顔、顔、顔。
 何とも言えないこの表情をみると、「大変だけど、全幕公演を今年もやってよかった。やれる限り、できるだけ続けていこう。」と勇気が出ます。
 
 感動する側と、感動させる側、どちらも人間の素晴らしさを実感できる瞬間です。

 上級クラスのコンテンポラリーダンス作品も、大きな課題です。ロシアから振付家を招待して、猛暑の8月に振付は終わりました。
 この分野に関しては、私は勉強不足なので、振付家の意思を少しでも汲み取りながら、子供達と学んでゆきます。
 クラシックバレエ教室ですので、毎回の舞台で1作品ではありますが、この分野の勉強を15年ほど前から続けてきました。クラシックバレエでは味わえない、体を動かすことの面白さ、心と体の広がりや可能性を感じて欲しいと思います。


 そして、3歳から小学3年生までの、ちびっ子達の振付も9月から始まりました。
 基本レッスンの授業の時は、授業途中にトイレに行ったり、気分が悪くなって見学したり、という子が続出なのに、なぜか発表会の練習が始まると、きれ〜に皆無です。(笑笑)
 子供は正直です。
 ま、私も、授業中はもちろん、いつものようにカフェで振付中さえ、トイレに行く暇はない模様です。病気にならないよう気をつけなければ、、、。(笑)

(写真は、8月のリハーサル風景)

IMG_1861



dancingbutterfly at 13:12│Comments(0)mixiチェック Clip to Evernote 立脇紘子バレエ発表会 | 生徒達の様子

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第25回ヴァリエーションの会 のご案内