花,ローズ、立脇の庭

2011年06月21日

「ホームページURLをhttp://tatewakiballet.com/へ変更」のお知らせ 〜お花も添えて〜

お知らせです。
 半年ほど前に 立脇紘子バレエ研究所のホームページURLを変えたばかりなのですが、今度はサイトを提供している会社の方がサービス提供を終了する。ということとなり、ホームページのURLが下記のように変わります。旧URLは2012年5月までとなりますので、リンクして頂いている方は 度々大変お手数ですが下記のURLに書きかえをよろしくお願いします。

http://tatewakiballet.com/


追記:上記お知らせだけでは、ちょっと素っ気ないので、、、。
 立脇紘子バレエ研究所の庭で摘まれ、紘子先生のアレンジにより、つい数日前まで、玄関で子供達を出迎えていた花達の写真を添えてみます。前回blogに続き「花のあるバレエ教室」第2弾, 第3弾です。

IMG_1204

IMG_0144


この2、3日は 雨の日が続き 湿気がありすぎてか、花を飾っても一日ですぐにぐったりです。また庭で摘まれた花が、玄関で子供達を迎えられるようになったら、時々blogで紹介させて戴きたいと思ってます。

dancingbutterfly at 02:04|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote

2011年05月27日

現在進行中

 あっという間に、例年より早めの「梅雨」時期に入ってしまいました。皆様お変わりございませんか?せっかくの美しいさくらの時期、最も私が好きな季節にblogを書けずにおりました。
 
 私の怠慢のせいで、blogの上では 行事の紹介が止まっておりましたが、現実はめまぐるしく色々な活動が始まり、終わり、立脇バレエの生徒達もそれぞれ元気に過ごしています。
 
 3月の行事の一つ、第1回バレエコンディショニングの後は 3月末日の四国バレエコンクールの参加。一人の生徒が、ジュニアBの部(主に中学生出場の部)で第2位になり、8月に行われる全日本バレエコンクールの出場権を得ました。
 
 4月の新学期、今年は例年ほど転勤等でお別れする生徒も少なくほっとしましたが、何人かの卒業生が県外へと旅立ち、寂しくも感じていました。
 一方で、新しい子供達も入所しました。在籍生徒の保護者の皆さんにご紹介頂いた新入生がほとんどで、何よりも嬉しいご好意、心から感謝いたします。
 今学期は、西条市や新居浜市から週二回、三回と通ってくださる方もあり、有り難い事と身が引き締まる思いです。

 4月中旬からは、7月に行われる行事「ヴァリエーションの会」の振り付け。参加者一人ずつの生徒に振りが渡されました。5月初旬のゴールデンウィーク中は全て11月に行われる県民文化祭の合同作品の振り付け、が行われました。

 そしてゴールデンウィークあけから毎日、平常基礎レッスンが全て終了してから夜遅くまでの時間、土曜日の平常レッスン前の時間、を使って子供達の練習の日々が始まっています。子供達も教師も保護者もそしてその家族の方々、衣装製作の方他、それに携わる全ての人達が、努力の日々を送っています。 
 
 さてさて ほっと一息 紘子先生のアレンジした「立脇バレエの庭のバラ」を紹介します。忙しい中、お花を見るとほっとしますね。
IMG_0145


dancingbutterfly at 22:38|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote

2009年05月18日

陽のあたる所

 今までも 何度か立脇バレエの庭を小さくご紹介してきました。写真1:イチゴ玄関のバラのアーチは咲き終わりましたが、庭にはたくさんのバラをはじめとする自然からの贈り物が私達を楽しませてくれています。
 今年からは小さな野菜のコーナーも出来ました。レタス、スナップエンドウ、ブロッコリー、タマネギ、豆(名前を忘れました!)小さなジャガイモ、イチゴ(写真1)そしてたくさんの種類のハーブなどなど。たまたま出くわした近所の方や送迎に来られた保護者の方に ささやかにもお分けしたりする事が時々あります。
 生徒達はバスの送迎の無い土曜日など、レッスンの時間より少し早めにきて 立脇の庭でバトミントンをしたり、お花を見たりして遊んでいます。
 また、立脇の父兄の方の中には バラを特別に愛し、大切に育てていらっしゃる方々が多くいらっしゃり、お花を愛でる事の喜びを一緒に分かち合おうと自分のお庭から大切なお花を持って来ていただいたり、お写真を見せてくださったリしていただいてます。(写真2.皆さんが持ち寄って頂いたバラ)。写真2:バラ私は専ら”バラ鑑賞者”ですが、どんな香水にもかなわない生きたバラの匂いがひときわ大好きです。その匂いをかぐ人の心持ち次第では身体も心も一瞬にして癒す力を持っていると思います
 都会のバレエ教室は ほとんどがビルの中か、庭の無い場所にあると聞きます。立脇バレエのお稽古場も年長の子供達にとっては狭くなってきました。でも 自然の中にあるバレエ教室も存在価値があると考えています。立脇の庭は決して立派で完璧な庭ではないけれど、そこに差す太陽の光や気持ちのよい風、遠くに見える山の景色は完璧です!立脇バレエの子供達はこの環境とともにバレエを楽しんでゆくのです!


dancingbutterfly at 16:43|PermalinkComments(4)mixiチェック Clip to Evernote

2008年11月29日

ランプポストとバラ

f607b276.jpg前回紹介したランプポストの”昼の様子!?” と そのそばのバラの写真です。こんなに寒いのに がんばって美しく咲いて 私達を喜ばせてくれているバラ。立脇バレエのバラは 1ヶ月程前からどんどん咲き始め、いまだに花を咲かせています。必ず暖かな春はやってくるから、、、。といっているようです。

dancingbutterfly at 00:08|PermalinkComments(1)mixiチェック Clip to Evernote

2008年11月27日

ランプポストと運転手さん

3bb408aa.jpg 立脇バレエの駐車場の庭に ランプポストが 2つ置かれました。1つのポストには3つのランプが付いています。(画像では よく見えないけれど)夜の駐車場が暗かったので、設置しました。とってもロマンチックです。つけてくれたのは 立脇バレエスクールバスの運転手さんです!!
 何でも出来る運転手さんで、お稽古場で壊れたものをすぐに直してくださったり、駐車場の庭のつるバラのアーチを創ってくださったり、植物のお世話をしてくださったり、、。また、1月の発表会で、’フルートによせて’というタイトルで 4年生が踊る踊りに使うフルートの小道具も あっという間に作っていただいたり、、、。お稽古場のストーブの灯油を毎日補給してくださったり、この後もっと寒くなったらお稽古場で使用する暖炉の薪の準備も毎年してくださっています。”陰の力持ち”として、私達が快適に過ごせるよう いつも美しいものを愛でて レッスンに通えるよう心を込めてくださいます。ほんとうに 有り難いと思っています。
 立脇バレエの何人の子供達が こうやって陰で支えてくださっている人達の事を想像しているかしら、、。「このお稽古場のお花は誰が飾っているのかしら」「この暖炉の薪は毎日誰がくべてくれてるのだろう」「この衣装は 作るのにどれくらいの時間がかかったのかしら」、、、、私も立脇バレエの子供達と共に バレエをとうして 「感謝する心」も育んで行きたいと思っています。

dancingbutterfly at 01:47|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote