2006年07月11日

ぼくもとさきこ

見に来ていただいた皆さん、共演者の皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。
皆さんと、同じ時間を共有できたことをとてもうれしく思います。
思い起こせば、私はずっと居心地のよさをこのチームには感じていて、それが何なのかは言葉するのは難しいのですが、いつもいい空気が流れていたように思います。演出の山西さんが鬼になっている時も、やはりいい空気が流れていました。その空気の中で安心して舞台に立つことができました。
ダンダンブエノ、素敵です♪1eb523f3.jpg

dandanbueno at 17:19|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

坂井真紀

79dab753.jpg全公演が終わってしまいました。観にいらしてくれた皆様、ほんとうにほんとうにありがとうございました。今回の公演「トリデ」は、バンドを作る話でしたが、劇団♪♪ダンダンブエノ自体がロックバンドのようなカンパニーでした。まず、近藤さんが愛してやまない芝居を作る様は、ロックンロールそのものなのです。そして山西さんや酒井さんが加わり爆発します。三人とも、いつもホンワカして優しいのですが、かなりのロックンローラーです。カッコイイです。参加できて、ほんとうに幸せでした。これからも、レッツ♪ロックンロール♪♪です。たくさんの感謝をこめて。(写真は北九州で皆で行ったお店のチョウチンです。)

dandanbueno at 15:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年07月10日

酒井敏也

4bb9cfe3.JPG9日の水戸公演が終わり「トリデ」の公演全て終了しました。
こんなに役者、スタッフと飲み食いした座組も久し振りでした。
しかも全てが楽しい飲み食い。
「トリデ」を見てくださいました皆様ありがとうございました。
もう来年の準備が始まります。噂によると再来年の準備も。
今後ともダンダンブエノを宜しくお願いします。日記も名前を変え更新していきますので覗いてくださいね。
ワクちゃん、楽しいお芝居書いてくれてありがとう。針もね。

栗コーダーカルテットの皆様本当にありがとうございました。こんなリズム感の無い酒井ですが、末永くお付き合いをお願いします。

永島さん、何時も付きまとってご迷惑かけました。申し訳ありません。これからつき まといますので宜しくお願いします。しかもご家族にも。だって永島さんといると自然体になれて勉強できるし楽しいんですもん。お言葉に甘えて、たこ焼き焼きに自宅に行かせて貰います。
ありがとうございました。

真紀ちゃん、まこちゃん ぼくちゃんズ〜と仲良くしてね。どこかで会っても、よそよそしくしないから。今回は自信ある。何時も僕がUFOキャッチャーで取った時計Tシャツ身に付けてくれててスゴ〜ク嬉しかったです。ありがとう。近々焼鳥屋に行 こうね。軟骨カレー作るし。

近ちゃん、ヤマニ、去年は台詞を覚える事を教えて貰い、今年は発声練習を教えて貰い、ありがとう。来年は何を教えてくれるんだろう。来年元気にお芝居出来るように、毎日元気にしています。

dandanbueno at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

最後の日記 宮地雅子

1d5d0dc8.jpg宮地雅子です。
初参加の劇団♪ダンダンブエノ、「 トリデ-砦-」公演は、昨日、無事千秋楽を迎えました。水戸芸術館というこの劇場が、とても濃い空間で、またお客様も素晴らしかった。とても幸せな一期一会でございました。
思い起こせば半年前からエチュードを重ねてきたこのお芝居。面白いこと、たくさんあったなあ。

・女子三人エチュード事件
スポーツジムでストレッチしながら、とにかく他人の悪口を言うというそれだけのテーマで繰り広げられた約1時間半。ぶっ通しでヒトを疑い、告げ口し、嘘をつく、あっという間の楽しい時間でした。

・酒井さんプレゼント事件
敏也さんはUFOキャッチャーの達人です。ある日、稽古場で「女子、集合!」と声がかかり、皆敏也さんの元へ集まると、机の上には可愛いキャラクターの腕時計が!6個!!…とにかく驚きました。その後も幸せは続き、終わってみればTシャツ3枚、腕時計3つ。すごいです。もらってばかりでごめんなさい。大事に使います。

・永島さん稽古場差し入れびっくりベスト3
3・かかえきれないほどの山ウド
2・高級ナマ馬肉ブロック
1・巨大バケツいっぱいのあさり
お人柄ですね。ご馳走さまでした。

dandanbueno at 20:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

梅林憲太

うおぉぉぉ〜〜〜!!!ダンダンブエノ最終公演!無事に終わりましたぁ〜!
水戸公演、初めて客席で観させて頂きましたm(__)mいや、したら、スゴいです…何がって、こう、表情とかもすごく見れるし、熱がガンガン伝わってくるわけですよ!自分のなかではそのくらいの思い入れもあったし、最後なんかは、涙で前が見えませんでした…(>_<)
今回、この『ダンダンブエノ』に参加できて、本当にうれしかったです。いろんな、いろんな石(意志)を頂きました。「終わりは、始まり。」この経験糧に歩み続けていきます!

出会ったすべての人たちに、いっぱいいっぱいい〜っぱい、ありがとうございました。
最後に、ある役者さんの言ったことばで胸に突き刺さったことば…
『努力は私を裏切らない』
   ♪ケンタまん♪
こんどうさん

dandanbueno at 20:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

山西惇

8ca706e4.JPG今打ち上げから帰ってきました。もう昨日になりますが、水戸公演も無事に終了し、トリデ全公演これで終了です。水戸のお客さんも非常に熱かったです。大千秋楽ということで、役者さんたちも良い集中とほどよい力の抜け加減で芝居の出来もよかったとは思うのですが、お客さんにのせられて最高の舞台が出来たと思いました。ちょっと酔っぱらっているので、文章がよい日本語になっていませんね。英語を翻訳したみたいになってます。ご容赦ください。ああ、こうして、二年近くああだこうだと考えてきたことが、様々な人の力を借りて形になり、そして、跡形もなく消えていくのです。この潔さが演劇の凄さなのだと思うなあ。だからまた、次の作品、次の出会いへと僕たちは駆り立てられるのです。ご来場いただいた皆さん本当にありがとうございました。皆さんの心の中にだけトリデは生き続けるのです、皆さんが覚えていてくれる限り。またどこかで出会えることを信じて、PCを閉じることにします。またね。

dandanbueno at 02:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0)山西惇 

2006年07月06日

山西惇

4fcf38f3.JPGあっという間に北九州公演と大阪公演も終了し、東京でボーッとしております。どちらも暖かなお客様でした。本当にありがとうございました。東京公演終了後一日だけ集合して、額縁舞台に合わせて少し修正を加えましたが、その少しの修正でも、見え方はもちろん、役者さんの感じ方も微妙に変化しているのがわかります。ホントに芝居は生ものだなあと実感します。残りは水戸公演一回を残すのみとなりました。日々変化しつつも腐ることなく新鮮さを保ってくれているキャストスタッフに感謝しつつ、最後まで事故なく無事に終了することを祈っています。北九州では美味しいお魚と馬刺しを。大阪では美味しい焼き肉をたらふくいただきました。水戸が終わったら最後の美味しい美味しいお酒をみんなで飲みたいと思います。写真は小倉の居酒屋で寄せ書きした芋焼酎です。

dandanbueno at 15:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)山西惇 

2006年06月27日

ぼくもとさきこ

af66e4d8.JPG東京公演、無事に終了いたしました。
ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。
東京公演打ち上げのその後、私たちはどうなったかというと、近藤さんは酔って寝てしまい、酒井さんは目をしょぼしょぼさせ、また腕時計を真紀ちゃんにあげてしまい、宮地さんはご機嫌な顔になり、梅林憲ちゃんは去年の失恋を引きずるのでした。
これから、北九州、大阪、水戸へ行きます。各地の皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

dandanbueno at 22:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月26日

坂井真紀

8a130b9c.jpg東京公演が終わってしまいました。あっという間に時間が過ぎたような気がします。来てくれた皆様、ほんとうにありがとうございました。そして色々な感想をいただき、新たなるパワーもいただきました。なにより、私自身、このメンバーで舞台に立たせていただけたことは、楽しくてどうにかなっちゃいそうでした。近藤さんの優しい空気と情熱に感謝。酒井さんのような天才に出会えたことに感謝。山西さんのピカピカの脳みそに感謝。永島さんの大自然の香に感謝。宮地さんの女っぷりに感謝。ぼくちゃんの暗黒街からの癒しに感謝。劇団♪♪ダンダンブエノが大好きです。地方公演も頑張ります。写真は、酒井さんから頂いた四個目の時計です!またまた可愛いっ!

dandanbueno at 21:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

酒井敏也

2d404653.JPG東京公演が昨日終わりました。稽古も含めアッという間に終わったと言う感じです。 役者と一部スタッフで東京公演打ち上げをしました。そこでのお話。
演劇界では飲み屋芝居と言う物があります。(今はそう言う言い方をしないかもしれないけど)
それは、演劇関係者が飲み屋で酔いながら芝居の企画を話しその企画を肴に盛り上が ると言う物です。まず話だけで企画は終わってしまいますが、一割ぐらいはお芝居になります。
で9割の確率で飲み屋芝居だったねと評価されます。ダンダンブエノの企画もそんな感じでしたが、近ちゃんのプロ意識で5回も続けられています。で今日の打ち上げで企画があがりました。これがもの凄く面白いのです。タイトルも決まりました。企画の話をして大盛り上がりして大笑いしてたらいたらお店の方がもう少し静かにして頂けませんか、と言われました。僕は出なくても、その芝居を観たいもの凄く観たいと思
いました。紅白歌合戦でいうなら紅組こうえんですね。
近ちゃんそのお芝居実現させてよ。スゲー観たいようお。

dandanbueno at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(1)
livedoor プロフィール