今まで数週間にわたり楽しくメッセージを送りあっていた人と、こんなにも簡単に縁が切れてしまうものなんですね

モバゲーを退会したのは、自分でやったこと。
ですが、非情だなと感じました。
そして、こんなにも簡単に人と人を繋ぎ、または切ることもできるネットの世界に、恐怖すら感じました。

短かったですが、私と辰哉さんの関係は、これにて終了しました。


しかし、実際はこの後、もう一度辰哉さんの姿を見ることになるのでした。


それは、初めて会った時から1年ほど経った、私が高校3年生の時でした。

その日は休日だったのですが、私は、自転車で、辰哉さんとも会った私の最寄り駅周辺の書店に参考書を買いに出かけました。
書店の前に自転車を止め、書店で用を済ませます。
書店を出たところで、日焼け止めがなくなりそうだったことに気付き、自転車に乗り薬局へ向かっている最中でした。

歩道の左前方に、なにやら見覚えのある人を発見。
友達と思われる人と2人でこちら側に歩いていました。

えーっと…誰だったかなあ…

思い出せねえ!!!

この時の状況を絵に表してみましたので、ご覧くださいませ。

DSC_0438

その人との距離は、どんどんどんどん近づいていきますが、それでも私は思い出せないままでした。

しかし、2人の距離が1,2mになったところで、私が凝視していたせいか、その人とバッチリ目が合ってしまいます。

その瞬間、
辰哉さんだ!
と分かりました。

一方辰哉さんも、私のことに気付いたようで、凄まじい速さで顔を背け、歩くスピードを速めて私とは逆方向に過ぎ去っていきました。

私の住む街は、田舎ではありますが、休日の街はそこそこ人が溢れています。
そんな中で、たまたま時間が合って同じ場所にいて、たまたまお互い気付いたんですよね。
奇跡とか言うつもりもないですが、偶然でこういうこともあるんだなあと思いました。

これで、辰哉さんとのエピソードは終了です。
最後に、今回の恋活で学んだことを書いてから、終わりたいと思います。


続きます



にほんブログ村
↑参加しました。
よろしければ応援していただけると嬉しいです。

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 既男
    • 2018年08月14日 16:27
    • 絵のセンスがシュールw
    • 2. デビ子
    • 2018年08月23日 22:32
    • 既男 様

      コメントありがとうございます。
      お返事が大変遅くなり誠に申し訳ありません。
      私、絵のセンスが壊滅的でして、こんな絵しか描けず申し訳ないです💦シュールとおっしゃっていただけると、嬉しいです(笑)
      今後も、よろしければブログに来てください。よろしくお願いします。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット