どのくらい泣いたか分かりません。
一旦は泣き止むのですが、寝ようと試みても寝れず、また今日の出来事を思い出して泣く、ということを繰り返していました。

胸が、苦しくて苦しくて・・・。

私は、この時初めて、胸が苦しいということを身をもって経験したように思います。

比喩だと思っていました。
胸が苦しいとか締め付けられるとか、言葉では言うけれど、辛い気持ちを表すための表現であるだけで、本当に苦しくなったり締め付けられたりするとは思っていませんでした。

でも、この時私は、本当に苦しかった。
胸が締め付けられて、苦しくて苦しくて、失恋ってこんなにも苦しいのかと悶えました。


苦しみに耐えながらも、眠ろうと努めますが、なかなか眠れません。
いつになったら寝れるのだろう。

携帯を見てみると、寝床に入ってから1時間ほど経過した12時半でした。

眠れないのに目を閉じているのもストレスなので、携帯で暇つぶしをすることにします。

でも、考えてしまうのは彼のことばかり。

「彼氏 別れた」
「元彼 復縁」
「彼氏 振られた」

そんな言葉ばかりを検索していました。
縋ることができる何かを探していたのかもしれません。


続きます



にほんブログ村

↑参加しました。
よろしければ応援していただけると嬉しいです。