『トモUMA面白そうな血統』

JAPAN CUP


▼レイデオロ

父キングカメハメハ
母ラドラーダ



今年のジャパンCは外国馬が4頭が登録。
いずれもノーザンダンサー系でした。

この系統は02年のファルブラヴ(父フェアリーキング)が最後。

07年ポップロック(2着)

メイショウサムソン(3着)

以降は馬券対象になってない。

本来ならディープインパクト産駒(近5年で3勝)を取り上げるのが筋でしょうが、この秋のG1は【0・0・3・18】

祖母レディブロンドがディープインパクトの半姉、レイデオロを取り上げてみたい。

キングカメハメハ産駒は10年にローズキングダムが勝利。

キングマンボの直子のエルコンドルパサーが98年に、
アルカセットが05年に勝利を収めています。

母の父にシンボリクリスエスを持つ馬のJRA全重賞での勝率は19%

アドミラブルは青葉賞を制してダービー3着と奮闘。

ローズプリンスダムはレパードSでエピカリスを下しました。

底力豊富な血が大舞台で頼りになると思います。


先週(11/18~19)の注目馬 結果

11/18(土曜日)
福島3R
クイーンズテソーロ
4着

東京3R
ニシノマメフク
2着

東京10R
フロンティアクイーン2着

京都4R
ドラグーンシチー
3着

京都8R
エアウィンザー
2着

福島11R
トータルソッカー
4着


11/19(日曜日)
東京1R
イカヅチ
6着

東京10R
レッドオルバース
3着

東京11R
ダノンフェイス
1着

東京12R
ウインテンダネス
9着

京都3R
ストーミーバローズ
2着

ゴールドフラッグ
1着

京都4R
ヤマニンルネッタ(4人気)
1着

京都9R
レッドシャーロット
8着

京都10R
エイシンティンクル
9着



以上の結果となりました。



ジャパンC注目馬

キタサンブラック
3歳馬も外国馬も、まとめて横綱競馬で面倒みるか?


レイデオロ
勢いに乗る3歳世代。
前走は強烈なパフォーマンス。
ダービー馬が"横綱"を追い落とせるか?


マカヒキ
秋は6着、5着。
天皇賞(秋)は末脚に徹する競馬で、力強い伸びを見せたが…。
ダービー馬の反撃を期待


シュヴァルグラン
昨年のジャパンC3着馬。
前走から中6週と間隔は空きましたが、
中間の乗り込みは十分。
5歳秋で本格化か?



ソウルスターリング
C・デムーロ騎手ともに挑む。
秋は古馬・牡馬相手に苦戦ですが、距離延長でオークスと同じ。
展開次第で

↑このページのトップヘ