2008年04月

2008年04月27日

アルビレックスBCの地元開幕戦!

われらが応援するアルビレックス・ベースボールクラブ(アルビBC)の地元開幕戦が、4月26日午後2時より三条機械スタジアムにて華々しく開催されました。相手は昨年コテンパンにされた信濃グランセローズ。泉田裕彦県知事の始球式で、ついに北信越BCリーグの2年目がここ新潟でも始まったのです。

4)

4)






昨年、後藤孝志監督の下ズタズタに負け続けた新潟アルビBCでしたが、本年芦沢新監督のリーダーシップで福井での開幕シリーズを連勝!波に乗っての地元入りとなりました。今にして思えば、このリーグの目的がNPBで通用する選手育成のみと勘違いして監督を務めた前監督とチームにとって、昨年一年は大変ないばらの年となったわけですが、これを貴重な肥やしとして本年羽ばたく機会を得たのだと思います。

4)

4)






1万人を集めようという球団の思いには届きませんでしたが、4千人近くのファンがアルビBCの勇士を一目見ようと詰め掛けました。試合は残念ながら引き分けとなりましたが、昨年とは比べ物にならないほど拮抗したゲーム内容に、ファンは一様に安堵し今後に期待を抱かせる日となりました。

当社としては、ユニフォームスポンサーは昨年一年で降りたものの、株主としてそして後援会を通じて地元新潟でチームを支えてまいります。皆様の絶大なご支援をいただきながらチームをサポートし、野球を通じてここ新潟の活性化を果たしてまいりたいと思います。

いよいよ萌える季節が新潟に到来しました。



dangoya_tanakaya at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 社長日記 

2008年04月25日

やすらぎ堤の八重桜が満開です。

今日はやすらぎ堤を散策しました。
少し前まで盛りだった「ソメイヨシノ」はすでに新緑に変わり、今は「八重桜」が満開(^^♪ 花壇のチューリップと合わせてとてもきれいです。

八重桜とチューリップ






萬代橋より海に近い下流部分に「りゅうと大橋」がありますが、この風景はとても面白いものです。まず橋の向こうにそびえるは「ホテル日航新潟」で、その手前にヨットの群れが見えます。すぐ手前の信濃川縁には漁船が停泊していて港の風情が満載です。
実はこの川縁の名称は「みなと・さがん」といいます。

りゅうと大橋

みなと・さがん






新潟湊の左岸ということで全くストレートな命名ですが、やすらぎ堤から続く散策路として市民の憩いの場所となっています。とはいえ、この名称市民に浸透しているとはいえません。アピール不足なのでしょうか。
さて、散歩の途中で見つけた興味深い絵をいくつかご披露します。

吉野活版所

オレンジローソン






弊社古町店がある古町通10番町にそびえる歴史的建造物です。今も現役で活躍しています。そして新潟の目抜き通り、古町通7番町にある「オレンジローソン」。サッカーJ1アルビレックス新潟のチームカラー「オレンジ」にちなんで作られたお店です。とてもマイナーな地域限定のローソンです。

これは下町のカンバン。

下町かんばん1






意外に市内各所に案内カンバンを見つけて何気にうれしくなりました。ちなみにこのカンバンが立っている後ろには、南国でよく見る木が街路樹として植えてあります。何の木かわかりませんが・・・・(^_^;)。

そんなことで今日の散歩市内巡りのご紹介でした。いよいよ明日からGWが始まります。そしてお節句ということで新潟の味笹だんごの季節到来です。皆様よろしくお願い申し上げますm(__)m。

dangoya_tanakaya at 23:12|PermalinkTrackBack(0) 社長日記 

2008年04月24日

竹の子採りに行ってきました。

日本全国GW直前です。

先日竹の子取りに行ってきました。正直言って生まれて初めてのトライです。竹の子名人に連れられて、柔らかくてしかも大きな竹の子が取れるスポットでの挑戦です。

おいしい竹の子







ここで見える竹の子は、まだ土から顔を出したばかりのニューフェースです。頭はまだ赤ちゃんの如く赤く柔らかそうです。ちなみに、これがもう一日たって頭が青くなると共に、もう少し大きくなった竹の子はすでに硬いそうです。

竹の子名人







いよいよ竹の子名人の登場です。御年81歳になるのに未だに現役。ちょちょいのちょいで大きな竹の子を掘り出してしまいます。竹の子には規則的な根が張っているということですが、私たちにはその根の位置がわかりません。しかし名人にはひとわかり。そして、私たちが散々掘ってやっと掘り出す竹の子は、あちこち傷つきながらの捕獲ですが、名人の掘り出した竹の子は無傷のまま「きれいな」収穫です。

大量の竹の子







写真は本日の獲物です。そして本日の教訓です。
1、収穫の時季を誤るな。
2、いい獲物を選べ。
3、力の入れ具合が大切だ。

名人はすごいと思いつつ、学ぶことの多い竹の子採りになりました。そして、生育の早い竹林の中、こうして竹の子を採ることが地球環境を保護することにつながっていくこともわかりました。ふ〜(~_~;)

dangoya_tanakaya at 21:03|PermalinkTrackBack(0) 社長日記 

2008年04月12日

満開の桜、新潟の春はもうすぐそこに。

4月も半ばというのにまだ肌寒い新潟です。今日は満開の桜が散り際に最後の週末ということで、信濃川左岸を散策してみたのですが、素晴らしいショットが撮れました。

萬代橋と桜






何とどこかで見たような構図ですが、実は今日私が撮った絵なのです。信濃川と萬代橋。そして信濃川左岸のやすらぎ提に植えられたソメイヨシノ。ところがこれを別な角度から撮るとこうなります。

やすらぎ堤の桜






桜満開だけでもいい絵になるのに、新潟島の信濃川下流部「やすらぎ提」の散策路には可憐な雪柳が植えられ、しかもその前にチューリップの花壇。これがこの時季同時に咲くのです。なんともったいないと思うのですが、「花の命は短くて、咲き誇る花にはただただ心奪われ」です(^J^)

さて、今日は今年最後の桜シリーズということでもう一枚ご紹介しましょう。

みなとぴあの桜






この桜は、新潟市歴史博物館「みなとぴあ」横に咲くものです。そしてその先に見える水辺はお堀です。かつてこの近くに流れていた早川堀を再現しようと作られたものですが、この桜の季節にはその存在感を感じます。かつて掘割が縦横にのび、新潟町の交通路として栄え、新潟のシンボルとなっていた頃を懐かしみその再生を呼びかけるグループもがんばっています。応援したいですね。

NPO法人掘割再生まちづくり新潟

dangoya_tanakaya at 20:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 社長日記 

2008年04月09日

ウェブサイトをリニューアルしました!

皆さま お久し振りです。
苦労に苦労を重ねてやっと当社ウェブサイトがリニューアルされました。
ここまでご苦労下さった関係者の皆さまに厚く御礼申し上げます。

そしてこの「社長の日記」も新しいブログで2回目の投稿です。
以前より写真がアップしやすい日記にしたいと思っていたので、
このように変えさせていただいたのですが、
いまだ使い方がよくわからないので困っています。
まああせらずおいおい覚えていきますのでよろしくお願いします。

団地の桜







さて時は流れて春真っ盛り、そして新潟は今桜が満開です。
気の利いた桜の名所をご紹介したいところですが、
まずはこの日記の更新と気があせり手近な所をご紹介しましょう。

場所はわが本社工場の真正面。
食品工業センター(通称食品団地)の駐車場に咲くソメイヨシノです。
写真は工場の配送口から撮ったものですが、
わが社から結構いい眺めなのです。
ただ、花の命は短くて散った後のメンテナンスが大変です。
眺めを取るか掃除不要の簡便さを取るかですが、
例年満開のソメイヨシノに免じて勘弁しています(^_^;)

日本全国桜の見所が沢山あるのでしょうけれど、
どれが一番ということはありません。
身近な所でホッと和める花が自分にとって一番ですね。

新年度と共に生まれ変わった弊社ウェブサイトと、このブログ「社長の日記」をよろしくお願い致します<(_ _)>


dangoya_tanakaya at 11:35|PermalinkTrackBack(0) 社長日記 
Archives