2008年05月

2008年05月24日

新草よもぎが採れました(^^♪

薫風爽やかな季節。契約農家の青森からよもぎ収穫の知らせが入りました。地産地消を推進していても、青森産の良質なよもぎは当店の笹だんごに欠かせない原料と云えます。

CIMG0088
CIMG0085






ここで、笹だんごの生地に練り込んでこの素朴な味を作る生命線ともいえるよもぎが、収穫後どのように処置され一年持つような乾燥よもぎとされるのか見てみたいと思います。

CIMG0045
CIMG0004






近在のあちこちで農家の人々が採り込んで集められたよもぎは、収穫所に山のように積まれて後翌日までの間に大釜で茹でられます。この時、釜には重曹を入れてよもぎの葉緑素が死なないような工夫をしています。

CIMG0039
CIMG0065






茹で上がったよもぎを搾り乾燥させる前に大切な儀式があります。野原で採る野草であるよもぎには、小枝や小石、その他様々なものが混じっているのですが、これらは安心安全であるべき食品にとって異物といえます。これらは、当然入ってはならないものとして収穫農家の段階でこまめに取り除いてもらいます。そして、きれいになったよもぎは乾燥後キチンと箱詰めされ新潟に出荷されます。

CIMG0023
CIMG0025






これらのよもぎは来月早々に出荷となります。そして7月には笹の刈り取り。越後名物笹だんごにとって、大事な原材料が採れる収穫の季節がやってきました(^J^)。

dangoya_tanakaya at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 社長日記 

2008年05月18日

イベント盛り沢山の新潟です。

連日爽やかな日差しが降り注ぐ中、昨日われらが応援するプロ野球独立リーグのアルビレックスBCが今シーズン初めて新潟市営鳥屋野球場に登場した試合を観戦してきました。

DSC00288DSC00287






対福井戦。4番青木のホームランで先制したものの、相手打線を抑えていたエースの藤井が暴投で同点にされそのまま試合終了。残念な試合になりました。もう2年目なので、しっかりサポーターがついているのですが、新潟県内はもとより富山、石川、福井そして群馬、長野と週末は連日の転戦。試合開催の地元はいいとして、毎日見たいファンは物足りないところがあるようです。

そんな中、来年開催の新潟国体に合わせてビッグスワンの隣に県営野球場ができます。かつてのサッカーアルビレックスのように、拠点となる球場ができればスケールメリットが出てきて、試合そのものを楽しんでくれるようになります。今は2〜3千人の来場者が遠からず2〜3万人になることを信じていきましょう(^o^)丿

CIMG0008CIMG0010






左が新潟スタジアムビッグスワン、右が来年竣工予定の県営野球球場。道路を挟んで真向かいにある二つのスタジアムが、共に新潟の球技の殿堂となる日がとても楽しみです。そんな中今日は、そのビッグスワンでラグビーアジア5カ国対抗の香港戦を見てきました。

CIMG0001CIMG0003






新潟にも意外とラグビーファンがいるのです。試合はニッポンの圧勝。ただ、球場はとても暑くて観戦が大変でした(もう夏の風情です(~_~;)。

そして今日はもう一つのイベント。新潟市民芸術文化会館「りゅーとぴあ」での東京交響楽団48回新潟定期演奏会。土曜日東京のサントリーホールでやった演目と同じものを日曜日新潟でやる新潟定演はすっかり定着していると思います。

CIMG0011CIMG0014







CIMG0016CIMG0015






今日の演奏会は何といってもプロコフィエフのピアノ協奏曲第3番が華でした。新潟では初登場でしょうかリーリャ・ジルベルシュテインさんの鬼気迫るピアノ演奏。この定演がなければ、おそらく新潟に来ることはなかったであろう一流演奏家のプレイにただただ感激です。(写真左下は開演前のホール内ですが、うっかり撮った後係りの方に怒られました。決まりは守らないといけませんね(-_-;)

りゅーとぴあについては改めて日記に書くことがあると思いますが、昨日今日と何ともイベント盛り沢山で感激し通しの土日になりました。

ちょっと都会にも負けない新潟の楽しみです。ほんとにいい街です(^^♪

dangoya_tanakaya at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 社長日記 

2008年05月13日

サミットG8労働相会合が新潟で開催中ということで・・・・・

昨日今日とよく晴れた新潟です。

待ちに待ったサミットG8労働相会合が、新潟西港の万代島にある国際コンベンション朱鷺メッセにて開催されています。(→新潟日報。写真はみなと工房より撮影)CIMG0013CIMG0015







世界規模の会議がここ新潟で開かれるのは画期的なことです。この開催は、サミット本体の誘致を目指していた横浜市の中田市長が、わが新潟をパートナーに選んでくれたことをきっかけとして実現した話しは(ここ新潟だけ)有名です。何にしても、こういった国際的なイベントが開催されることは地元民として誇らしいことですし、実際新潟の名を世界に発信できるチャンスでもあります。

ただ、そんな大きなコンベンションにも拘らず、市民の認識は意外に冷めたものでその話題もあまり聞きません。というのも、主要国の要人が集まるとあってその警備網が悪影響を及ぼしているようなのです。朱鷺メッセがある万代島は交通規制のため一般車両の通行は制限されていますし、近辺道路のいたるところにPOLICEが立っていて物々しいばかりの風情となっています。

この影響から渋滞を予想して交通量も激減で、万代島にある物販店はもとより会場に程近い万代シティの店々の営業は芳しくないようです。対岸のみなとぴあやわがみなと工房付近まで交通規制のため閑散としています。まあこれだけのコンベンションです。大事の前の小事とあきらめなければなりませんね。

さてそのみなと工房ですが、本日よりギャラリー展示が変わりました。題して「故宮博物院所蔵『唐・宋・元名書画巨冊撰』展」。一般市民の所蔵品で、レプリカとはいえなかなか見ごたえのある展示会となりました。中国古典の一端が味わえる作品の数々、ぜひご覧いただきたいと思います。


CIMG0001CIMG0010







CIMG0004CIMG0006






5月らしい爽やかな風が吹く季節が新潟にもやってきました。

dangoya_tanakaya at 12:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 社長日記 

2008年05月05日

GW真っ盛りです。

日本全国GW真っ盛り。ここ新潟も真夏のような暑さに加えて、GWを楽しく過ごそうと行楽地に繰り出した家族連れの賑わいがいっぱいです。

CIMG0025

CIMG0022






ここは新潟市西区黒埼にある「新潟ふるさと村」。新潟県の観光物産の情報発信基地として誕生してから早17年になりますが、GWやお盆などは益々大繁盛で大勢の人々が押し寄せます。左上がアピール館で情報館のような施設、右上がバザール館といって新潟県の地場産品の展示即売場です。

CIMG0028

CIMG0018






ここにテナント出店しているわが店も、おかげ様でこの時季大賑わいです。ちょうどGWはお節句と重なり、笹だんごの季節真っ只中ということでお客様からご支持をいただく店です。ぜひお近くにお寄りの際はお越し下さい。

また、GWは田植えの季節でもあります。かつて6月の旧節句に行われていた田植えですが、近年はすっかり5月GWの風物詩となってしまいました。早く収穫し収入になる早稲品種の流行と、兼業農家の働き手が勤め先を休み易いGWに、稲作農家にとって一番大変なイベントを済ましてしまおうというわけです。

CIMG0001

CIMG0005






ここは越後平野の真ん中。いわゆる亀田郷の美田が広がります。わが社の江口本社工場の近所の風景です。GWに入ってから始まった田植えもあっという間に進んで、多くの田んぼが青く覆われました。またこれから農家の季節が始まります。

何にしても今年も豊作、おいしい新潟米が育ってほしいと思います。

dangoya_tanakaya at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 社長日記 
Archives