2008年06月

2008年06月21日

梅雨の晴れ間に(^J^)

今日の新潟は梅雨の晴れ間です。そんな中、午前中に「ザ・マジックアワー」観てきました。さすが話題の映画だけあって感激しました。陽が暮れる前の、まだ陽がある空からまだら模様の陽と雲と空と、ない交ぜになった素敵な時間帯が「マジックアワー」なのだという。空が広い新潟は、そのマジックアワーが存分に楽しめると嬉しくなってしまいました。

ということで夕方ウォーキングを楽しんでいると、信濃川対岸に楽しげな催し物。つい引き寄せられて行って見ると、それは「萬代橋サンセットカフェ」。あの「夕日コンサート」で有名な「日本海夕日キャンペーン」実行委員会の皆さんのボランティアで、この時季毎週土日欠かさず開催している青空カフェだということです。

DSC00334
DSC00335







のども渇いたし、ちょっと生ビールでもと軽い気持ちでよって見ましたが、とてもいい気分になってしまいました。というのもそこで路上コンサートをしていた歌姫に魅せられたのです。その名を「五十嵐みずも」、もうメジャーデビューしているという新発田市出身のシンガーソングライターです。信濃川に暮れる夕日の中で、とても素敵な歌声が響いていました。


DSC00342
DSC00337








その後はジャズバンドが小粋なスイングを聞かせたりしていて、夕日の中で萬代橋と素敵な音楽。道行く市民もすっかり馴染んでいて、思い思いに萬代橋の夕暮れを楽しんでいます。ここ新潟もちょっぴり豊かになってきたのかなってうれしくなりました。夕日キャンペーンの皆様本当にご苦労様です。

DSC00339
DSC00343








暑い夏を前に、それぞれに楽しめる時間がある新潟です。


dangoya_tanakaya at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 社長日記 

2008年06月05日

6月旧節句の季節です(^・^)

新潟は天気予報で26℃の声を聞きましたが、まだ半袖には早いお日和です。

今日は旧節句の6月5日です。最近は5月のGWに集中するようになったお節句ですが、昔ながらの風習を大切にする方々は、この時季笹だんごをご注文下さいます。新潟人にとっての笹だんごは、各地のちまきやかしわ餅と同じように、わが子の邪気を払いつつ無病息災を祈るためのお節句になくてはならないものでした。

春から夏になる変わり目のお節句。このような慣わしはいかに庶民の民俗に大きく関わってきたものでしょう。神に祈るといっても、わが国の神はその姿も見えず祈るあてさえ僅かです。そんな中、実際に薬草としても理解されていた菖蒲やよもぎ、笹葉やかしわ葉などは、目に見えて「役に立つ」ものとして重宝されたことは想像に堅くありません。

それらを原材料として使用した料理・菓子類は、ただ食料の役割を超え貴重な意味があったのでしょう。食べるだけ健康になるのですゾ(^_-)-☆

さて閑話休題。今日は新潟庶民の台所本町商店街を散歩しました。

CIMG0018
CIMG0011






日本全国どこでもこのような商店街があるわけですが、ここ本町は特徴ある露天商が減り商店主にもどこか元気がありません。しかし、ここは新潟の本町通だぞという覇気はまだ衰えていません。

CIMG0013
CIMG0016






CIMG0015
CIMG0019







商店街の一角にわが田中屋本店の本町店もあります。笹だんごの実演販売が特徴のお店です。ぜひ「出来立て」の味をご用命下さい。また、商店街事務所の近くに「人情横丁」とのカンバンがあります。お店と庶民が毎日触れ合い、まさに人情が溢れる横丁なのです。

ほっとできる町。それが新潟庶民の台所本町商店街でしょう。

dangoya_tanakaya at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 社長日記 
Archives