2012年10月

2012年10月27日

私が出演させていただいたFMKENTO「伊藤聡子と新潟の経営者」が本日オンエアでした。(^・^)

IMG_0367

今日の新潟は秋晴れの下とても爽やかなお日和となりました。そんな中、先日収録した地元放送局FMKENTOの「伊藤聡子と新潟の経営者」がオンエアとなりました。

文字通り、新潟の著名な経営者にスポットを当てる番組に、私どものような中小企業が登場すること自体異例なのに、笹だんごというニッチな業界を取り上げていただくことが不思議でした。

もとより噺家ではありませんので、しどろもどろのお話しにどれほどの面白みがあったかわかりません。しかし、小なりと言えども地元の食文化を発信して行こうという気概はあるつもりです。今回のオンエアが、私どもの笹だんご業界にとって意義あるプロパガンダになることを期待しています。

伊藤聡子さんが早速アップしてくださいましたブログをご紹介します。
→ http://ameblo.jp/ito-satoko/

本日オンエアした分はこちらから聴取できます。
→ http://www.fmkento.com/podcast/ito-satoko/

dangoya_tanakaya at 20:58|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 社長日記 

2012年10月14日

地元テレビ局NSTに出演しました。(^・^)



この季節、新米の収穫に合わせて米どころ新潟県が展開している「新潟米、おにぎりで行こう!」キャンペーン。その協賛店舗ということで弊社がこの番組に登場しました。

弊社では、もう40年近くに渡っておにぎりの製造販売を手掛けています。コンビニはもとよりスーパーもない時代で、おにぎりを作り販売する業者はありませんでした。それを、お餅とお団子の為に仕入れる新潟米の有効利用として始めたのでした。

思えばおにぎり屋の先達のようなことをやってきたのですが、今日折に触れ様々な場でその販売を見るにつけ、時代の変遷とおにぎりという食の原点ともいうべきものの持つ魅力を再確認することができますね。

おにぎりは懐かしい母の味。今回のオンエアを通して、改めて美味しいおにぎりを作り続けていかねばと思った次第です。

dangoya_tanakaya at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 社長日記 

2012年10月11日

FMラジオ番組に出演しました。(^・^)

すっかり秋めいてきた新潟です。暑くも寒くもなく、一年で一番快適なこの季節は例年あっという間に過ぎていきます。そんな中、地元ラジオ局のFMKENTO制作番組に出演(収録)させていただきました。

1

2

題して「伊藤聡子と新潟の経営者」。放送日は10月27日と11月3日、いずれも15:00〜15:30の予定です。

美人キャスターの伊藤聡子さんが新潟の企業トップから経営哲学や人生観を聞くという番組です。毎回著名な社長さんが登場してきた訳ですが何で僕が?と思いますよね。

3

4

とても恐れ多いことなので、もちろん辞退したのですがもう決まったのでと言われ覚悟した次第です。でもこれもご縁と思い直し、笹だんご業界の宣伝マンとして分を果たそうと努めさせていただきました。

素敵なキャスターとの対談番組という形で、改めて自社の在り様を再確認できる場とご縁をいただき関係各位に厚く御礼申し上げます。

5


dangoya_tanakaya at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月01日

地元小学生が笹だんご講座で体験学習でした。(^・^)

みなと工房で実施している「笹だんご講座」。笹だんごの歴史やその成り立ちを学びつつ、作り方をその生地作りから笹巻きまで実際に体験できる講座が好評です。先日、新潟市中央区の地元小学生から受講していただきましたのでご紹介致します。

1

2

最初は笹だんごのお話し。普段何気なく食べていたお菓子にいろんな意味合いがあることで驚きます。そして説明を聞いてから早速笹だんご作りに挑戦。

まず生の米粉に水を入れ、砂糖とよもぎそして小麦粉など元の材料を加えて練り上げ生地を作ります。そしてできた生地で粒あんを包んで生のお団子ができあがります。

3

4

生のお団子はもちろん、米粉やよもぎに触れることもはじめての子ども達。最初は戸惑いながらも少しずつ慣れてくると声を上げ楽しみながら作ります。

イグサによる笹巻きは簡単ではありません。でもゆっくりと少しずつ巻いていくと誰でもできるのです。巻き上げた時の達成感はそれは気持ちのいいものです。

5

6

実は今日の皆さん、私の母校新潟市立湊小学校から来ました。湊の名からわかる通り、信濃川河口部港地区にほど近い、いわゆる下町(しもまち)と呼ばれる地域で創立以来118年という長き歴史を誇る同校です。

近年中心市街地の過疎化・ドーナツ化で児童数が減っていますが、地域を上げて子ども達を見守る活動には定評があります。私どもも微力ながら、笹だんごやお店の営業を通して地域の活動や子ども達の健全育成に多少なりとも関わっていけたらと思っております。

7



dangoya_tanakaya at 12:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Archives