2018年08月15日

お祭りは暑い夏がお似合いで。(^^)/

IMG_2339

IMG_2338

猛暑に負けず蓮やサルスベリの花が咲き誇る時節柄は新潟まつりの季節となります。今年はこの10日〜12日の3日間、盛大に繰り広げられました。

初日の夜は大民謡流し。古町から萬代橋を経て東大通を埋め尽くす15000人の踊り手が踊る新潟甚句の流しに、また今年も田中屋本店の勇者達が集結したのです。

IMG_2323

IMG_2333

IMG_2334

他の団体は揃いの浴衣姿が多い中、あかねちゃんTシャツとオレンジ帽子(警備の係員と間違えられます(笑)がひときわ目立ちます。とにかく暑く盛り上がる夜でした。

二日目の日中はみなと工房にほど近い信濃川河口部で勇壮なイベント水上神輿渡御が行われました。

IMG_2345

IMG_2346

IMG_2350

祭り行列のご本尊住吉様の神輿を乗せた御座船が、これを守護する漁船団や消防船とともに信濃川の右岸から左岸へ渡る古式ゆかしい神事です。訪れた見物客のお帰りはみなと工房ということで、弊社にとりとてもありがたい行事となっています(笑)。

IMG_2352

IMG_2355

今年は新潟まつりと日程が重なりましたが、二日目の夜は新潟の夕日を世界に発信する日本海夕日コンサートでした。今年も美しい夕陽をバックに、会場の小針浜には3万人を超える観客が集結したとのこと。山の日開催と決めているようなので、来年の11日は日曜日で新潟まつりの大花火大会と重なるのでしょうか。ちょっと心配ですね。(^_^;)

IMG_2359

day03_img01

38926583_1871308382949725_2624850786001092608_n

最終三日目の締めは大花火大会。長岡花火にその規模は譲るものの、来年に迫った新潟開港150周年を記念したスターマイン(画像は新潟まつり公式サイトより)など盛大に夜空を飾ったようです。例年通り、晩酌をやりながらの自宅鑑賞でしたが。(^_^;)

そんなことで、暑い夏を吹き飛ばす新潟まつりがさらに暑く燃える季節を呼び込んだようです。

IMG_2381


dangoya_tanakaya at 14:19│Comments(0) 社長日記 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Archives