July 2011

ダニエルをどうやって育てたか


こんにちは☆


ダニエルの育て方シリーズです。

よく訊かれる質問を書きます。



Q2: ダニエルを受け入れる時の心構えは

   どんなものでしたか?



一通り、犬飼育本を幾つか読んで、

そこに書かれている、

飼育前に確認することをチェックしました。



その他、私は飼い主の性格も大切だと思います。

私は、責任感が強く、最後まで約束は守るタイプ

なので、犬を飼って、死ぬまで責任もって育て、

大切にするという強い決心が

何年も前からありましたから、

どんなことがあっても、

ダニエルを大切にすると決意していました。

この気持ちは、今も変わりませんし、これからも

変わることはありません。



もう一つ、私にとって大切なことは、

ダニエルを神様に捧げることでした。


ダニエルを私の所有物のように扱う(考える)

ことはしない。全て神様に授けることにしました。

だから、名前もダニエルとしました。

私は、神様から授かった役割として、

ダニエルを大切に育てました。



毎日、神様にダニエルのことを祈ります。

ダニエルが怪我しませんように、

ダニエルが迷子になりませんように、

ダニエルがいつも健康で病気になりませんように、

ダニエルがいつも神様に守られ、

安全に生きることが出来ますように、

ダニエルが事故に逢いませんように、

ダニエルが他の人間と事件を起こしませんように、

(人と喧嘩した場合、その人が希望すれば、

犬が殺処分になることも

あります。人間の方が権利があるんです。)

地震とか災害がありませんように、

例え、大災害が起こっても、

ダニエルと一緒に避難できますように、

例え、私が死んだり、何かの理由で

離れ離れになっても、

ダニエルは幸せに生きることが出来ますように、

神様にずっと ずっと 守られますように。



ダニエルをどうやって育てたか


こんにちは〜☆

あまり更新出来ていなくて、申し訳ありません。



ダニエルについて、

よく訊かれる質問を書いてみようと思います。



Q1. 何故、犬を飼おうと思ったか?何故、柴犬?

人が犬を飼おうを思う経緯は色々あると思います。

私の場合は、アメリカ生活が長く、ホームステイ先で

犬と猫を飼っていました。

アメリカで、動物を飼うことの大切さを学びました。

ステイ先のお母さんは、

「ペットがいると、子供は、自分以外の存在を

大切にしたり、

命の大切さを学んだり、自分だけ考えるのではなく周りの

面倒がみれるようになる。

独身の人が動物飼うと、いつか、自分が結婚して家族が

増えたとき、自分のこと以外に

時間をとったり、面倒みたりする予行練習になる。

子供の居ないカップルは、動物を飼うことで、

家族でやらなければならないことを

協力してやったり、役割分担を作ったり・・と、

子供が出来て忙しくなる前の予行練習になる。

・・・」などなど、動物がいることによって

人生で素晴らしい経験が出来る。

そして、人生がより豊かになるということを学びました。

動物をいとおしむ心の大切さを学びました。



私は、複雑な家庭環境で育って、親も離婚して、

ずっとアメリカでも独身だったので、

動物は慣れてしまった後は、

ペットの存在は、いつも大歓迎でした。

いつか、結婚の縁がなくても、あっても、

犬を家族として迎えたいという想いが生まれました。

ずっと ずっと ずっと、

お母さんと一緒に祈っていました。

10数年後、やっと、願いがかなって、

ダニエルを迎え入れることになったのです。


柴犬を飼った理由は、

和犬が欲しくて、和犬で一番小さいのが、

柴犬ときいたからです。

豆柴は、30万円くらいで値段が高いのと、

豆柴は犬種として認めるべきかという理論が常に

繰り広げられているのをみて、

柴犬・豆柴という点では、あまりコダワリをもたず、

時期として受入可能な犬で、

予算に合うのであれば、

どの柴犬・豆柴でもいいと思っていました。


オスを選んだのは、ステイ先で、私がアメリカに居たときは、

ステイ先の3代全てオスだったんです。

お母さんが言うには、メスというのは、

ホルモンのバランスとかで、精神的に不安定になったり、

少し(性格が)難しいことがある。

オスは、ホルモンバランスが一定だから、

家族の一員として、付き合いやすい。

といつも言っていたからです。

※勿論、ここに書いてある全ては、一意見に過ぎず、

全く同意出来ない人もいると思います。

私個人の経験と、私の好みと、

私の選択についてのご紹介です。


そして、犬を迎え入れるのにたまたま一週間休暇がとれて、

そのタイミングに受入可能だった仔犬が

たまたまダニエルだった訳です。


柴犬がはじめて警察犬に!



とっても嬉しいです☆


警察犬の二葉ちゃん、おめでとうございます♪

日本初、柴犬が警察犬試験に合格したそうです。♪


ダニエル

だにえる

ダニエル。2009年3月5日生まれ。柴犬(♂,去勢済)。6歳。18kg。北海道犬と間違われるくらいデカイ。3歳頃?から赤毛が生えてきた。アメリカでは、ブロンド(金髪)と登録された。(笑)首46、肩51、胴73cmという水泳選手のような胸板。

好物は、卵黄、チーズ、肉、アボガド、生クリーム、バター。
美味しいものをくれる人になら誰にでもなつく。

趣味は、紙を齧ること。寝ること。

性格は、のんびり、おっとり、マイペース、繊細、覚えが速い、ルーチンワークが得意。一日の大半をぽ〜として過ごしています。笑

エステル

エステル

2013年9月5日(推定)テキサス生まれ。MIX(♀)。元野良。
  生後2−3週間で2回も捨てられ(母猫が育児放棄。人間に保護されるもすぐ捨てられた。)過酷な環境だったため、姉妹従妹姪甥は殆どが他界。一番小さくて、怪我もして弱っていた女の子だったけれど、今はわんぱくに遊びながら、皆の分もモリモリ食べて元気に生きています♥
  側面のぐるぐる渦巻きが、チャームポイント。ホワイト・パッチド・タビーというレアな毛色。
  好物は、その日の気分によって変わる。(笑) アレルギーなしで、病気になったことがない、健康優良児。
  性格は、天然おっとり。生い立ちのせいで、視力・臭力が弱いので、時々ぶつかったり、落ちたりする。それでも、気にしないハッピー根明キャラ。

ママ

ダニエルまま

ダニエル犬とエステル猫のお母さん。バイリンガル。神学者(クリスチャン)。アメリカの大学に勤務。お母さんの両親は生物学者だったので、子供の頃から動物に触れる機会が多く、動物が好き♡

このブログの最新記事

読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
コメント

コメントをいつもありがとうございます。(_ _) 一つ一つ大切にお返事しなければいけないところなのですが、出来ないことがあります。申し訳ありません。 皆様のコメントがとても励みになって支えてくれています。皆様のコメントやメッセージに心から感謝します。†(人ω・*)

最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
このサイトへのリンク

必ず一筆ご連絡下さい。^^

記事検索
ランキングバーナー

訪問してくださった皆様へ
訪問して下さった皆様のブログへ、バーナーのクリック(ポチ返し)するように努力しておりますが、海外からのポイントのため、(各ブログランキングホームページによると)ポイントとして加算されないことが多いそうです。申し訳ありませんが、ご了承ください。また、コメントは残さないかもしれませんが、訪問して楽しく読んでポチらせて頂いております。^^


ダニエルにクリックを++++
 
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

いつでも里親募集中


QRコード
QRコード

忍者AdMax
  • ライブドアブログ