明けましておめでとうございます。




テキサスは (時差により)

15時間日本より後れて

新年を迎えました ☆::*Happy-New-Year*::☆




今年ものんびり頑張ります。^^





CIMG0003





朝日のおかげで

足がなが〜い




CIMG9972





いつもどおり

のんびりテクテク歩いていると



ご近所ワンコさん





CIMG9977




ブルドックって、

日本では小さいイメージですけれど、

あれって、ミニチュアブルドックとかなんですね。

こっちでは、50kg超えが普通です。



昨年の夏には、この家には

もう一匹、大きい雑種のワンコがいました。

小さいマルチーズ、パピヨン、ポメラニアンが

4匹くらい居たのですけれど・・・。



ここ2〜3ヶ月は、

この子達しかいないですね。



その隣の家のピットブルは、

4ヶ月以上見てないわ。。。




消えゆくペット・・・

最近不思議に思っていたところ、






この間、偶然

同僚と話していたとき、

驚きの会話が・・・





Aくん: Bくん、君のところの犬3匹最近みないね?


Bくん:  あぁ? 一匹はリードつけていなかったら、逃走してさ、

 事故にあったのかは分からないけれど、

 足二本一瞬動かなかったんだよね。

 すごく気に入ってたのにさ。医療費かかったら困るから

 銃で撃ち殺したさ。

 もう一匹は、最近言うこと聞かなかったから、

 こいつも殺さなければならなかったんだよね。

 もう一匹は、どこか農場で離してきた。

 広いところで走り回れて、家より幸せだろ?




私: ((((;゚Д゚))))




Bくん: テキサスでは、当たり前さ。

 うちの親だって、妻の両親だって

 そうやって動物を扱ってきたさ。

 



(注:テキサス全ての人がそうとは限りません。)





アメリカって、ペット先進国のように

思われがちなのですが、

実は、日本とシステムが違うだけ

なんですよね。




日本は、要らない・迷子・放棄ペットは

生きていれば

最終的に保健所に行く。

引き取り手がいなければ、殺処分

になりますが、




アメリカは、

自分で銃でうって殺すか、

動物病院へ持って行って、

注射で安楽死させるんです。

勿論、保健所もあって、

一週間か二週間保管後、

引取り先がないと殺されるんです。



つまり、日本よりも

動物を処分出来るパターンが

多くって、単純に保健所の殺処分数を

比べても、比較にならないんです。



アメリカでは、

動物の老後の世話も大変と考えるので、

動物病院にすすめられて、

安楽死させるのが普通です。

また、癌や難病、怪我などを理由に

若い動物も安楽死させることが多いです。




アメリカのペットも

大変です・・・




実は、

アメリカに帰ってきて、




近所で、ダニエルをみて、

「どうして処分しないの?」と

言ってきた友達は複数人数いました。




アメリカ(西欧)圏では、

誰にでもなつく

洋犬が主流ですから、



ダニエルのように

必死で甘えてこない犬は

ペットとして考えられない人が

多いみたいです。



他人にはじめて会った時

甘えないからって、

殺処分?!







CIMG9990






柴犬・・・ (特にダニエル・・・)

私は好きなんだけれどなぁ。






CIMG9966






迷惑掛けたりしている訳じゃないのに、

人の犬に殺処分・・・なんて

日本では失礼で言えないですよね?





CIMG9981






勿論、近所では、

吠えない行儀のいい犬として、

「うるさくないし、

行儀が悪いのを見たことがない」

と、大絶賛してくれる方々も

いるんですよ♪





凛としていて 

(ダニエルの場合は、ぼ〜〜っとしているとも言う。笑)、

静かで、

忠実で、

私にとっては、最高の愛犬なのです。^^





人によって考え方は違うにしても、

犬も猫も命です。

神様に授かった命であることには

かわりありません。







クリックしてね♪  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


ブログランキング・にほんブログ村へ








このブログ更新のお知らせがメールで届きます。 → 記事通知ブログパーツ「読んでミー。」