k

巨人久保裕也投手(34)が、約5年ぶりの先発マウンドで5回2失点と好投した。1回にブランコに2ランを浴びたが、2回以降は尻上がりに調子を上げ、ゼロを並べた。



6回の投球練習中に右ふくらはぎがつったため、無念の降板。2番手江柄子、香月、青木と継投に入ったが、リードを守りきれなかった。

「立ち上がりは1人でリズムを悪くしてしまった。久しぶりに先発して、あらためて立ち上がりの難しさを実感した」と振り返った。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140831-00000112-nksports-base


久しぶりの先発となりましたが、
5回2失点としっかり試合を作ってくれたので、
充分先発の役割を果たしてくれたんじゃないかと思います。

最近は先発が若干足りない状況ですし、
この調子なら次回も先発としてのチャンスが回って来そうですね。