i

日本ハムの稲葉篤紀内野手(42)が今シーズン限りで引退することが1日、明らかになった。1995年にヤクルトにドラフト3位で入団し2005年に日本ハムにFA移籍。12年に通算2000安打を達成した打撃職人。体力的な衰えもあり、納得のいく打撃ができなくなったことから、20年間の現役生活にピリオドを打つ決心を固めた。近日中にも発表される見込みだ。

日本歴代21位となる2162安打を放っている安打製造機が、バットを置く決心を固めた。稲葉は親しい友人、知人には引退の意志を明かしており、今季限りで20年の現役生活に幕を閉じる。




背水の覚悟で臨んだシーズンだった。近年は体力的な衰えを痛感し、「40を越えるときついね」と話していた。昨年は91試合の出場で打率・203、3本塁打とプロワーストの成績。コーチ兼任から再び選手専任となり、自分のプレーに専念。今キャンプ中も「今年ダメなら引退を考えている」と明かしていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140902-00000015-dal-base


まだ代打の切り札としてやれそうな感じもしますが、
もう膝がかなり厳しい状態みたいですね。

個人的にかなり好きな選手で、
WBCの時もユニフォーム買ったりしたので寂しいものがありますが、
兼任コーチの経験もありますし、引退後もそのまま良いコーチになってくれそうな気がします。